本サイトは広告が含まれています。
割引クーポン!

iMobieのソフト(AnyTrans,AnyUnlock,DroidKit,Vozard等)で使えるクーポン。
注文時にmemotoraを入力すると、割引になります。

公式ストアはこちら

[TP-Link Archer C80レビュー]高コスパなWi-Fi5対応ルーター

TP-Link Archer C80のパッケージ表側 Wi-Fiルーター

5GHzは1300Mbps、2.4GHzは600MbpsのWi-Fi5(11ac)対応ルーター TP-Link Archer C80のレビューをします。

九荻 新
九荻 新
3×3 MIMO テクノロジーやビームフォーミング、スマートコネクトとエアタイムフェアネスに対応することによって、より高速/より広く/より効率的なWi-Fi環境を実現した製品です。

それでいて5,400円(2020/07/13現在)という価格も注目のポイントになります。

全ポートが1GbpsなのでNASを使う方も安心です。
TP-Link Archer C80のスペック
ワイヤレス規格Wi-Fi5(802.11ac Wave2)
IEEE 802.11ac/n/a 5GHz,
IEEE 802.11n/b/g 2.4GHz
最大速度1300Mbps (5GHz),
600Mbps (2.4GHz)
プロセッサー1.2GHz CPU
ワイヤレスセキュリティWEP,WPA,WPA2,
WPA/WPA2-Enterprise (802.1x)
ゲストネットワーク5GHz ゲストネットワーク x1,
2.4GHz ゲストネットワーク x1
インターフェイスギガビットWANポート x1,
ギガビットLANポート x4
アンテナタイプ高性能固定アンテナ x4
プロトコルIPv4,IPv6(パススルー)
保証期間3年間
型番Archer C80,AC1900

※この記事は製品をご提供いただき執筆しています

Archer C80の外観と付属品

TP-Link Archer C80のパッケージ表側

Archer C80のパッケージサイズは22.5 x 24 x 10cm。

表側には主な特徴が記載されています。

推奨利用環境は戸建てなら3階建、マンションなら4LDK、最大接続台数は36台です。

TP-Link Archer C80のパッケージ裏側

パッケージ裏側には有線機能、ビームフォーミングなどの説明が書かれています。

TP-Link Archer C80のパッケージを開封した様子

パッケージを開封した様子。
ルーター本体の袋とアンテナのフィルムは使用前に外しておきましょう。

TP-Link Archer C80の付属品一覧

製品内容(付属品)は下記。

  • Archer C80本体
  • LANケーブル
  • 電源アダプター
  • かんたん設定ガイド
  • 保証書
  • Wi-Fi情報カード

TP-Link Archer C80本体を斜め上から見た様子

Archer C80を上から見た様子。
アンテナは自由に動かせるので、環境に合わせて角度を調節してください。

TP-Link Archer C80本体前面の様子

本体前面には状態を表すLEDが5つあります。
正常な場合はすべて緑点灯ですが、ルーターの管理画面から消灯することも可能です。

これまでのTP-Link製ルーターとは違い、天板部分は沢山の突起があるデザインになっています。

TP-Link Archer C80本体左側面の様子

本体左側面にはポートなどはありません。
右側面も同様です。

TP-Link Archer C80本体背面の様子

本体背面側の様子。

左から電源ボタン、電源端子、WAN端子(青色)、LAN端子(黄色) x4、WPSボタン、RESETボタンとなっています。

TP-Link Archer C80本体底面の様子

本体底面には認証情報(技適など)が記載されています。
白く隠してある部分はMACアドレスや初期SSID、Wi-Fi接続用QRコードなどです。

両サイドに穴があるので、壁掛けもできます。

TP-Link Archer C80を実際に壁掛け設置した様子

Archer C80を実際に壁掛け設置した様子。

壁掛けフックの間隔を16.2cmにすると丁度良く収まります。

Archer C80の初期設定

九荻 新
九荻 新
Archer C80の初期設定方法はWEBブラウザで行う方法、TP-Link Tetherアプリ(スマホ)で行う方法の2種類です。

ブラウザでの設定手順はArcher AX50のレビュー、Tetherアプリでの設定手順はArcher AX11000のレビューで解説しているので、初心者の方はそちらを参考にしてください。

Archer C80の通信速度を計測

Netflixが運営しているサイト fast.comでインターネット(Wi-Fi)速度を計測しました。

テスト条件は下記。

  • Archer C80とスマホを5GHz帯(11ac)でワイヤレス接続
  • インターネット回線は1Gbps(1,000Mbps)
  • 計測場所は自室、和室、玄関の3か所

※自室はルーターを設置した部屋、和室は隣の部屋、玄関は一番遠い場所になります

自室の計測結果
TP-Link Archer C80の通信速度計測結果01

和室の計測結果
TP-Link Archer C80の通信速度計測結果02

玄関の計測結果
TP-Link Archer C80の通信速度計測結果03

ダウンロードアップロード
自室370Mbps530Mbps
和室350Mbps470Mbps
玄関130Mbps110Mbps
九荻 新
九荻 新
これだけ速度が出れば、WEBサイト閲覧や動画ストリーミングなども快適です。

速度的にオンラインゲームも全然OKですが、FPSなどの対戦ゲームだとレイテンシー(応答速度)も関係してくるので、ルーターの近くでプレイする or 有線接続することをオススメします。

※距離が遠くなるにつれて速度が下がるのは、基本的にどのルーターも同じです

Archer C80の長所

電波範囲は十分
我が家は4LDKのマンションで100㎡ぐらいですが、全ての部屋にArcher C80のWi-Fiが届く状態で速度も十分出ています。

戸建ては3階建、36台まで接続できるので、多くのご家庭で問題なく使用できるでしょう。

お家が推奨環境よりも広い場合はメッシュWi-Fiを選ぶか、無線LAN中継機の使用をオススメします。
スマートコネクトが使える
管理画面からスマートコネクトを有効にするとSSID(ネットワーク名)を1つにすることが可能です。
バンド(5GHz、2.4GHz)は自動的に端末に振り分けられる形になります。

この機能には通信の最適化という面もありますが、何より端末側の設定作業が半分になるところがいいですね。

ルーターを買い替えて新しいSSIDを作成した場合、通常はスマホなどに5GHz帯と2.4GHz帯の設定を別々(合計2回)にしなければいけませんが、スマートコネクトを有効にすれば1回で済みます。

家にWi-Fi接続端末が数台~十数台ある方には、時間節約という面でも大きなメリットです。
[TP-Link Deco X20レビュー] Wi-Fi6対応のメッシュシステム
メッシュWi-Fiシステム TP-Link Deco X20のレビューをします。 同製品の特徴は高速な新規格Wi-Fi6(11ax)対応であること、最大370㎡をカバーできることです。 端末(PCやスマホなど)は最大150台以上を接続できま...
TP-Link RE505Xのレビュー!Wi-Fi6対応の無線LAN中継機
TP-Link RE505Xのレビューをします。 同製品はWi-Fi6(11ax)対応の無線LAN中継機で、ルーターのWi-Fiが届かないところに電波を届ける(死角を減らす)ことが主な役割です。 RE505Xは互換性が高いので、一般的な家庭...

Archer C80の短所

2020/07/21追記
記事初出時~2020/07/21までの間、Archer C80のCPU処理性能が控えめで多くのタブを開こうとすると失敗することがある(下記)と記載しておりましたが、これは間違いです

問題の切り分けを再度行ったところ、WEBブラウザ側の問題(設定やCookie)とウイルス対策ソフトの設定(カスペルスキー)が原因でした。

申し訳ありません。

WEBブラウザの設定を見直してCookieを削除、ウイルス対策ソフトの設定変更(アプリケーション管理リストから削除、再登録)を行ったところ改善しました。

現在は数十タブ~百タブをWEBブラウザ起動時に開いても、時間がかかったり、開けないということはありません。
ルーターの管理画面もサクサク動いています。

CPUの処理性能は控えめ
WEBブラウザ(FirefoxやChrome)の起動時に数十タブ~百タブを開くように設定しているとCPUの処理が追いつかないのか、時間が長くかかったり、上手く読み込めないタブが出ることがあります。

ほとんどのユーザーには関係ありませんが、PCヘビーユーザーの方はご注意ください。
ちなみにルーター管理画面の動作はサクサクです。

Archer C80のレビューまとめ

九荻 新
九荻 新
電波範囲が広く、高速で、価格も手頃なArcher C80は高コスパなWi-Fiルーターに仕上がっています。

現在主流のWi-Fi5(11ac)対応機器しか持っていないのであれば、これを選んでおけば問題ないでしょう。

すでにWi-Fi6(11ax)対応端末を持っている、もしくは近いうちに買う予定があるなら、より高速な新世代のルーターも検討してみてください。

Archer AX10(1201+300Mbps)は速度的なメリットが無いので、選ぶならArcher AX50(2402+574Mbps)以上のモデルがオススメです。

TP-LinkのWi-Fi6対応製品は別記事↓にまとめてあります。
Wi-Fi6対応TP-Link製品の特徴とレビューまとめ
今後主流になる高速規格 Wi-Fi6(IEEE 802.11ax)に対応したTP-Link製品の特徴とレビューまとめを紹介します。 TP-Linkは中国深センの会社で、ネットワーク製品を170以上の国で展開中です。 2016年には世界シェア...
タイトルとURLをコピーしました