EVGA GeForce RTX 2080 Ti FTW3 ULTRA HYBRIDをレビュー!簡易水冷クーラー搭載のビデオカード

EVGA GeForce RTX 2080 Ti FTW3 ULTRA HYBRID本体の様子 自作PC

EVGA GeForce RTX 2080 Ti FTW3 ULTRA HYBRIDのレビューをします。

同製品は簡易水冷クーラー搭載のビデオカードで、冷却性能が高いことが特徴です。

ゲーム性能は空冷モデルのFTW3を上回り、MSI GeForce RTX 2080 Ti LIGHTNING Zとも勝負できるレベルとなっています。

EVGA GeForce RTX 2080 Ti FTW3 ULTRA HYBRIDのスペック
GPU NVIDIA RTX 2080 Ti
ブーストクロック 1755 MHz
メモリ容量(バス幅) GDDR6 11GB(352bit)
メモリクロック 14000 MHz
補助電源 8pin + 8pin
サイズ(高さx長さ) 139.3mm x 290.83mm
スロット占有数 2
出力端子 USB Type-C,HDMI,DisplayPort x3
保証 3年
型番 11G-P4-2484-KR

メーカーページ

B&Hで見る

EVGA GeForce RTX 2080 Ti FTW3 ULTRA HYBRIDのレビュー

EVGA GeForce RTX 2080 Ti FTW3 ULTRA HYBRIDのパッケージ

パッケージサイズは20x38x15cm。

以前レビューしたRTX 2080 Ti BLACK EDITIONとは違い、パッケージにビデオカード本体の画像が印刷されています。

EVGA GeForce RTX 2080 Ti FTW3 ULTRA HYBRIDの内箱

内箱の様子です。
この内箱はどうも色が落ちやすいようで、パッケージの内側が黒くなってしまいます。

EVGA GeForce RTX 2080 Ti FTW3 ULTRA HYBRIDの内箱を開けた様子

内箱を開けた様子。
簡易水冷クーラーなのに上手く収められています。

EVGA GeForce RTX 2080 Ti FTW3 ULTRA HYBRIDの内箱に製品が収まっている様子

ラジエーターが下部に配置され、チューブをひねっているのが上手く収めるコツのようです。

この画像は自分がビデオカードを片付ける時の参考になるように撮りました。

EVGA GeForce RTX 2080 Ti FTW3 ULTRA HYBRIDの製品内容(付属品)

製品内容(付属品)は下記。

  • ビデオカード本体+ラジエーター+ファン
  • HDMI to DVI変換ケーブル
  • ラジエーター固定用ネジ
  • マジックテープ2本
  • 結束バンド4本
  • 取り付け方を紹介する紙
  • インストールガイド
  • EVGAのロゴバッジ(一緒に写すのを忘れました)

ビデオカード本体は保護フィルムが厳重に貼られているので、使用前にはがしましょう。

マジックテープはチューブを取り回すのに使います。

※GTX 1080 Tiなどで付属していた補助電源の変換ケーブルはありません。

EVGA GeForce RTX 2080 Ti FTW3 ULTRA HYBRID本体の様子

ビデオカード本体の様子。

本体側のファンにはEVGAロゴの突起がたくさん付いていますが、ラジエーター側は突起が無いタイプです。

GEFORCE RTX 2080 Tiと書いてある辺りはスケルトン仕様で、内部の水冷ヘッドやヒートシンクが透けて見えます。

EVGA GeForce RTX 2080 Ti FTW3 ULTRA HYBRID本体下部の様子

本体下部の様子。
Black Editionとは違い、こちら側は透けていません。

EVGA GeForce RTX 2080 Ti FTW3 ULTRA HYBRID本体後部の様子

本体後部の様子。
こちらにはFANとLED端子があります。(両方4pin)

EVGA GeForce RTX 2080 Ti FTW3 ULTRA HYBRID本体上部の様子

本体上部の様子。
EVGA HYBRIDの部分はRGB対応で光らせることが可能です。
※色の変更や消灯は管理ソフトのPrcision X1で行います。

ちなみにEVGA HYBRIDとFTW3の文字部分にも保護フィルムが貼られているので、忘れずにはがしましょう。

EVGA GeForce RTX 2080 Ti FTW3 ULTRA HYBRID本体出力端子側の様子

出力端子側の様子です。
FTWシリーズではブラケットより高さがあるクーラーが採用されています。

EVGA GeForce RTX 2080 Ti FTW3 ULTRA HYBRID本体背面の様子

本体背面の様子。
バックプレートは熱対策の為に、一部がくり抜かれています。

製造は台湾です。
PCIe端子の近くにMADE IN TAIWANというシールが貼られています。

EVGA GeForce RTX 2080 Ti FTW3 ULTRA HYBRID本体の重さを量った様子

量り方が適切ではありませんが、重さが1.2kg以上あります。

大型クーラー採用なので、Black Editionより150g強重いです。

ベンチマーク結果

3DMARKのFire Strike、Time Spy、Port Royalでベンチマークテストを行いました。
※CPUは9900K、メモリは16GBです

下記の表ではノーマルモード、OCモード、Black Editionのスコアを比較しています。

各ベンチマークのグラフィックススコア
ノーマルモード OCモード Black
FireStrike 36,906 36,832 32,215
FireStrike Extreme 17,451 17,465 15,349
FireStrike Ultra 8,444 8,522 7,430
TimeSpy 15,126 15,135 13,197
TimeSpy Extreme 7,048 7,056 6,196
PortRoyal 8,566 8,551 7,550

Black EditionとFTW3 Ultra Hybridの公称クロック差(210MHz)がスコアに現れた形になります。

RTX 2080 Ti FTW3(空冷モデル)のFireStrikeスコアは34,565なので、2,341の差です。

今回のスコアは、高クロック(1770MHz)で人気があるMSI GeForce RTX 2080 Ti LIGHTNING Zとも十分に渡り合えるものになります。

MSIグラフィックスカードの最高峰「GeForce RTX 2080 Ti LIGHTNING Z」(エルミタージュ秋葉原)

※redditでの投稿によれば、OCモードは電圧カーブとファンカーブをより急なものに変更できるので、高負荷なオーバークロックを行えるということらしいです

クロックと温度ついて

デフォルト設定でベンチマークを行うと、2,000MHz辺りまで上昇しました。

その後、温度上昇につれてクロックは1,900MHz台前半まで落ちていく形です。

簡易水冷だけあって温度は低く、53℃までしか上がりませんでした。

ただ、結構ファンの音がうるさくなるので、Precision X1でファンカーブを変更することをオススメします。

消費電力について

ノーマルモードのアイドル時でシステム全体の消費電力が50W台、ベンチマーク時だと400W弱まで上がります。

長所

ゲーム性能が高い
今回のベンチマーク結果はRTX 2080 Tiとしてかなり優秀な部類に入るので、より高画質・より快適にゲームをしたい方の選択肢としてオススメできます。
冷却性能も高い
ベンチマーク時でも最大53℃。
GPUの温度にはまだ余裕があるので、オーバークロックでもっと性能を上げることも可能です。

短所

大きいのでPCケースを選ぶ
FTW3 Hybridはブラケットより高いクーラーが採用されている上に、さらに飛び出しているチューブ部分のスペースも必要です。
そのため、横幅が狭いPCケースだと入りません。

わたしが使っているクーラーマスター MasterCase H500P(横幅242mm)でも割とギリギリです。
ファン回転開始時の音が気になる
Black Editionのレビューをした時も同じような音がしていたので、おそらく原因はファンに付いているEVGAロゴの突起です。
管理ソフトのEVGA Precision X1でファン回転数を固定するか、ファンカーブを変更すれば対処できます。

ソフトでの設定手順は動画レビューで扱う予定なので、そちらを参考にしてください。

動画レビュー(Youtube)

動画レビューでは実際のファンの音やPrecision X1でのファン制御方法などを紹介しているので、合わせてご覧ください。

参考になりましたらチャンネル登録をお願いします。

思ったこととか

想像以上にゲーム性能が高かったので、とても満足です。

MSI GeForce RTX 2080 Ti LIGHTNING Zと勝負できる性能でありながら、3万円以上お安いのも魅力的だと思います。

2019/02/25までですが、BF5とアンセムのPCゲームがもらえるキャンペーンが行われているので、買うのであれば今がオススメです。

2019/03/07追記
バンドルキャンペーンが拡張され、BF5とアンセムに加えてメトロエクソダスがもらえるようになりました。
わたしはもらえたのは2本だけなので、ちょっと悔しいです。

購入について

amazon.comだと1~3ヶ月待ちなので、わたしはB&Hで購入しました。

輸入するのにかかった総額は181,387円です。
内訳は商品価格+送料が$1,540.14(173,207円)、消費税+立替手数料が8,180円となります。

上でも書きましたが、LIGHTNING Zは213,000円ほどなので、FTW3 Hybridの方が3万円以上お得です。

B&Hで購入方法(手順)については下記記事にまとめてあります。
そちらを参考にしてください。

EVGA製品をB&Hで購入・個人輸入する方法

ちなみに今回の注文では、出荷までが約1日、出荷~到着は3日でした。

B&Hで見る

created by Rinker
MSI
¥205,000 (2019/03/15 12:08:25時点 Amazon調べ-詳細)

EVGA関連の主要記事

無料体験でAmazonポイントをもらおう

聴く読書サービス Audibleの30日無料体験で、Amazonポイントをゲットしよう。

通常会員は1日1回 5分以上聴くと50ポイント、15日以上聴けば最大750ポイント
プライム会員は5分以上で100ポイント、最大1500ポイントもらえます
最初の1冊は無料なので安心です

Audibleを無料体験する

注)PCのWEBブラウザを使用すると上手くリスニング履歴を取得できない場合があるので、必ずスマホアプリを利用しましょう

Youtubeを始めました

メモトラPCチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCqOiuPy6lccc5JO_FQb_3gQ

レビュー動画をコツコツ上げて行くので、ぜひチャンネル登録をお願いします。

スポンサーリンク