無線LAN中継器 TP-LINK RE350のレビュー

TP-LINK RE350本体正面

無線LAN中継器 TP-LINK RE350のレビューをします。

基本機能は、無線LANの電波範囲を拡張・強化すること。
電波が届かない場所・弱いところを無くす(減らす)ことが目的の製品です。

家の中で電波が届きにくい場所があってお困りの方は、ぜひ読んでいってください。

メーカー製品情報ページ

※この記事は製品をご提供いただき、執筆しています

スポンサーリンク

無線LAN中継器 TP-LINK RE350のレビュー

TP-LINK RE350のパッケージ

パッケージは開けるタイプではありません。
フィルムを剥がしたら、カバーを引き抜きましょう。

TP-LINK RE350の設置イメージ

分かりやすいイメージ図がパッケージに印刷されています。
左側の緑の円がルーターの範囲、右の青い円はRE350が中継して、拡張した範囲です。

TP-LINK RE350の製品内容

製品内容は下記。

  • RE350本体
  • LANケーブル
  • 冊子
  • クイックインストールガイド
  • 保証書(3年)

TP-LINK RE350本体正面

本体正面の様子。
上からWPSボタン、2.4GHzのランプ、5GHzのランプ、電源ランプとなっています。

TP-LINK RE350本体右側面

右側面にはリセットスイッチ、LEDのON/OFFボタン、電源ボタンがあります。

TP-LINK RE350本体左側面

左側面は通気用の穴があるだけです。

TP-LINK RE350本体上側

本体上側にはギガビットイーサネットポートがあります。
テレビやゲーム機などを接続したり、壁のLANポートと接続し無線アクセスポイント(ブリッジモード)として使用することができます。

TP-LINK RE350本体下側

下側には何もありません。

TP-LINK RE350本体裏面

本体裏面にはコンセント(オス)があり、シリアルナンバーなどが記載されています。

良いところ

実際に速くなった
ルーターを設置している部屋から遠い洗面所(間にドアが3つあります)で、Wi-Fi速度を計測したところ、設置前は175.8Mbpsだったのに対し、設置後は366.1Mbpsと大幅に改善しました。
ルーター(親機)を選ばない
わたしはTP-Link Archer C7を親機として使いましたが、他社製でも大丈夫です。
パッケージには、すべてのWi-FIルーターに対応と記載されています。
設定はわりと簡単
ネットワーク設定が苦手な人でも、WPSを使えば、問題なく設置できるかと思います。

残念なところ

コンセントのピンの位置が微妙
縦に2つ並んでいるコンセントの場合、上側に挿しても、下側がふさがり、使えなくなる可能性があります。

また、重量バランスが悪いのか、筐体の重みで傾き、半挿し状態になることがありました。
通信が確立されるまでの時間が長い
コンセントに挿し込んでから、通信が確立される(LED点滅が終わる)までの時間が長いです。

一回一回待たなければならないので、場所決めをする際はイライラするかもしれません。

補足

スマホ向けアプリ TP-Link Tetherを使って、RE350の設定を行う場合、ユーザー名とパスワードを聞かれます。

その際は両方の項目にadminと入力してください。

※設定後のパスワード変更を推奨します

思ったこととか

我が家は広くないので、恩恵は受けられないと思っていましたが、実際設置してみたら速くなったので驚きました。

ルーター親機を設置しているけど、電波が安定しないという方は、RE350を選択肢に入れても良いのではと思います。

何より、ルーター親機をもう一台購入するよりも、安い予算で済みますし。

TP-Link製品の関連記事

スポンサーリンク

お役に立ちましたら、シェアをお願いします

プロフィール

九荻 新のプロフィール画像

名前:九荻 新(くおぎ あらた)
埼玉県在住のブロガー。
1983年11月30日生まれ。

趣味は自作PC。
30歳を過ぎて、手の脂が減り、
ビニール袋を開けられなくなった。
詳しいプロフィール

サイト内検索