【最安】Adobe CCが39,980円(税込)

Logicool G733のレビュー!LIGHTSPEED採用のワイヤレスゲーミングヘッドセット

Logicool G733のパッケージ表側

九荻 新

Logicool G733はLIGHTSPEEDを採用したワイヤレスゲーミングヘッドセットで、装着感が良いことや遅延やノイズと無縁なことが特徴です。

記事内では外観チェックや設定項目、バッテリー持ちなどについて詳しく紹介していきます。
Logicool G733のスペック
接続(通信範囲)LIGHTSPEEDワイヤレス(20m)
ドライバーPRO-G 40 mm
タイプ密閉型
ヘッドホン周波数特性20~20,000Hz
感度87.5 dB SPL/mW
サラウンドDTS Headphone:X 2.0対応
バッテリー駆動時間最大29時間
マイク周波数特性100~10,000Hz
マイク指向性パターンカーディオイド(単一指向性)
対応機器PC,Mac,PS4
本体重量278g
充電方式有線(USB Type-C)
保証2年間

メーカー公式ページ

Logicool G733の外観と付属品

Logicool G733のパッケージ表側

Logicool G733のパッケージサイズは21.3 x 21 x 10.5cm。

Logicool G733のパッケージ裏側

パッケージ裏には各部の特徴が記載されています。

Logicool G733の取り付け手順

パッケージを開封すると取り付け手順が図解されています。

Logicool G733のパッケージから中身を引き出した様子

パッケージから中身を引き出した様子。

本体は白い袋に包まれていて、KEEP PLAYINGと書かれた箱には付属品が収まっています。

Logicool G733の付属品一覧

付属品は下記。

  • Logicool G733本体
  • 充電用USBケーブル(Type-A to Type-C)
  • ワイヤレスレシーバー
  • マイク
  • Logicool G製品の紹介と保証書
  • マイクの取り付け説明書

Logicool G733のワイヤレスレシーバーとUSBメモリを比べた様子

ワイヤレスレシーバーは一般的なUSBメモリよりも少し短めです。

Logicool G733のマイク内側

マイク内側の様子。

Logicool G733のマイク外側

外側の様子。

マイクの集音部分は内側から外側まで貫通しています。
※実際にはネットのようなものが貼られている状態

Logicool G733を正面から見た様子

G733を正面から見た様子。

Logicool G733のヘッドバンドが頭に触れる時のイメージ

ヘッドセットを頭に装着した際に触れるのはヘッドバンド部分のみです。
一番上のフレーム(樹脂部分)は当たりません。

Logicool G733本体左側

本体左側の様子。

Logicool G733本体右側

本体右側の様子。

Logicool G733本体右側を伸ばした様子

本体右側面の長さを伸ばした様子。

調整は5段階の目盛りで行う形です。
もちろん左側も同様に調整できます。

Logicool G733本体左下側の様子

本体左下側の様子。
上からマイクミュートボタン、音量調整ダイヤル、電源ボタン、USB Type-C端子です。

音量調整はWindows 10のシステム音量と連動するタイプで、変更時はモニター(画面)左上に現在の音量が表示されます。

Logicool G733本体右下側の様子

本体右下側には何もありません。

Logicool G733本体左内側の様子

本体左側内部には左を表すLの文字(Left)があります。

Logicool G733本体右内側の様子

本体右側内部には右を表すRの文字(Right)があります。

イヤークッションの内部は広めなのでほぼ耳が収まります。
耳たぶはクッションに少し挟まれますが、痛くなるようなことはありません。

Logicool G733のイヤークッションを横から見た様子

イヤークッションは一番厚い部分で2.3cmほどあります。
反発力は弱めでかなり柔らかい素材です。

Logicool G733にマイクを取り付けた様子

本体にマイクを取り付けた様子。
フレキシブルな素材なので、位置は自由に調整できます。

顔が大きい人だとマイクがやや短く感じるかもしれませんが、使用する上で影響はありません。

ただし、他のモデルで採用されているような跳ね上げミュート機能は非搭載です。

Logicool G733の重さを計測した様子(マイク有り)

本体重量(マイク付き)は実測で284gです。

Logicool G733の重さを計測した様子(マイク無し)

本体単体の重さは275gです。
マイク本体の重さは9gということになります。

Logicool G HUBの設定画面

Logicool G733の設定画面(G HUBのヘッドフォン項目)

Logicool G HUBのヘッドフォン項目では音量や低音・高音の調整、EQ(イコライザー)の有効化などを行えます。

Logicool G733の設定画面(G HUBのマイク項目)

Logicool G HUBのマイク項目では入力ゲインの変更やBLUE VO!CEの有効化を行えます。

プリセットによってかなり音が変わるので、好みのものに調整してください。

Logicool G733の設定画面(G HUBの割当項目)

割当項目ではコマンドを変更できます。

右側の画像だと本体側面にボタンがあるように見えますが、実際に変更できるのは左側後部の一番上にあるボタンの割り当てです。

Logicool G733の設定画面(G HUBのLIGHTSYNC項目)

LIGHTSYNC項目ではLEDライトの調整を行えます。

Logicool G733前面のLEDを光らせた様子

G733のLEDライトは前面側についています。
画像で赤と青に光っている部分がそうです。

もちろん消灯にすることもできます。

USBケーブルを接続して充電を始めると消灯設定にしていても緑に光りますが、これは一時的なもので少しすると消える形です。

バッテリー持ちについて

九荻 新

公称スペックではライト有りで20時間、ライト無しで29時間となっています。
わたしが試した感じだと、ほぼスペック通りのバッテリー持ちです。

デフォルトでは30分でスリープに入るように設定されていますが、この時間を短めにすれば、公称スペックよりも長く持ちます。

音質と遅延、マイクについて

九荻 新

G733は割と万能な音質で、音楽もゲームも両方いけます。
この価格帯としては定位感も良いので、ゲームだけの方もOKです。

Logicoolのマウスやキーボードで使われているLIGHTSPEED採用なだけあって、ワイヤレスヘッドセットにありがちな遅延やノイズとも無縁なのは大きなメリットになります。

マイク音質は特別良いとは言えませんが、設定ソフト(G HUB)で色々調整できるので実用の範囲です。

欠点としてはマイクがミュートかどうかが分かりにくいことが挙げられます。

左後ろのボタンを押すとマイクがオンならLEDが緑、オフなら赤に光りますが、装着していると自分からは見えないので、ボタンを押した時に鳴る音で判別する形です。

マイク先端が光ったり、ミュートボタンが押し込めるタイプなら分かりやすかったのですが、残念ながらそうではありません。

装着感について

九荻 新

わたしは日本人としてかなり頭が大きい人間ですが、キツく感じることはありません。

一般的な頭の大きさの方であれば、側圧は緩めに感じるかと思います。

クッションとヘッドバンド、重さのバランスが良いので装着感はかなり良好です。

レビューまとめ

九荻 新

G733は軽くて装着感が良いこと、遅延やノイズと無縁なことがメリットで、1万円台後半のワイヤレスゲーミングヘッドセットとしては高音質なため、この価格帯の製品を検討している方には有力な選択肢になります。

マイクミュートが分かりにくいのは残念ですが、使わない場合はいっそのこと抜いてしまうのもアリです。

わたしが2020年に買った製品の中では一番満足できたものなので、自信を持ってオススメできます。

当初は上位モデルのPRO X WIRELESS(G-PHS-004WL)も検討していましたが、本体重量が370gと100g近く重いこと、バッテリー持ちが20時間(G733は最長29時間)と短めなことが気になって候補から外しました。

PRO X WIRELESSは50mmドライバー採用なので、音質優先であればそちらを選んでも良いかと思います。