本サイトは広告が含まれています。
Audibleが2か月無料!

聴く読書Amazon Audibleが2か月無料に!
体験期間中は12万以上の作品が聴き放題です。

詳細はこちら

[ゼンハイザー EPOS GSP370レビュー]100時間駆動、軽量、高音質なワイヤレスゲーミングヘッドセット

ゼンハイザー EPOS GSP370のパッケージ ゲーミングヘッドセット

ワイヤレスゲーミングヘッドセット ゼンハイザー EPOS GSP370のレビューをします。

※ゼンハイザーはドイツの音響機器メーカーで、EPOS(読み方:イーポス)はそのゲーミングブランドです

九荻 新
九荻 新
GSP370は最大100時間バッテリーが持つゲーミングヘッドセットになります。

この記事では実際のバッテリー駆動時間を計測し、音質や装着感などを紹介していくので、ぜひ最後までご覧ください。
ゼンハイザー EPOS GSP370のスペック
接続低遅延ワイヤレス(USBドングル)
型式ダイナミック、密閉型
イヤーカップアラウンドイヤー
ヘッドホン周波数特性20~20,000Hz
音圧レベル117db
バッテリー駆動時間100時間
マイク周波数特性100~6,300Hz
マイク指向性単一指向性
マイク感度-41dBV/Pa
対応機器PC,MacOSX,PS4
本体重量285g
保証2年間(各国共通)

メーカーページ

ゼンハイザー EPOS GSP370の外観と付属品

ゼンハイザー EPOS GSP370のパッケージ

ゼンハイザー EPOS GSP370のパッケージサイズは224 x 240 x 101mm。

左下にはローレイテンシー(低遅延)であること、100時間バッテリーが持つことが小さく記載されています。

ゼンハイザー EPOS GSP370のパッケージから内箱を引き出した様子

パッケージを開封すると樹脂製の内箱が現れます。

四隅のへこみ部分で固定されているので、開ける時は手前から順番に外していきましょう。

ゼンハイザー EPOS GSP370の内箱を開けた様子

内箱を開封した様子。
一番上に取説類、次にヘッドセット本体、中央にUSBドングルとケーブルが収まっています。

ゼンハイザー EPOS GSP370の付属品一覧

付属品は下記。

  • GSP370本体
  • 取扱説明書と注意書き
  • USB接続のBTドングル
  • USB充電ケーブル(1.5m)

ゼンハイザー EPOS GSP370のUSBドングルとUSBメモリを並べた様子

USBドングルは一般的なUSBメモリよりも小さなサイズです。

ゼンハイザー EPOS GSP370の充電ケーブル(端子側)

充電ケーブルはUSB Type-A(PC側)とmicro USB(ヘッドセット側)になっています。

ゼンハイザー EPOS GSP370本体

GSP370を前から見た様子。

ゼンハイザー EPOS GSP370本体底面側の様子

本体底面側の様子。
左耳側(マイクがある方)にはLEDインジケーター、micro USB端子、電源スイッチがあります。

電源スイッチはかなり小さいので、やや扱いにくいです。

ヘッドセットを装着した状態で電源スイッチを前側に動かすと電源がオンになり、後ろ側に戻すとオフになります。

ゼンハイザー EPOS GSP370のイヤーパッド内側

イヤーパッドの内側は横3.7cm x 縦6.5cmです。
耳をすっぽりと収めるには少し狭いかもしれません。

ゼンハイザー EPOS GSP370のマイク内側

マイク内側の様子。

ゼンハイザー EPOS GSP370のマイク外側

外側にも穴が開いています。

マイクは立てた状態(ヘッドセット側に付いた状態)だと、自動的にオフ(ミュート)です。

ゼンハイザー EPOS GSP370のマイクを少し下げた様子

マイクを少し下げた様子。

ゼンハイザー EPOS GSP370のマイクを最大限下げた様子

マイクを最大限下げた様子。
調整範囲は広いので、位置が合わないということは無いでしょう。

ゼンハイザー EPOS GSP370のマイクを直線にした状態

最初はマイクがややそと側に向いていますが、中央の黒い部分は曲がるので問題ありません。

ゼンハイザー EPOS GSP370のマイクを内側に曲げた状態

マイクを内側に曲げた様子。
※ここまで極端に曲げる必要はありません

ご自身の顔に沿うように調節してください。

ゼンハイザー EPOS GSP370のバンドにある目盛り

バンドの長さは目盛りで調整できます。

左右の長さを合わせる時に数えるのは面倒なので、2~3か所ぐらい数字を印字して欲しかったです。

ゼンハイザー EPOS GSP370の音量調整ダイヤル

ヘッドセット右側面にあるダイヤルでは音量の大小を調整できます。

ゲームによって音量が極端に変わる場合があるので、サッと調整できるのは便利です。

ゼンハイザー EPOS GSP370の頭頂部クッション

ヘッドセット頭頂部のクッションは厚くはありませんが、本体が軽いので長時間のゲームプレイもOKです。

ゼンハイザー EPOS GSP370の重さをキッチンスケールで計測した様子

GSP370の本体重量をキッチンスケールで計測した様子。

公称スペックは285gなので、ほぼ誤差の範囲です。

ゼンハイザー EPOS GSP370の設定

九荻 新
九荻 新
GSP370の設定や調整は、公式サイトからダウンロードできるEPOS Gaming Suiteを使います。

このソフトではサラウンド(2.0 or 7.1ch)の変更や反響音の調整、マイクの音声強化機能の使用、ファームウェアのアップデートを行うことが可能です。

EPOS Gaming Suiteの設定画面01

EPOS Gaming Suiteの設定画面02

EPOS Gaming Suiteの設定画面03

ゼンハイザー EPOS GSP370のバッテリー持ち

GSP370のバッテリーが本当に100時間持つのかを確かめるために計測テストを行いました。

テスト条件は下記。

  • 満充電(100%)から電池切れ(0%)になるまでの時間を計測
  • テスト中は常に音楽を流すか、ゲームをしている状態
  • バッテリー残量はEPOS Gaming Suiteで確認
  • テスト期間は2020年7月7日の8時30分から

下記は一日ごとのバッテリー残量を表にしたものです。

日付時刻バッテリー残量
7月7日8時30分100%
7月8日8時30分83%
7月9日8時30分68%
7月10日8時30分50%
7月11日8時30分38%
7月12日8時30分1%
九荻 新
九荻 新
今回計測した結果だとGSP370のバッテリーは5日(120時間)以上持ちました

感覚的にはゲームプレイよりも音楽を流しっぱなしの状態の方が電池を消耗する感じです。

充電しながら使うこともできますが、ケーブルは長くないので使いにくいと思います。

寝る前に充電しておけば、朝には満充電になるので、適当なタイミングで充電を行いましょう。

ゼンハイザー EPOS GSP370の音質

九荻 新
九荻 新
以前使っていたSteelSeries Arctis 7に比べると解像度が高く、一音一音がクリアに聞こえます。
ライトユーザーなら音楽鑑賞も問題ありません。

ゲーム時も同様で音質が向上しました。
敵の足音や銃声なども聞き取りやすいです。

FPSゲームをやりこんでいる方はEPOS Gaming Suiteで反響音を調整すると成績が上がるかもしれません。

マイクの音質は特別良いというほどではなく、わりと普通です。

ゼンハイザー EPOS GSP370の装着感

九荻 新
九荻 新
本体が285gと軽いことからGSP370の装着感は快適です。
頭頂部はメッシュ、イヤーパッドも合皮ではないので、蒸れにくくなっています。

長時間音楽を聞いたり、ゲームをプレイしても頭頂部や耳が痛くなることもありません。

側圧(締め付け)は少しキツく感じます。
頭が小さい人は気にならない程度でしょうが、わたしと同様に頭が大きめの人は一応注意しておいてください。

ゼンハイザー EPOS GSP370の遅延

九荻 新
九荻 新
他のワイヤレス機器との兼ね合いもあるので仕方ないことなのかもしれませんが、我が家では遅延が発生することが多かったです。

音楽再生時は1秒未満の遅延がたまに発生、ゲーム時は5秒程度の遅延(急にボリュームが小さくなる)が1時間に5~6回発生しました。

わたしが買った個体がたまたまハズレ(初期不良)だった可能性もありますが、とても残念に感じます。

ちなみに同じ部屋で使っていたワイヤレス機器は、ゲーミングマウス(G903h)とワイヤレス充電対応マウスパッド(G-PMP-001)、Wi-Fiルーター(Archer C80)です。

ゼンハイザー EPOS GSP370のレビューまとめ

九荻 新
九荻 新
ゲーミングヘッドセットのバッテリーは長くても20時間~30時間ぐらいのものが多い中、100時間使用できるのは驚異的だと思います。

高音質で装着感も良いため、メインのヘッドセットにしたかったです。

ただ我が家では安定しなかったので、残念ながら諦めました。
タイトルとURLをコピーしました