【最安】Adobe CCが39,980円(税込)

TP-Link Archer AX11000のレビュー!Wi-Fi6対応のゲーミングルーター

TP-Link Archer AX11000のパッケージ表側

Wi-Fi6(11ax)対応のゲーミングルーター TP-Link Archer AX11000のレビューをします。

同製品の特徴はトライバンド(5GHz x2 + 2.4GHz x1)であることで、3バンドの合計速度は10Gbpsとなり、超高速なWi-Fi環境を構築可能です。

九荻 新

Archer AX11000はFPS/TPSガチ勢にもライトゲーマーにもメリットが有るWi-Fiルーターになっています。

記事ではゲーム時のレイテンシー計測なども紹介するので、ぜひご覧ください。
Archer AX11000のスペック
ワイヤレス規格IEEE 802.11ax/ac/n/a 5GHz,
IEEE 802.11ax/n/b/g 2.4GHz
最大速度4804Mbps (5GHz),
4804Mbps (5GHz),
1148Mbps (2.4GHz)
プロセッサー1.8GHz 64ビット クアッドコア CPU
メモリー1GB RAM,
512MB フラッシュ
アンテナハイパフォーマンス外部アンテナ × 8
ワイヤレスセキュリティ64/128ビット WEP, WPA/WPA2, WPA-PSK/WPA2-PSK暗号化
ゲストネットワーク5GHz ゲストネットワーク x1,
2.4GHz ゲストネットワーク x1
インターフェイス2.5Gbps x1(WAN),
1Gbps x8(LAN),
TypeA USB 3.0ポート x1,
TypeC USB 3.0ポート x1
プロトコルIPv4,IPv6
認証FCC,CE,RoHS,技適(電波法)
保証期間3年間
型番Archer AX11000(AX11000)

※この記事は製品をご提供いただき執筆しています

TP-Link Archer AX11000の外観と付属品

TP-Link Archer AX11000のパッケージ表側

TP-Link Archer AX11000のパッケージサイズは36.5 x 29 x 12cmです。

重量は2.7kgもあり、一般的なルーターのものに比べるとかなりずっしりしています。

想定されている推奨利用環境は戸建てなら3階建、マンションなら5LDK、最大接続台数は120台です。

これだけのスペックであれば、個人ユーザーはもちろん、ネットカフェやeスポーツカフェでも使用できるでしょう。

TP-Link Archer AX11000のパッケージ裏側

パッケージ裏にはWi-Fiが合計10Gbpsであること、セキュリティソフトウェア内蔵(TRENDMICRO HomeCare)であることなどが記載されています。

TP-Link Archer AX11000の内箱に本体や付属品が収まっている様子

内箱に本体や付属品が収まっている様子。

TP-Link Archer AX11000の内箱から本体を取り出した様子

本体を取り出すと下側にアンテナと電源ケーブルが収まっています。

TP-Link Archer AX11000の付属品一覧

製品内容(付属品)は下記。

  • ルーター本体
  • アンテナ8本
  • LANケーブル(CAT5E,約120cm)
  • 電源ケーブル
  • 電源アダプター
  • かんたん設定ガイド
  • Wi-Fi情報カード
  • 保証書
  • 802.11axルーターにWi-Fi接続できない場合は?
  • GNUライセンスに関するお知らせ

ユーザーガイド(詳細マニュアル)は公式サイトのサポートページからダウンロードする形になります。

TP-Link Archer AX11000本体にアンテナを取り付けた様子

本体にアンテナを取り付けた様子。

画像では分からないと思いますが、ルーターとしてはかなり大きく存在感があります。

TP-Link Archer AX11000本体の手前側

本体手前側には左からWPSボタン、Wi-Fiボタン、LEDボタンがあります。

アンテナは真っ直ぐ挿すだけで取り付け可能です。
※角度調整はできません

TP-Link Archer AX11000本体の右側面

本体右側面にはUSB3.0のType-AとType-C端子が1個ずつあります。

こちらにはUSBメモリや外付けHDDを接続可能です。
簡易NASやMacのバックアップ(Time Machine)として使います。

TP-Link Archer AX11000本体の左側面

本体左側面には何もありません。

TP-Link Archer AX11000本体の背面

本体背面は左からリセットスイッチ、2.5Gbps WAN、1Gbps LAN x8、電源ボタン、電源端子です。

LAN2とLAN3はリンクアグリゲーション対応で、接続+設定を行うと2Gbpsの帯域として扱われます。

TP-Link Archer AX11000本体底面

本体底面の様子。
4つのゴム足部分には壁掛け用の穴があります。

ルーター+アンテナで約1.5kgなので、壁掛けフックは耐荷重が記載されているもの(余裕があるもの)を選びましょう。

ちなみにフックの中心から2つ目のフックの中心までを17cmにすると、ほぼジャストになります。

TP-Link Archer AX11000の電源ケーブルとアダプター

一般的なルーターとは違い、Archer AX11000の電源ケーブルとアダプターはモニターやパソコン用のものに近いです。

横置きする分には影響ありませんが、高い場所に壁掛けする場合は注意が必要になります。

アダプターを床に置いた場合、ケーブルの長さの都合上、ルーターは高さ120cm未満にしか設置できません。

もっと高い場所に壁掛けしたい方は、アダプター本体の設置場所(机の上など)を確保する必要があります。

無理やりルーターを高い位置に壁掛けすることも可能ではありますが、アダプターの重さで端子やケーブルに負荷がかかるのでオススメしません。

TP-Link Archer AX11000を壁掛けにしてケーブル類を接続した様子

Archer AX11000本体を壁掛けした様子。

わたしはホコリが溜まるのが嫌なので、LAN端子側を下にしています。

TP-Link Archer AX11000の初期設定方法(手順)

今回はArcher AX11000とスマホをBluetoothで接続して、設定を行っていきます。

WEBブラウザで設定する場合は、以前書いたArcher AX50のレビューを参考にしてください。

こちらのパートはかなり長いので、初期設定に慣れている方は読み飛ばして構いません。

※スマホの設定でBluetoothをオン(使える状態)にしておいてください。
(Androidの場合、設定>Bluetoothからオン)

1.TP-Link Tetherアプリ(Google Play / App Store)をインストールして起動します。

TP-Link Archer AX11000の初期設定方法(手順01)

過去にTP-Link IDを作ったことがある人はメールアドレスとパスワードでログイン、ない人はサインアップしてください。

2.マイデバイスの右側にあるプラスマークをタップします。

TP-Link Archer AX11000の初期設定方法(手順02)

3.選択肢が表示されるので、Archer AX11000 / Archer C5400Xの部分をタップします。

TP-Link Archer AX11000の初期設定方法(手順03)

4.ハードウェアの接続をタップします。

TP-Link Archer AX11000の初期設定方法(手順04)

5.ルーター本体にアンテナを取り付けて、次へをタップします。

TP-Link Archer AX11000の初期設定方法(手順05)

6.モデムの電源を切って、次へをタップします。

TP-Link Archer AX11000の初期設定方法(手順06)

7.ルーターとモデムをLANケーブルで接続して、次へをタップ。

TP-Link Archer AX11000の初期設定方法(手順07)

マンションなどで壁にLAN端子がある場合、そちらに接続します。

8.モデムの電源を入れてしばらく待ち、次へをタップ。

TP-Link Archer AX11000の初期設定方法(手順08)

9.ルーターと電源アダプターを接続し、本体背面の電源ボタンを押し込んだら終了をタップ。

TP-Link Archer AX11000の初期設定方法(手順09)

10.ルーター中央のLEDが点灯(赤 or 白)するまで待ちます。

TP-Link Archer AX11000の初期設定方法(手順10)

問題がなければLEDが点灯しているをタップします。

11.位置情報へのアクセスを許可をタップ。

TP-Link Archer AX11000の初期設定方法(手順11)

12.ダイアログが表示されるので常に許可 or アプリの使用中のみ許可をタップします。

TP-Link Archer AX11000の初期設定方法(手順12)

13.デバイスの検索が始まるので待ちます。

TP-Link Archer AX11000の初期設定方法(手順13)

14.型番が表示されたら、Archer AX11000の部分をタップ。

TP-Link Archer AX11000の初期設定方法(手順14)

15.ログイン画面が表示されるので、少し待ちます。

TP-Link Archer AX11000の初期設定方法(手順15)

16.ローカルアカウントの作成画面が表示されたら、使用するパスワードを2回入力して、次へ進めます。

TP-Link Archer AX11000の初期設定方法(手順16)

17.接続タイプを選択して次へをタップします。

TP-Link Archer AX11000の初期設定方法(手順17)

分からない方は自動検出>次への順にタップしてください。

18.MACアドレスを変更しない(推奨)にチェックが入っている状態で次へをタップ。

TP-Link Archer AX11000の初期設定方法(手順18)

19.2.4GHzのWi-Fiネットワーク名とパスワードを入力して、次へをタップ。

TP-Link Archer AX11000の初期設定方法(手順19)

20.5GHz(1つ目)のWi-Fiネットワーク名とパスワードを入力して、次へをタップ。

TP-Link Archer AX11000の初期設定方法(手順20)

21.5GHz(2つ目)のWi-Fiネットワーク名とパスワードを入力して、次へをタップ。

TP-Link Archer AX11000の初期設定方法(手順21)

※5GHzの1つ目をゲーム用、2つ目をスマホや他の端末用といった形で分ける(分かりやすい名前を付ける)のがオススメです

22.これまでに設定したネットワーク名とパスワードが表示されるので、問題がなければ適用をタップ。

TP-Link Archer AX11000の初期設定方法(手順22)

23.設定が適用完了になるまで、少し待ちます。

TP-Link Archer AX11000の初期設定方法(手順23)

24.お疲れ様でした。と表示されたら終了をタップ。

TP-Link Archer AX11000の初期設定方法(手順24)

25.適用したネットワーク名とパスワードが表示されるのでコピー>Wi-Fi設定を開くをタップ>パスワードを貼り付けてスマホとルーターを接続します。

TP-Link Archer AX11000の初期設定方法(手順25)

26.接続が完了するとマイデバイス内のローカルデバイスにAX11000が表示されるので、そちらをタップします。

TP-Link Archer AX11000の初期設定方法(手順26)

パスワード欄が表示された場合は、設定したものを入力してください。

あとは必要に応じて細かな設定を行います。
分からなければ、特に変える必要はありません。

ちなみにわたしが変更した設定は下記。

  • ゲームセンター>ダッシュボード>デバイスの優先順位>デスクトップPCを有効化(赤い状態)
  • ゲームセンター>ゲーム アクセラレーター>トグルスイッチを有効化
  • 詳細設定>ワイヤレス>ワイヤレス設定>MU-MIMOを有効化して保存(5GHz-1と5GHz-2)
  • 詳細設定>LEDコントロール>LEDステータスを無効化

上記4つはWEBブラウザで管理ページを開いた時のものです。
アプリで開く時は少し操作順が変わるかもしれません。

TP-Link TetherでArcher AX11000の設定画面を開いた様子(ホーム>ワイヤレスタブ)

設定画面(ホーム)を開いた様子。
こちらではネットワーク名やパスワードを確認できます。

TP-Link TetherでArcher AX11000の設定画面を開いた様子(ホーム>ゲストネットワークタブ)

設定画面(ゲストネットワーク)を開いた様子。
ゲストネットワークを有効にしている場合、ネットワーク名やパスワードを確認できます。

TP-Link TetherでArcher AX11000の設定画面を開いた様子(クライアント)

設定画面(クライアント)を開いた様子。
こちらでは接続しているPCや端末、その速度などを確認できます。

TP-Link TetherでArcher AX11000の設定画面を開いた様子(HomeCare)

設定画面(HomeCare)を開いた様子。
ここではペアレンタルコントロールやウイルス対策、QoSの設定を行えます。

TP-Link TetherでArcher AX11000の設定画面を開いた様子(ツール)

設定画面(ツール)を開いた様子。
細かな設定はこちらから行えます。

TP-Link Archer AX11000のゲーム統計画面を開いた様子

ゲーム統計画面(ゲームセンター>ゲーム アクセラレーター)をPCのWEBブラウザで開いた様子。

こちらの画面では端末ごとのダウンロード/アップロード速度、レイテンシーなどをリアルタイムで確認可能です。

白塗りにしている部分には端末名やMACアドレス、IPアドレスが表示されています。
※端末名は分かりやすい任意の名前に変更することもできます

インターネット回線速度の計測

Googleのインターネット速度テストを使い、下記の4パターンの計測を行いました。

  1. Archer AX50の有線接続
  2. Archer AX11000の有線接続
  3. Archer AX50の無線接続(5GHz,11ax)
  4. Archer AX11000の無線接続(5GHz,11ax)

ルーターの違い、無線・有線の違いでインターネットの速度に差が出るのかを調べるために計測を行いましたが、大きな差はありませんでした

自宅のネット回線(1Gbps契約)の場合、いずれもダウンロード速度は280Mbps、アップロード速度は200Mbps、レイテンシーは3msに収まります。

TP-Link Archer AX50のパッケージ表側 TP-Link Archer AX50のレビュー!Wi-Fi6対応の無線LANルーター

ゲーム時のレイテンシー計測と比較

実際にゲームを起動してレイテンシー(PING)を計測、ルーターの違いや有線・無線の違いで差が出るのかを比較しました。

試したゲームは下記の3つ(全てPC版)です。

  • フォートナイト
  • オーバーウォッチ
  • THE DIVISION2

テスト環境は下記の4パターンです。

  1. Archer AX50の有線接続
  2. Archer AX11000の有線接続
  3. Archer AX50の無線接続(5GHz,11ax)
  4. Archer AX11000の無線接続(5GHz,11ax)
フォートナイトのレイテンシー計測結果
アジアオセアニアアメリカ西アメリカ東中東ヨーロッパブラジル
AX50有線9114105162189201288
AX11000有線5111104160177200288
AX50無線17122105165188207290
AX11000無線5113104159184201289

フォートナイトでは設定画面からサーバーを選択する時に表示される数値を使用しています。
単位はms。

ルーターはAX50よりもAX11000の方が速く、接続は無線よりも有線の方が少し良い傾向となりました。

わたしは遅延が大きい(距離が遠い)ブラジルの方がレイテンシーが改善しやすいのかなと漠然と考えていたので、一番近いアジアサーバーの数値が小さくなったことに驚いています。

オーバーウォッチのレイテンシー計測結果
アジア南北アメリカヨーロッパ
AX50有線83114282
AX11000有線70100279
AX50無線84195282
AX11000無線84128280

オーバーウォッチは設定で遅延を表示に変更し、練習場で計測を行いました。
単位はms。

こちらでもAX11000が少し有利な傾向です。

ただ、オーバーウォッチはサーバーが弱いのか、接続人数が多すぎるのか、時間帯の違いでかなり結果が変わってしまいます。

アジアサーバーで30ms台の時もあれば、100msを超える時もあるので、テストとしてはやや不向きでした。

THE DIVISION2のレイテンシー計測結果
遅延
AX50有線18.5
AX11000有線17.0
AX50無線21.5
AX11000無線17.5

THE DIVISION2では設定>ネットワークステータスから確認できる数値を使用しています。
単位はms。

場所はデフォルトのスタート地点であるホワイトハウス前です。

ゲーム起動後、1分間数値を計測して最大と最小の平均値を出しました。

こちらもAX11000が速い結果です。

TP-Link Archer AX11000の長所

レイテンシーが縮まった
今回試した3本のゲーム全てでレイテンシーが縮まりました。
ラグが発生しやすいDIVISION2やFallout 76をプレイしてみても、大きなラグ(ダメージが入らない、ワープ、巻き戻るなど)に遭遇する回数は減ったように感じます。

とはいえ、超大幅にレイテンシーが改善されたり、ラグがゼロになったりする訳ではありません。

ゲームサーバーの性能や混雑具合、他のプレイヤーの通信速度など複数の要因があるものなので、これは仕方ないことです。
トライバンドである
トライバンドだと5GHz 1本目をゲーム専用、5GHz 2本目と2.4GHzを普段用という風に分けられます。

そうすることでゲーム用の帯域を確保し、動画ストリーミングなどとの干渉や通信速度低下を回避することが可能です。

ワイヤレス環境で安定的なゲームプレイを望むなら必須の機能とも言えます。
電波範囲が広い
4LDKの自宅にArcher AX11000を設置して使用していますが、電波が届かない(入らない)場所はありません。
また、Archer AX50を使って計測した時よりもWi-Fi速度は高速です。

TP-Link Archer AX11000の短所

WANは2.5Gbps、LANは1Gbps
有線で接続する場合、インターネット回線が1Gbpsなら全く影響ありませんが、5Gbpsや10Gbpsの場合はボトルネックが発生します。
※リンクアグリゲーションを使用しても最大2Gbpsなため

実際に10Gbps回線を使っている人やスペック買いをする人は他社製ルーターに流れてしまうでしょうから、次期フラッグシップモデルではWAN 10Gbps/LAN 10Gbps(1個ずつ)をぜひ採用してほしいです。
かなり大きい
Archer AX11000Archer AX50で幅は約28mmしか変わりませんが、奥行は倍以上です。
また、アンテナも太いのでかなり大きく感じます。
購入する方は前もって設置場所を確保しましょう。

壁掛けの場合、アンテナの赤色が目立つので異物感が大きくなりがちです。
ここらへんは慣れもありますが、横置き設置した方が馴染みやすいでしょう。

TP-Link Archer AX11000のレビューまとめ

今回行ったテストではレイテンシーが改善されましたが、それを体感するのはなかなか難しいと思います。

その一方で大きなラグの発生回数が減るのはわりと分かりやすく、恩恵を受けやすいです。

Archer AX11000を導入するイメージ(メリット)は、下記のような感じになります。

通信が安定する

速度が落ちにくい + ラグが発生しにくい

ゲームを快適にプレイできる

九荻 新

ゲーミングルーターというとFPSやTPSのガチ勢専用に感じますが、オンラインゲームをプレイする方であれば、どんなジャンルであっても導入する価値有りです。

わたしはライトゲーマーですが、大きなラグが発生しにくくなったことでストレスが減り、快適になりました。
TP-Link Archer AX50本体を壁掛けした様子 Wi-Fi6対応TP-Link製品の特徴とレビューまとめ