【最安】Adobe CCが39,980円(税込)

TP-Link RE605Xのレビュー!OneMesh対応の無線LAN中継機

TP-Link RE605Xのパッケージ表側

九荻 新

TP-Link RE605Xのレビューをします。

同製品はWi-Fi 6に対応した無線LAN中継機で、OneMesh対応ルーターと組み合わせることでメッシュWi-Fiネットワークを構築できることが特徴。

中継機として使う場合はWi-Fiの切り替わり時にラグが発生しますが、メッシュWi-Fiの場合はシームレスでラグが発生しにくいので、後者で使用するのがオススメです。

記事内では外観チェックや設定方法、メッシュWi-Fiの効果などを紹介します。
RE605Xのスペック
ワイヤレス規格IEEE 802.11a/n/ac/ax 5GHz,
IEEE 802.11b/g/n/ax 2.4GHz
最大速度1201 Mbps (5GHz),
574 Mbps (2.4GHz)
アンテナ外部アンテナ x2
ワイヤレスセキュリティ64/128-bit WEP,
WPA/WPA-PSK2 暗号化
有線ポート1Gbps x1
認証FCC、RoHS、技適
保証期間3年間
型番RE605X

※この記事は製品をご提供いただき執筆しています

TP-Link RE605Xの外観と付属品

TP-Link RE605Xのパッケージ表側

パッケージサイズは12.8 x 20.3 x 9.9cm。
表側には主な特徴が記載されています。

TP-Link RE605Xのパッケージ裏側

裏側には使用時のイメージ図が描かれています。

TP-Link RE605Xの付属品一覧

付属品は下記。

  • 本体
  • かんたん設定ガイド
  • Wi-Fi接続できない場合は?
  • GNUライセンスの案内
  • 保証書

TP-Link RE605X本体正面

本体正面の様子。
右側の透明部分は状態を表すインジケーターで、通常青く光ります。

TP-Link RE605X本体右側面

本体右側面にはWPSボタンとリセットスイッチがあります。

TP-Link RE605X本体左側面

本体左側面には1Gbpsポートが配置されています。
こちらはアクセスポイントとして使う時際に利用する形です。

TP-Link RE605X本体裏面

裏面にはコンセント用の端子があります。
黒塗り部分はシリアルナンバーなどです。

TP-Link RE605Xを設置した様子

本体をコンセントに接続した様子。

TP-Link RE605Xを接続した時のコンセント空き状況(2個口)

2個口コンセントの上側に接続した様子。
大きなACアダプターでなければ、下側の端子は使用可能です。

OneMesh(メッシュWi-Fi)を使用する場合は

TP-Link RE605XをメッシュWi-Fiで使う為に必要なルーター側の設定画面

九荻 新

OneMesh(メッシュWi-Fi)を使用したい方は、初期設定の前に確認してください。

ルーター管理画面>詳細設定>OneMesh>ワンメッシュのトグルボタンがON(水色)が正しい状態です。
トグルボタンがOFFだと中継機として設定されます。

OneMeshの項目が表示されない場合はルーターのファームウェアが古い可能性があるので、アップグレードを行ってください。
※管理画面>詳細設定>システム>ファームウェア アップグレード

初期設定方法(手順)

九荻 新

今回はWi-Fi6対応のルーター(Archer AX20)と組み合わせて、メッシュWi-Fiを構築します。

Tetherアプリ(iOS / Android)を使って設定を行うので、インストールしておいてください。

また、RE605X本体は前もってコンセントに接続しておきましょう。

1.iOS 14以降のスマホの場合、下記の画面が表示されます。
設定に移動をタップして、権限を許可してください。

TP-Link RE605Xの初期設定方法(手順01)

2.ローカルネットワークのトグルボタンが黄緑に表示されていればOKです。

Tetherアプリを再度表示>ローカルネットワーク権限を既に付与済みをタップします。

TP-Link RE605Xの初期設定方法(手順02)

3.アプリのプライバシーポリシーと利用規約にチェックを入れて、同意をタップします。

※ユーザーエクスペリエンス向上プログラムの参加は任意です

TP-Link RE605Xの初期設定方法(手順03)

4.TP-Link IDを持っている方はIDとパスワードを入力して、ログインをタップします。

持っていない方は左下のサインアップから作成してください。

TP-Link RE605Xの初期設定方法(手順04)

5.マイデバイスが表示されたら、右上のプラスボタンをタップします。

TP-Link RE605Xの初期設定方法(手順05)

6.下記の画像が再度表示された場合は、ローカルネットワーク権限を既に付与済みをタップしてください。

TP-Link RE605Xの初期設定方法(手順06)

7.レンジエクステンダーをタップします。

TP-Link RE605Xの初期設定方法(手順07)

8.コンセントに接続した中継機のLEDが青く点灯しているのを確認>Power LEDが点灯しているをタップします。

TP-Link RE605Xの初期設定方法(手順08)

9.ダイアログが表示されたら、接続をタップします。

TP-Link RE605Xの初期設定方法(手順09)

10.RE605Xに接続しましたと表示されたら、パスワードを2回入力して作成をタップします。

こちらのパスワードは設定を行う際に使用するので、忘れないようにしてください。

TP-Link RE605Xの初期設定方法(手順10)

11.2.4GHz帯のWi-Fiネットワーク名が表示される>ご自分で使っているものをタップ>パスワードを入力>次へをタップします。

TP-Link RE605Xの初期設定方法(手順11)

12.5GHz帯のWi-Fiネットワーク名も表示されるので、同様に選択してパスワードを入力してください。

TP-Link RE605Xの初期設定方法(手順12)

13.2.4GHzと5GHzのネットワーク名とパスワードが表示されるので、間違いがなければ適用をタップします。

TP-Link RE605Xの初期設定方法(手順13)

14.設定が適用されるまで時間がかかるので、しばらく待ちます。
TP-Link RE605Xの初期設定方法(手順14)

15.説明を読み、適切な設置場所ですをタップします。

TP-Link RE605Xの初期設定方法(手順15)

16.設定完了ですと表示されたら、終了をタップします。

TP-Link RE605Xの初期設定方法(手順16)

17.ダイアログが表示された場合は接続をタップしてください。

TP-Link RE605Xの初期設定方法(手順17)

18.Tetherアプリのホーム画面を確認したら設定作業は完了です。

上部にルーターからもう少しだけ~と表示された場合は、カバー範囲を最大化する為に中継機の位置を変更しましょう。

TP-Link RE605Xの初期設定方法(手順18)

ルーターの管理画面をPCで開くと下記のようなネットワークマップが表示されます。

メッシュデバイス(赤枠部分)がルーターの右側に表示されているのが、正しく設定が行われた状態です。

TP-Link RE605XでメッシュWi-Fiを構築した時のネットワークマップ(ルーター管理画面)

メッシュWi-Fiの効果検証

Netflixが運営しているサイト fast.comでインターネット(Wi-Fi)速度を計測しました。

テスト条件は下記。

  • Archer AX20とWi-Fi6対応のスマホ(iPhone SE 第二世代)を5GHz帯(11ax)でワイヤレス接続
  • インターネット回線は1Gbps(1,000Mbps)
  • 計測場所はルーターから一番遠い玄関
  • ルーター単体と中継機有り(メッシュWi-Fi)でそれぞれ10回測定して平均を計算
ダウンロード速度アップロード速度
ルーター単体160Mbps130Mbps
中継機有り(メッシュWi-Fi)270Mbps230Mbps

九荻 新

ルーター単体でも十分速いですが、中継機を設置することで更に速度が上がる結果となりました。

他の効果としてはカバー範囲が広がることで、Wi-Fiが安定するというメリットもあります。

我が家(4LDK)でルーター単体だと玄関の電波状況(スマホのアンテナ表示)が2/3でしたが、中継機設置後は常に3/3表示に改善されました。

レビューまとめ

九荻 新

効果検証では中継機の有り無しで、通信速度に100Mbps以上の差が出ました。

家が広めでWi-Fiが届かない所がある場合は、より効果を体感しやすいでしょう。

RE605Xには互換性があるので他社製のルーターでも中継機として使えますが、快適にシームレスで使いたいならTP-Link OneMesh対応ルーターと組み合わせるのがオススメです。

以前レビューしたArcher AX20ならRE605Xを一緒に購入しても合計16,500円程度で収まり、Wi-Fi 6+メッシュWi-Fi環境が手に入ります。
TP-LINK Archer AX20のパッケージ表側 TP-Link Archer AX20のレビュー!デュアルバンドのWi-Fi6ルーター