Razer Thresher 7.1をレビュー!PS4,PC,Mac対応のワイヤレスゲーミングヘッドセット

Razer Thresher 7.1のパッケージ PC周辺機器

Razer Thresher 7.1のレビューをします。

同製品はPS4,PC(Windows),Mac対応のワイヤレスゲーミングヘッドセットで、最大16時間動作、遅延のないオーディオが特徴です。

まずはスペックを確認しましょう。

Razer Thresher 7.1のスペック
周波数特性 12~28,000 Hz
インピーダンス 32Ω @ 1kHz
接続 ワイヤレス2.4GHz
質量 約402g
対応機器 PS4,PC(Windows),Mac
保証 1年間

メーカーページ

スポンサーリンク

Razer Thresher 7.1のレビュー

Razer Thresher 7.1のパッケージ

パッケージはPlayStationを意識したのかブルー基調です。

サイズは28x27x13cm。

Razer Thresher 7.1のパッケージを開封した様子

パッケージを開封した様子。
スポンジ部分に受信機(レシーバー)とヘッドセット本体、下の箱部分に付属品が入っています。

Razer Thresher 7.1本体

本体の様子。

ヘッドバンドは前もって長さを調整するタイプではありません。
実際に頭に装着すると自動で伸びるタイプです。

Razer Thresher 7.1本体外側

ヘッドセット外側の様子。
両側にあるRazerのロゴは、電源を入れると青く光ります。(装着中は見えません)

Razer Thresher 7.1本体外側(マイクを伸ばした様子)

マイクを伸ばした様子。
中間部分はフレキシブルで、自分に合ったように曲げられます。

Razer Thresher 7.1本体上側

ヘッドバンド上側にはRAZERと彫られています。

Razer Thresher 7.1のヘッドバンドのクッション

ヘッドバンドの頭に当たる部分は薄いメッシュクッションが付いています。

Razer Thresher 7.1本体内側

ヘッドセット内側の様子。
イヤーパッドはほぼ正円で、穴の直径は6cm弱となります。

頭大きめのわたしが装着した場合、耳の上部は円の内側に入り、下部はイヤーパッドに少し挟まれる感じです。

ちなみにこのイヤーパッドは取り外しできます。

Razer Thresher 7.1本体左側のスイッチ類

ヘッドセット左側には、インジケーター、電源ボタン、充電用USBポート(micro)、マイク音量調整ノブがあります。

Razer Thresher 7.1本体右側のスイッチ

ヘッドセット右側にはヘッドホン音量調整ノブがあります。

Razer Thresher 7.1の付属品

付属品は下記。

  • 充電用USBケーブル
  • 受信機
  • 取扱説明書
  • 光ケーブル

初期設定方法について

PCの場合は受信機をUSBポートに挿して、ヘッドセット側の電源を入れれば、すぐにつながります。

PS4、Macの接続方法は、取扱説明書で丁寧に解説されています。

下の画像はPS4での接続方法(例)です。
受信機をUSBポートに接続し、光ケーブルを受信機とPS4本体背面に挿します。

我が家にはPS4が無いため、実際の取付方は説明書でご確認ください。

Razer Thresher 7.1をPS4に取り付ける方法(例)

説明書は基本英語ですが、最後の方のページに日本語訳が記載されています。

Razer Thresher 7.1をPS4に取り付ける方法(取扱説明書)

長所

臨場感がある
ゲームをプレイしたり、映画を見たりすると臨場感がある音が鳴るので、没入できます。
定位感も良いので、FPSなどで活躍するでしょう。

PCの場合はRazer Surround Personalized 7.1 ゲーミング オーディオ ソフトウェアを使うとよりよい音が鳴ります。
機能が制限されるとはいえ、無料版もあるので試す価値ありです。
装着感が良い
側圧はほどよい感じで、キツく感じません。
また、ヘッドバンドとイヤーパッドでうまく支えてくれるので、重くもないです。
接続が早い
専用の受信機なので、電源を入れたあと数秒でつながります。
Bluetooth接続タイプの製品は10秒以上かかる場合もあるので、早くつながるのはありがたいです。

短所

耐久性に不安が残る
ヘッドバンドを支える部分の金属がかなり細いので、耐久性が気になります。
蒸れる
イヤーパッドが革なのでやはり蒸れます。
ホワイトノイズが少しある
ゲームしている時は気になりませんが、少しホワイトノイズ(サァーという音)がのります。

遅延について

わたしが使っている範囲では音の遅延は感じません。

ただ、受信機を挿す場所が悪いと音が一瞬途切れたりします。

そういった場合は接続するUSBポートを変更するとよいでしょう。

わたしの場合は、デスクトップPCの背面だとダメだったので、USB3.0ハブを使用し受信機を見通しの良い机の上に変更しました。

変更後は一度も音が途切れていません。

Thresher 7.1とUltimateとの違い

Thresher 7.1と上位モデルUltimateの違いは下記の2点です。

  1. 受信機と充電ドックを兼ねるヘッドホンスタンドの有無
  2. PS4とPCの接続切替スイッチ、Dolby Headphone 7.1chのON・OFFスイッチの有無

思ったこととか

Razer Thresher 7.1には性能面でも、装着感の良さでも満足しています。

欲を言えば、青く光るRazerロゴを消灯できれば良かったです。

※管理ソフトのRazer Synapseでは認識せず、設定変更も行えませんでした

PCゲーム関連記事

ゲーミングPC関連
PCでゲームをするメリットとデメリット、オススメのゲーミングPC構成を紹介するよ
ゲームソフト関連
Green Man GamingでPCゲームを格安で買おう!購入方法も紹介するよ
Just Cause 4 PC版を3千円安く購入する方法
マウス関連
Logicool G903をレビュー!遅延を感じないワイヤレスゲーミングマウス
Razer Mamba Eliteをレビュー!軽量の有線ゲーミングマウス
ゲーミング無線マウス Logicool G900のレビュー
【レビュー】Logicool G502 チューナブル ゲーミングマウス
Razer Mouse Bungee V2のレビュー
マウスパッド関連
SteelSeries 9HD マウスパッド 63100のレビュー
Corsair MM300 Mediumをレビュー!ステッチ有りの布製ゲーミングマウスパッド
【レビュー】SteelSeries QcK miniをオススメしない理由
コントローラー関連
Xbox ワイヤレス コントローラー ブラック 4N6-00003のレビュー
Xbox One プレイ & チャージ キットのレビュー
キーボード関連
東プレ REALFORCE SA R2 R2TLSA-JP3-BKをレビュー!All30gの静音テンキーレスキーボード
東プレのゲーミングキーボード REALFORCE RGB AEAX01のレビュー
Logicool G613をレビュー!ワイヤレス接続のゲーミングキーボード
ヘッドセット関連
SteelSeries Arctis Pro + GameDACをレビュー!ハイレゾ対応のゲーミングヘッドセット
SteelSeries Arctis 5 2019 Editionをレビュー!クリアな音質のゲーミングヘッドセット
Razer Thresher 7.1をレビュー!PS4,PC,Mac対応のワイヤレスゲーミングヘッドセット
Logicool G933dをレビュー!PC,PS4,Xbox One対応のワイヤレスゲーミングヘッドセット
キングストン HyperX Cloud Revolver Sをレビュー!Dolby 7.1chサラウンド対応のゲーミングヘッドセット
ゲーミングヘッドセット Kingston HyperX Cloud Revolverのレビュー
格安ゲーミングヘッドセット SoundPEATS GM1のレビュー
【レビュー有り】ゲーミングヘッドセットのオススメランキングを紹介するよ
液晶モニター関連
Dell ALIENWARE AW2518Hをレビュー!G-Sync対応の240Hz液晶モニター
Dell S2716DGをレビュー!G-Sync対応27インチWQHD液晶モニター
Dell S2419HGFをレビュー!144Hz、FreeSync対応のフルHD液晶モニター

Adobe CCが29,800円

2019年2月に価格改定が行われるAdobe Creative Cloudですが、実は29,800円で購入・更新する方法があります。

方法はいたって簡単でたのまなのオンライン通信講座(Adobe Creative Cloud 12ヶ月版が付属)を申し込むだけ。

詳しい申込み方法や仕組みについては下記記事で紹介しているので、そちらをご覧ください。

価格改定前にAdobe Creative Cloudを29,800円で購入・更新しよう

Amazonビジネスをチェック

Amazonビジネスは法人・個人事業主向けのビジネス購買専門サイトです。

主な特徴は下記。

  • 無料で登録できる
  • 法人・個人事業主向けの特別価格がある
  • 数量割引がある
  • 法人向けクレジットカードや請求書払いにも対応
  • 購買データの取得・レポートで履歴を管理・分析でき、帳簿作成や経費処理の手間を削減可能

Amazonビジネスの概要ページでは導入事例やよくある質問が掲載されています。
法人・個人事業主の方はぜひご覧ください。

スポンサーリンク