【最安】Adobe CCが39,980円(税込)

SANWA 150-SNCBOX1(150-SNCBOX6)のレビュー!足置きになる収納スツール

SANWA 150-SNCBOX1

収納付きスツール SANWA 150-SNCBOX1を買ったのでレビューをします。

私が購入したのは150-SNCBOX1BK(ブラック)。
ブラックの他には、BR(ブラウン)とW(ホワイト)があります。

九荻 新

2020年7月現在は150-SNCBOX6という製品になっており、グレーとダークブラウン、レッドの3色展開です。

SANWA 150-SNCBOX1のレビュー

この製品は、3つの使い方が想定されています。

1つ目は、通常のスツールとして。
2つ目は、収納箱として。
3つ目は、オットマン(足置き)として。

私はオットマン用途で購入。

サイズは、370mm(幅)x370mm(奥行)x360mm(高さ)。
SANWA 150-SNCBOX1の側面

箱を開くと370mm(幅)x550mm(奥行)x650mm(高さ)となります。
SANWA 150-SNCBOX1の側面(開いた状態)

内部のサイズは、270mm(幅)x270mm(奥行)x280mm(深さ)。
SANWA 150-SNCBOX1の内部

足置きとしての性能は、基本的に問題なし。
上面は適度に柔らかいので足が疲れるなんてこともありません。

作りは安っぽいというか、まぁ値段なり。
耐荷重80kgなので、強度的な問題はなし。

底面や内部にシートの様な物が貼ってありますが、厚さが均一でないために所々透けて見えます。
SANWA 150-SNCBOX1の底面

重量は約3.5kg。
軽い分、片方に体重がかかると反対側が浮きます。

高い所のものを取る時の踏み台にするのは、やめておいたほうが良いでしょう

底面の四隅の足はプラスチックです。
回すことで高さ調整が利くので、グラつきをなくすことが出来ます。

まとめ

値段なりの製品だと割り切れるなら、ありだと思います。

私は机の下に入れて、休憩時用の足置きとして使っていますが満足しています。

ただ、机の下にいれるにはちょっと大きいので、検討中の方はそこら辺も考えた方がよいでしょう。

九荻 新

5年以上使うと表面の人工皮革が破れてクッションがむき出しになったので、さすがに処分しました。

大変だったのは150-SNCBOX1が木枠で構成されていたこと。
分解に数時間はかかったので、最初から粗大ごみで出せば良かったです。

後継製品の150-SNCBOX6は布地なので破れる可能製は低いでしょう。
また、木枠ではなく折りたためるタイプなので、処分時の心配もありません。