EVGA製ビデオカードの選び方(命名規則)

EVGA GeForce GTX 980 Superclocked ACX 2.0本体(表側) 自作PC

EVGA製ビデオカードは、ラインナップが多すぎ。
Superclocked(SC)やらClassifiedやら、どういう違いがあるのか、よく分からんという方もいるでしょう。

私も最初はそうでした。
しかし、今は製品名だけで、だいたいの性能順に並び替えることができます。

というわけで、この記事ではEVGA製ビデオカードの選び方(命名規則)を紹介します。

今後、EVGA製ビデオカードを購入しようと思っている人は、知っておくとよいかもしれません。

EVGA製ビデオカードの選び方(命名規則)

空冷ファンモデルを、性能が高い順に並べると下記のようになります。

  1. K|NGP|N
  2. Classified
  3. FTW
  4. Superclocked
  5. 無印

※この他にHydro Copper(水冷)、Hybrid(簡易水冷)もラインナップされています

GTX 980モデルでスペックを比較するとこんな感じです。
※全てオリジナルファンモデル

クロック ブーストクロック 補助電源 価格
GTX 980 K|NGP|N 1304MHz 1418MHz 8pin x2 + 6pin $799.99
GTX 980 Classified 1291MHz 1393MHz 8pin x2 $689.99
GTX 980 FTW 1279MHz 1380MHz 8pin + 6pin $579.99
GTX 980 Superclocked 1266MHz 1367MHz 6pin x2 $569.99
GTX 980 1126MHz 1216MHz 6pin x2 $549.99

補足

リファレンスファンとオリジナルファンで、クロックが変わる場合がある
GTX 980 Superclockedの場合、リファレンスファンモデルは1241MHz(1342MHz)、オリジナルファンモデル(ACX 2.0)は1266MHz(1367MHz)となっています。
K|NGP|N~無印まで、全て揃っているとは限らない
GTX 980の場合はK|NGP|N~無印までありますが、GTX 970の場合はFTW~無印までしかありません。
K|NGP|N~無印以外にラインナップされる場合もある
GTX 970には、FTW+(バックプレート付)やSSC(FTWとSuperclockedの間)があります。
Classified、K|NGP|Nは発売が遅め
Classifiedは、無印やSuperclockedが発売してから2~3ヶ月後に登場することが多いです。
K|NGP|Nは、Classifiedよりも更に遅い傾向にあります。
Classified、K|NGP|Nはファンが大きい
FTW~無印のファンは一般的なサイズですが、Classified、K|NGP|Nは他のものより高さがあります。

EVGA GeForce GTX 780 Ti Dual Classified w/ EVGA ACX Coolerの表側
※画像はEVGA GeForce GTX 780 Ti Dual Classified w/ EVGA ACX Cooler。
ブラケットより高さがあるのでネジ止めしにくい場合もあり。

さいごに

競技やヘビーなオーバークロックをしたい方は、K|NGP|N一択。
そこそこのオーバークロックでよければ、Classifiedでも十分でしょう。

ただ、上記2製品はコストパフォーマンスが悪いです。

そこまで出せないよという方は、FTW、Superclocked、無印から選びましょう。
クロック差と価格差などを天秤にかけて、納得いくものを買って下さい。

2018/08/28追記
先日RTX 2080 Ti、2080が発表されましたが、少し命名規則が変わったようです。
ラインナップについてはEVGA公式サイトでご確認ください。

※現時点ではブーストクロックが未発表なので、比較するのが難しいです

EVGA関連の主要記事

Youtubeを始めました

メモトラPCチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCqOiuPy6lccc5JO_FQb_3gQ

レビュー動画をコツコツ上げて行くので、チャンネル登録をお願いします。

TOEIC対策はスタディサプリ ENGLISH

TOEICの勉強をするなら、スマホアプリで通勤・通学などのスキマ時間を利用するのがオススメです。

参考書とは違い場所も取りませんし、一日数分~数十分勉強すれば、チリツモで少しづつ知識を増やしていけます。

7日間の無料体験も用意されているので一度試してみてはいかがでしょうか?

スタディサプリ公式サイトを見る

Amazonビジネスをチェック

Amazonビジネスは法人・個人事業主向けのビジネス購買専門サイトです。
概要ページでは導入事例やよくある質問が掲載されています。

主な特徴は下記。

  • 無料で登録できる
  • 法人・個人事業主向けの特別価格がある
  • 数量割引がある
  • 法人向けクレジットカードや請求書払いにも対応
  • 購買データの取得・レポートで履歴を管理・分析でき、帳簿作成や経費処理の手間を削減可能

無料会員登録をする

スポンサーリンク