本サイトは広告が含まれています。
Audibleが2か月無料!

聴く読書Amazon Audibleが2か月無料に!
体験期間中は12万以上の作品が聴き放題です。

詳細はこちら

TP-Link RE815XEのレビュー!Wi-Fi 6E(6GHz)対応の無線LAN中継器

TP-Link RE815XEのパッケージ表側 無線LAN中継機
九荻 新
九荻 新
TP-Link RE815XEのレビューをします。

同製品はWi-Fi 6E対応の無線LAN中継器。
干渉や混雑が少ない6GHz帯のネットワークを使えることが特徴です。

OneMesh対応のルーターと組み合わせればメッシュネットワークを構築でき、他社製ルーターと組み合わせる場合は中継器として動作します。
RE815XEのスペック
ワイヤレス規格IEEE 802.11ax 6GHz,
IEEE 802.11a/n/ac/ax 5GHz,
IEEE 802.11b/g/n/ax 2.4GHz
最大速度2402Mbps(6GHz),
2402Mbps(5GHz),
574Mbps(2.4GHz)
アンテナ外部アンテナ x4
ワイヤレスセキュリティ64/128-bit WEP, WPA/WPA2-PSK encryptions, WPA3
有線ポート1Gbps x1
保証期間3年間

※この記事は製品をご提供いただき執筆しています

TP-Link RE815XEの外観と付属品

TP-Link RE815XEのパッケージ表側

パッケージ表側の様子。
主な特徴が箇条書きで記載されています。

TP-Link RE815XEのパッケージ裏側

裏面には設置した時のイメージ図が印刷されています。

TP-Link RE815XEのパッケージを開封した様子

パッケージを開封した様子。
上の箱に付属品、下側に本体が収まっています。

TP-Link RE815XEの付属品一覧

製品内容(付属品)は下記。

  • 中継器本体
  • かんたん設定ガイド
  • 保証書
  • 6GHz Wi-Fiが見つからない/接続できない場合は?
  • GNUライセンスに関するお知らせ

TP-Link RE815XE本体正面

本体のアンテナを伸ばした様子。

TP-Link RE815XE本体右側面

右側面にはリセットボタン、WPSボタン、ギガビットポートが配置されています。

逆側の側面には何もありません。

TP-Link RE815XE本体背面

背面には法的認証情報とシリアルナンバー、MACアドレスが記載されています。

TP-Link RE815XEをコンセントに接続した様子

コンセントに本体を接続した様子。

2個口コンセントの上に本体を設置した場合、一般的なサイズのプラグであれば、下側も同時利用できます。

結構ギリギリなので、充電器や電源アダプターなどの大きめの物は接触する可能性が高いです。

初期設定方法(手順)

今回は他社製のWi-Fi 6対応ルーターと組み合わせて、中継器として設定を行います。

1.Tetherアプリ(iOS / Android)をスマホにインストールして起動します。

利用規約とプライバシーポリシーに同意して(チェックを入れて)、続けるをタップしてください。
※ユーザーエクスペリエンス向上プログラムの参加は任意です

TP-Link RE815XEの初期設定方法(手順01)

2.TP-Link IDをお持ちの方はログイン、持っていない方は下の作成をタップ。

TP-Link RE815XEの初期設定方法(手順02)

3.TP-Link IDに使用しているメールアドレスとパスワードを入力して、ログインをタップ。

TP-Link RE815XEの初期設定方法(手順03)

4.右上のプラスマーク、もしくは下部のデバイスを追加をタップ。

TP-Link RE815XEの初期設定方法(手順04)

5.中継器をタップ。

TP-Link RE815XEの初期設定方法(手順05)

6.Power LEDが点灯しているをタップ。

TP-Link RE815XEの初期設定方法(手順06)

7.位置情報利用許可をオンにして、次へをタップ。

TP-Link RE815XEの初期設定方法(手順07)

8.接続をタップ。

TP-Link RE815XEの初期設定方法(手順08)

9.Wi-Fi設定を開くをタップ>中継器のWi-Fiに接続>接続できましたをタップ。

TP-Link RE815XEの初期設定方法(手順09)

10.少し待ちます。

TP-Link RE815XEの初期設定方法(手順10)

11.ローカルアカウント管理用のパスワードを入力して、作成をタップ。

TP-Link RE815XEの初期設定方法(手順11)

12.自分が使用している5GHz Wi-Fi(ネットワーク名)をタップ。

TP-Link RE815XEの初期設定方法(手順12)

13.Wi-Fiの接続パスワードを入力して、次へをタップ。

TP-Link RE815XEの初期設定方法(手順13)

14.6GHz Wi-Fiも同様に進めます。

TP-Link RE815XEの初期設定方法(手順14)

15.2.4GHz Wi-Fiも同様に進めてください。

TP-Link RE815XEの初期設定方法(手順15)

16.表示されたネットワーク名とパスワードに間違いがなければ、次へをタップ。

TP-Link RE815XEの初期設定方法(手順16)

17.拡張用のネットワーク名とパスワードを確認して、適用をタップ。

※右側にあるアイコンをタップするとデフォルトの名称_EXT(6GHz帯は_6GEXT)を変更できます

TP-Link RE815XEの初期設定方法(手順17)

18.設定が適用されるまで待ちます。

TP-Link RE815XEの初期設定方法(手順18)

19.表示された文を読み、中継器の位置を変更してください。

TP-Link RE815XEの初期設定方法(手順19)

20.位置変更後にLEDが点灯したら、適切な設置場所ですをタップ。

TP-Link RE815XEの初期設定方法(手順20)

21.お疲れ様でした。と表示されたら、初期設定は完了です。

ネットワークに接続するをタップして、スマホ側でWi-Fiの設定をしておきましょう。

TP-Link RE815XEの初期設定方法(手順21)

速度計測(速度変化)

fast.comを使用して、Wi-Fiの実効速度を計測しました。

テストの条件は下記。

  • インターネット回線は1Gbps(1,000Mbps)
  • 計測場所はルーターを設置した部屋から一番遠い玄関
  • ルーター単体と中継器を使用した場合をそれぞれ10回測定して平均を計算
ダウンロード速度アップロード速度
ルーター単体300Mbps160Mbps
中継機有り350Mbps220Mbps
九荻 新
九荻 新
ダウンロード速度では50Mbps、アップロード速度では60Mbps向上する結果となりました。

劇的な速度向上ではありませんが、Wi-Fiの電波状況が安定するというメリットがあります。

ルーター単体では電波の状況を表す扇マークが半分になってしまうのに対して、中継器有りだと常にフル表示になりました。

それによってレイテンシ(遅延時間)も短くなったりするので、Wi-Fiが安定しない環境に中継器を設置することは非常に有用です。

アクセスポイントとして使うには

九荻 新
九荻 新
LANケーブルを接続して、Tetherアプリで動作モードを切り替えて再起動を行うと、アクセスポイント(AP)として使用できます。

私の環境(Wi-Fi 6E対応PC)では400~700Mbps程度出ており、Wi-Fiのカバー範囲も広めです。

低価格帯のWi-Fi 6対応ルーターと比べると、より速く、電波状況も安定しています。

RE815Xとの違い

九荻 新
九荻 新
型番にEが付かないRE815Xの最高速度は2402(5GHz) + 2402(5GHz) + 574Mbps(2.4GHz)と5GHz帯が2本の構成になっています。

それに対してRE815XEの方は2402(6GHz) + 2402(5GHz) + 574Mbps(2.4GHz)の構成で、干渉や混雑が少ない6GHz帯を使用できるのが特徴です。

選び方としては現行の最新規格(Wi-Fi 6E)に対応したいならRE815XE、当面Wi-Fi 6対応で問題ないという場合はRE815Xという形になるかと思います。

価格は後者の方が少し安めです。

レビューまとめ

九荻 新
九荻 新
2023年7月末時点でWi-Fi 6Eに対応した無線LAN中継器は他に見当たらないこと、性能・実効速度も優れていることから、現状はRE815XE一択と言えます。

Archer AXE75と組み合わせてメッシュWi-Fiを構築しても良し、Deco XE75に追加するのも良いでしょう。

他社製品と組み合わせても問題ありませんが、基本的に中継器として動作する(SSIDが複数になる)点は認識しておいてください。

今現在の本体価格はWi-Fi 6E対応ルーターとほとんど変わらないぐらいなのでちょっと高く感じますが、Amazonの商品ページで割引クーポンが使える場合、結構安くなることがあるので要チェックです。
タイトルとURLをコピーしました