東プレ REALFORCE SA R2 R2TLSA-JP3-BKをレビュー!All30gの静音テンキーレスキーボード

東プレ REALFORCE SA R2 R2TLSA-JP3-BK本体 PC周辺機器

東プレ REALFORCE SA R2 R2TLSA-JP3-BKのレビューをします。

同製品はR2シリーズ(第2世代)のREALFORCEキーボードで、All30g荷重、静音・APC対応などが特徴です。

まずはスペックを確認しましょう。

キー数 91キーレイアウト(テンキーレス)
配列 日本語配列
キー荷重 ALL 30g
静音&APC 対応
キー刻印 昇華印刷
インターフェイス USB
Nキーロールオーバー フルNキーロールオーバー
ケーブル長 1.7m
サイズ 142mm x 369mm x 30mm
重量 1.1Kg
保証 1年

メーカーページ

スポンサーリンク

東プレ REALFORCE SA R2 R2TLSA-JP3-BKのレビュー

東プレ REALFORCE SA R2 R2TLSA-JP3-BKのパッケージ

パッケージは黒字に赤。
左下に基本スペックが記載されている形です。

第1世代REALFORCEのパッケージはダンボール調の箱にシールが貼られているだけだったので、高級感はアップしたかなと思います。

東プレ REALFORCE SA R2 R2TLSA-JP3-BKの製品内容(付属品)

製品内容(付属品)は下記。

  • キーボード本体
  • キートップ引き抜き工具
  • Ctrlキー、Caps Lockキー(入換用)
  • 一体型スペーサー2枚(2mm,3mm)
  • 取扱説明書兼保証書
東プレ REALFORCE SA R2 R2TLSA-JP3-BK本体

キーボード本体の様子。
右上のPrint Screenキーなどを囲っている四角は薄い金色です。

東プレ REALFORCE SA R2 R2TLSA-JP3-BK本体背面

キーボード背面の様子。
ケーブルは上左右の3方向に引き出し可能です。

四隅には滑り止めゴムがあります。

左右2つのスタンドを立てれば、キーボードに傾斜をつけられます。

東プレ REALFORCE SA R2 R2TLSA-JP3-BKを横から見た様子

キーボードを横から見た様子。
打ちやすいように傾斜が付けられています。

REALFORCEソフトウェアを起動した様子

REALFORCEソフトウェアを起動した様子。

同ソフトではAPC設定、Keyの入れ替え、インジケーターLEDの色変更などが行えます。

長所

疲れにくい
ALL 30gはかなり軽く、疲れにくいので、長時間入力作業を行う方に向いています。
また、滑らかに入力できる点はポジティブなポイントです。

短所

慣れが必要
これまでALL 45g以上や変荷重を使っていた場合、軽すぎて誤入力が増えます。
慣れるまで我慢しましょう。
お高い
2018/09/03現在、価格は2万円台後半でキーボードとしてはかなりお高い部類です。

思ったこととか

以前使っていたREALFOCEは8年ぐらい使っても壊れなかったので、今回もそれぐらいもってくれるといいなと思っています。

わたしはすっかり虜なので、ノートPCなどを使った後にREALFORCEを使うとウヒョーとテンションが上がっちゃいますね。打ち心地が全然違うので。

ちなみにFPSゲームなどをする方はALL 45gのモデルを選んだ方が良いかもしれません。

ALL 30gでもゲームはできますが、軽すぎるなと感じることもあるので。

まぁ、軽さ優先であればALL 30gでAPCを3.0mmに変更するという手もありますが。

スポンサーリンク