LenovoのPCを学割価格で購入しよう!

TP-Link RE600Xのレビュー!アンテナ内蔵のWi-Fi6中継機

TP-Link RE600Xのパッケージ表側

九荻 新

TP-Link RE600Xのレビューをします。

同製品はWi-Fi 6やメッシュWi-Fi(TP-Link OneMesh)に対応した中継機で、アンテナが内蔵されていることが特徴です。

記事内では外観や初期設定方法の紹介、中継機の効果測定(速度変化)などを行っています。
RE600Xのスペック
ワイヤレス規格 IEEE 802.11a/n/ac/ax 5GHz,
IEEE 802.11b/g/n/ax 2.4GHz
最大速度 1201 Mbps (5GHz),
574 Mbps (2.4GHz)
アンテナ 内蔵アンテナ x2
ワイヤレスセキュリティ WEP,WPA,WPA2,WPA3
有線ポート 1Gbps x1
認証 CE,RoHS
保証期間 3年間

※この記事は製品をご提供いただき執筆しています

TP-Link RE600Xの外観と付属品

TP-Link RE600Xのパッケージ表側

TP-Link RE600Xのパッケージサイズは12.7 x 20 x 9.9cm。

表側にはスペックや特徴などが記載されています。

TP-Link RE600Xのパッケージ裏側

裏側にはルーターと中継機を組み合わせた時のイメージ図が描かれています。

TP-Link RE600Xの付属品一覧

製品内容(付属品)は下記。

  • 中継機本体
  • 保証書
  • GNUライセンスに関する案内
  • Wi-Fi 6ルーターにWi-Fi接続できない場合は?
  • かんたん設定ガイド

※LANケーブルは付属しません

TP-Link RE600X本体正面

本体正面の様子。
アンテナ内蔵タイプなのでスッキリしたデザインになっています。

左側の4つの四角はLEDインジケータです。

TP-Link RE600X本体左側面

左側面には何もありません。

TP-Link RE600X本体右側面

右側面にはリセットボタン、WPSボタン、1Gbps LANポートがあります。

TP-Link RE600X本体背面

本体背面側には認証情報やシリアルナンバーなどが記載されています。

TP-Link RE600Xをコンセントに挿した様子

コンセントに接続した様子。

本体重量は230g程度で重心も下の方に寄っている為、重さで抜けやすくなるようなことはありません。

TP-Link RE600Xを2個口コンセントに挿した場合の空き具合

2個口コンセントに接続した場合、上に挿せば下の端子も利用できます。
※大きめのACアダプターは干渉するかもしれません

初期設定方法(手順)

九荻 新

TP-Link製の対応ルーターと組み合わせてOneMesh(メッシュWi-Fi)を使用する場合は、設定前にルーター管理画面を確認してください。

管理画面>詳細設定>OneMesh>ワンメッシュのトグルボタンをオン(水色の状態)

メッシュWi-Fiではなく単なる中継機として使用する時は上記設定にする必要はありません。

1.スマホにTetherアプリ(iOS / Android)をインストールしたら、TP-Link IDでログインします。

IDをお持ちでない場合は下部から作成してください。

TP-Link RE600Xの初期設定方法(手順01)

2.マイデバイスが表示されたら右上のプラスマークをタップします。

TP-Link RE600Xの初期設定方法(手順02)

3.中継機をタップ。

TP-Link RE600Xの初期設定方法(手順03)

4.コンセントに挿した中継機を確認します。
LEDに問題がなければ、点灯しているをタップしてください。

TP-Link RE600Xの初期設定方法(手順04)

5.位置情報の利用を許可してから次へをタップ。

TP-Link RE600Xの初期設定方法(手順05)

6.中継機のネットワーク名が表示されたら、接続をタップ。

TP-Link RE600Xの初期設定方法(手順06)

7.ローカルアカウント用のパスワードを2回入力して、作成をタップ。

TP-Link RE600Xの初期設定方法(手順07)

8.2.4GHz帯のネットワークが表示されるので、自分が利用しているものを選択し次へをタップ。

TP-Link RE600Xの初期設定方法(手順08)

9.選択したネットワークの接続用パスワードを入力します。

TP-Link RE600Xの初期設定方法(手順09)

10.正しく入力できたらチェックマークが表示されるので、次へをタップ。

TP-Link RE600Xの初期設定方法(手順10)

11.5GHz帯のネットワークが表示されたら同様に選択します。

TP-Link RE600Xの初期設定方法(手順11)

12.接続用パスワードを入力します。

TP-Link RE600Xの初期設定方法(手順12)

13.チェックマークが付いたら、次へをタップ。

TP-Link RE600Xの初期設定方法(手順13)

14.2.4GHzと5GHz帯のネットワーク名、パスワードが表示されるので、確認して適用をタップ。

TP-Link RE600Xの初期設定方法(手順14)

15.設定が完了するまでしばらく待ちます。

TP-Link RE600Xの初期設定方法(手順15)

16.説明を読み、問題がなければ、下部のボタンをタップ。

TP-Link RE600Xの初期設定方法(手順16)

17.この画面が表示されたら設定は完了です。

ここまでルーターの近くで設定していた場合は、中継機の位置を変更しましょう。

TP-Link RE600Xの初期設定方法(手順17)

中継機の効果測定(速度変化)

fast.comとスマホを使ってWi-Fi速度を計測しました。

テスト条件は下記。

  • Archer AX4800とWi-Fi6対応のスマホ(iPhone SE 第二世代)を5GHz帯(11ax)でワイヤレス接続
  • インターネット回線は1Gbps(1,000Mbps)
  • 計測場所はルーター設置場所から一番遠い玄関
  • ルーター単体と中継機有り(メッシュWi-Fi)でそれぞれ10回測定して平均を計算
ダウンロード速度 アップロード速度
ルーター単体 140Mbps 124Mbps
中継機有り(メッシュWi-Fi) 250Mbps 200Mbps

九荻 新

ダウンロード速度は+110Mbps、アップロード速度は+76Mbpsという結果になりました。

速度が改善されたことはもちろん嬉しいです。
ただそれよりも電波が安定したことにメリットを感じます。

これまで玄関ではスマホのWi-Fi表示(アイコン)がやや不安定でしたが、中継機設置後は扇マークがフル状態に変わりました。

レビューまとめ

九荻 新

家の一部の場所でWi-Fiが届きにくい、速度が遅いという方に中継機は有効です。
電波範囲が広がり、速度の向上やWi-Fiの安定化が見込めます。

RE600Xを使ってみていいなと思ったのは、アンテナが内蔵になりデザインがスッキリしたこと。

やや小型になり、何より目立ちにくくなりました。
これならどこに設置しても違和感が少なく、既存の家具などとも馴染みそうです。

ちなみに、RE600Xと以前レビューした外部アンテナタイプのRE605Xを比べた場合、RE605Xの方が少し速い結果(最大+30Mbps程度)が出ましたが、体感できるほどの大きな差ではないので、デザインや価格面で選んでも問題ないかと思います。