【最安】Adobe CCが39,980円(税込)

Giant Escape R3にオススメのホイール、工具と交換方法を紹介するよ

Giant Escape R3用に買ったシマノ WH-RS010

普段サイクリング用としてクロスバイク Giant Escape R3(2015)に乗っているのですが、先日から動きがおかしくなりました。

具体的に言うと、車体から降りて手で押した時に引っかかる感じがある状態です。

気になってホイール周りをよく見たところ、スポークの接合部が1か所外れて(折れて)いました。

このまま乗るのは危険なので、交換することにした次第です。

九荻 新

この記事ではGiant Escape R3にオススメのホイールと作業に必要な工具、交換方法(手順)を紹介します。

Giant Escape R3にオススメのホイール

Escape R3はリアエンド幅(OLD)が130mmなので、一般的なロードバイクと同じホイールが使用可能です。
(リアエンド幅が違うものやディスクブレーキ向けホイールは非対応)

車体価格から考えると、シマノ WH-R501WH-RS100が買いやすいかと思います。

シマノ(SHIMANO)
¥11,325 (2020/11/27 08:17:09時点 Amazon調べ-詳細)

この2製品はロードバイクをやっている人から鉄下駄(重いという意味)と呼ばれていますが、Escape R3の純正ホイールと比べると軽いので一応アップグレードという形です。

九荻 新

WH-R501は8/9/10速ギア対応で合計1,900g、WH-RS100は8/9/10/11速ギア対応で合計1,932gです。

Escape R3はNew 2021モデルでも24速(8×3)なので、どちらも使用できます。
価格も重量も大きく変わらないため、好きな方を選んでOKです。

ただし、将来ロードバイクに乗る(買う)予定があるならWH-RS100を選びましょう。
(最近のロードバイクは11速まで対応しているため)

予算が潤沢でホイール交換の効果を体感したい方にはcampagnolo ZONDA C17がオススメになります。
こちらは11速対応で合計1,540gとだいぶ軽くなっており、ロードバイク乗りの定番です。

ホイール交換に必要な工具など

Giant Escape R3のホイール交換をするのに最低限必要なもの(工具類)

Escape R3のホイール交換に最低限必要なものは下記の4つです。

  • スプロケットの取り外し・取り付け用の工具 2種類
  • タイヤレバー
  • 空気入れ

九荻 新

スプロケット用の工具は単品(2種類セット)で購入することも可能ですが、ツールボックス(メンテナンス工具のセット)を買うよりは割高です。

のちのち自分でメンテナンスをできるようになりたいということであれば、ツールボックスの方をオススメします。
BIKE HAND (バイクハンド)
¥4,711 (2020/11/26 10:14:30時点 Amazon調べ-詳細)

九荻 新

タイヤレバーは古いホイールから新しいホイールにタイヤを移す(交換する)時に使用するものです。

上で紹介したBIKEHAND YC-728にはロングタイプのタイヤレバーが含まれています。
パナレーサー(Panaracer)
¥473 (2020/11/27 08:28:24時点 Amazon調べ-詳細)

九荻 新

空気入れは新しいホイールに取り付けたチューブをふくらませるのに使用するものです。

わたしは携帯用の仏式空気入れ(TOPEAK製のゲージ付き)を普段使いと共用にしていますが、フロアポンプ型の方が少ない力で空気を入れられます。

Giant Escape R3のホイールを交換する方法(手順)

1.ギアを一番重い状態にしておきましょう。
※3×8段なら24段になった状態

2.後輪側のブレーキを開放します。

Giant Escape R3の後輪ブレーキを開放した様子

3.クイックリリースを緩めて、タイヤ+ホイールを外します。

Giant Escape R3のクイックリリースを緩めた様子

4.工具2種を取り付けて、スプロケットを外します。
この状態から、両方の工具を下方向に動かすと緩みます。

ただ、手だけの力で回すのは難しいので、自分の体-ホイール-工具という状態にして、体重をかけると外しやすいです。

それでもスプロケットが外れない場合は、工具同士をもっと近づけます。
画像ではほぼ直線になっていますが、V時に見えるようにすると、力が伝わりやすいです。

Giant Escape R3の純正ホイールにスプロケット取り外し工具と付けた様子

5.スプロケットが汚いので、掃除をします。
掃除にはパーツクリーナーがあると便利です。

Giant Escape R3から取り外したスプロケット(掃除前)

KURE(呉工業)
¥400 (2020/11/27 08:17:13時点 Amazon調べ-詳細)

6.スプロケットがキレイになったので、次の手順に進みます

Giant Escape R3から取り外したスプロケット(掃除後)

7.古いホイールの方の空気を抜き、タイヤレバーを付け、タイヤとチューブを取り外しておきます。

Giant Escape R3の純正ホイールにタイヤレバーを取り付けた様子

8.新しいホイールに付属しているスペーサーを確認します。
わたしが買ったWH-RS010(2020年7月現在は終売)では、8~10Sのスプロケットと合わせて使う場合に必要です。

WH-RS010のスペーサー

9.切り欠きを合わせて、新しいホイールにスペーサーを取り付けます。
スペーサーの向きは、ホイール側が平ら、スプロケット側は凹凸がある方となります

シマノ WH-RS010にスペーサーを取り付ける様子

10.ゴミや水の侵入防止のためにグリスアップをします。

※純正ホイールにはたっぷりグリスが塗られていたのでそれにならいました

WH-RS010をグリスアップした様子

11.スプロケットのフタをして、工具で締めます。(時計回り)

フタ部分に40Nと記載がありましたが、我が家にはトルクを計測できる工具がないので、無理のない程度の力で回らなくなるまでとしました。

きちんとしたい方はトルクレンチを使用しましょう。

WH-RS010にスプロケットを取り付ける様子

12.ホイールにチューブとタイヤ(向きに注意)をはめて、車体に取り付けたら、オイルを塗布して変速を試しましょう。

問題がなければ、後輪側の交換作業は終了です。

ちなみにWH-RS010付属のクイックリリース(後輪用)は、フレームに干渉する為、使用できませんでした。

13.残るは前輪の交換作業ですが、こちらはタイヤとチューブを交換するだけなので、簡単かと思います。

※ホイール前輪の向きについては、後輪サイドのシールの向きと合わせました

さいごに

九荻 新

わたしはWH-RS100の前モデル WH-RS010(終売)に交換しましたが、とても乗り味が良くなりました。

時間をかけて作業をしたかいはあったと思います。
3年近く使っても故障がなく、今も快適です。

ホイールが軽くなるとどれだけ漕ぎ出しが軽くなるかを知りたいので、次はcampagnolo ZONDA C17を買いたいと考えています。
シマノ(SHIMANO)
¥11,325 (2020/11/27 08:17:09時点 Amazon調べ-詳細)