オフィスチェアの座面を自分で掃除する方法(手順)

自分で掃除した後のオフィスチェアの座面 ハードウェア

オカムラ コーラルチェアを使って2年半以上が経ち、最初はキレイだった座面も脂やホコリによる黒ずみが目立つ状態になりました。

が、先日思い立って掃除をしたところ、満足できるレベルでキレイになったので、その手順などをまとめます。

というわけで、オフィスチェアの座面を自分で掃除する方法(手順)のはじまりはじまり~。

スポンサーリンク

オフィスチェアの座面を自分で掃除する方法(手順)

まず、用意するものを確認しましょう。

  • 掃除機
  • アルカリ系の汚れ落とし
  • 吸水タオル
  • ドライヤー(必須ではありません)
  • ファブリーズ(必須ではありません)
オフィスチェアの掃除に使った用具類

掃除手順

1.オフィスチェアの座面を掃除機で吸い、ホコリやチリを除去します。

2.アルカリ系汚れ落としを座面の目立たないところに少しかけて、吸水タオルでこすりましょう。

色落ちしないようであれば、次に進みます。

3.アルカリ系汚れ落としを座面にたっぷりかけます。

※肌が敏感な人はゴム手袋を使用しましょう

4.吸水タオルで座面をこすります。

浮いた汚れをタオルに吸わせるイメージです。

5.座面全体の掃除が終わったら乾燥させます。

時間がない場合はドライヤーで乾かしてもよいでしょう。

6.乾いたらファブリーズをかけて、再び乾燥させます。(オプション)

これで清掃作業は終了です。

どのくらいキレイになるのか

自分で掃除した後のオフィスチェアの座面

上の画像は清掃後の写真です。
※清掃前は撮り忘れました、すみません

清掃後の座面の状態は新品同様とまではいきませんが、中古美品というレベルにはなりました。

ぱっと見ではどこが汚れているか分からないぐらいです。

どのぐらい汚れていたかを確認するのに一番いい方法は、吸水タオルをバケツで洗うこと。

わたしの場合、水が真っ黒になりました。

もう掃除をしたくない人は

オフィスチェアに直接座ると汚れやすいです。

何度も掃除をしたくなければ、クッションや座布団の使用をオススメします。

使うと使わないとでは、汚れやすさ・汚れるスピードが大違いです。

思ったこととか

オフィスチェアを掃除する方法としては、業者にクリーニングを頼むという手段もありますが、わたしは予備のチェアが無いので断念しました。

まぁ、自分でやってみたら想像以上にキレイになったので、今後も自分で掃除するでしょう。

どうしてもダメな(汚れが落ちない)場合のみ、業者を検討という形になるかなと考えています。

オフィス家具の関連記事

スポンサーリンク