Aquacomputer kryoM.2 evoをレビュー!PCIeカード型のM.2 SSDヒートシンク

Aquacomputer kryoM.2 evo本体 自作PC

Aquacomputer kryoM.2 evoのレビューをします。

同製品はPCIeカードに変換するタイプのM.2 SSDヒートシンクで、よく冷えることが特徴です。

読み方はクライオなのかな?

Aquacomputer kryoM.2 evoのレビュー

Aquacomputer kryoM.2 evoのパッケージ

パッケージサイズは16x14x6cmです。

Aquacomputer kryoM.2 evoの製品内容(付属品)

製品内容はカード本体と取扱説明書(英語・ドイツ語)のみ。

カードは組み立てられた状態で入っています。
熱伝導シートはカード内に2枚入っており、両方とも1mm厚です。

Aquacomputer kryoM.2 evo本体

カード本体の様子。

Aquacomputer kryoM.2 evo本体裏側

カード本体裏面の様子。
4か所のネジはプラスですが、少し径が小さいのでそれに合わせたドライバーが必要になります。

Aquacomputer kryoM.2 evo本体裏側下部のLEDスイッチ

カード本体裏面の下部にはLEDスイッチがあります。
モードはSSD,ON,OFFの3種類です。

Aquacomputer kryoM.2 evo本体の重さを計った様子

カード本体の重さは184gでした。
※SSDの重さは含みません

取り付け方

1.裏面のネジを取り外してください。

Aquacomputer kryoM.2 evoの取り付け方(手順01)

2.カード側のヒートシンクに熱伝導シートを貼ります。

※画像ではシールをはがしていませんが、実際にははがして取り付けてください

Aquacomputer kryoM.2 evoの取り付け方(手順02)

3.SSDを取り付けて、ネジで固定します。

Aquacomputer kryoM.2 evoの取り付け方(手順03)

4.もう一枚の熱伝導シートをSSDに貼り付けます。

Aquacomputer kryoM.2 evoの取り付け方(手順04)

5.位置を合わせて、表側のヒートシンクを載せます。

Aquacomputer kryoM.2 evoの取り付け方(手順05)

6.裏面のネジを4つ締めれば、組み立ては完了です。

あとはマザーボードのPCIeスロットに挿し、固定するだけです。

Aquacomputer kryoM.2 evoの取り付け方(手順06)

温度計測結果

室温18.5℃、温度計測はCrystalDiskInfo読みです。
ベンチマークソフトはHD Tune PROのReadテストを使用しました。

この条件でヒートシンク無しの状態と有りの状態を比較しています。

ヒートシンク無しヒートシンク有り温度差
アイドル時33℃25℃-8℃
ベンチマーク時60℃32℃-28℃

長所

よく冷える
アイドル時で-8℃、ベンチマーク時で-28℃とかなり優秀です。
スポットクーラーが無くても十分に冷えます。
組み立てが簡単
プラスドライバー1本で組み立て可能です。
数分あれば取り付けることができます。

短所

LEDを全消灯できない
LEDスイッチをOFFにしても、完全に消灯することができず、アクセスランプ部分が光ります。
後日動画を上げるので、詳しくはそちらでご確認ください。
やや高い
購入時の価格は4,360円とややお高いです。

動画レビュー(Youtube)

動画内では点灯パターンも紹介していますので、合わせてご覧ください。

チャンネル登録していただけると嬉しいです。

思ったこととか

LEDをピカピカさせるのが好きではないので、全消灯できないのはなんだかなといった感じです。

もしわたしと同じであれば、1つ前のモデル(Aquacomputer kryoM.2)を選ぶと良いでしょう。

そちらはevoより冷却性能が少し落ちるものの、LEDは付いていません。

Amazonの商品を2.5%OFFで購入する方法

Amazonをよく使う方に朗報です。
ある方法を使うことで、Amazonの商品が最大2.5%OFFになります。

詳しい内容は下記記事にてご覧ください。
[最大2.5%OFF]Amazonの商品を少し安く購入する方法

スポンサーリンク