2ベイの外付HDDケース RATOC RS-EC32-U3RXのレビュー

RATOC RS-EC32-U3RXのパッケージ表側 PC周辺機器

RATOC RS-EC32-U3RXのレビューをします。

同製品は2ベイタイプの外付HDDケースで、接続方式はUSB3.0(5Gbps)。
モードは、RAID 0、RAID 1、JBOD、SINGLEの4種類から選択できます。

わたしが買ったのはブラックで、購入時の価格は9,817円でした。
ブラックとは別にホワイトシルバーモデル(RS-EC32-U3RWSX)も販売されています。

メーカー製品情報ページ

created by Rinker
ラトックシステム
¥8,472 (2019/01/24 07:50:50時点 Amazon調べ-詳細)
スポンサーリンク

RATOC RS-EC32-U3RXのレビュー

RATOC RS-EC32-U3RXのパッケージ表側

パッケージ表側の様子。

RATOC RS-EC32-U3RXのパッケージ裏側

パッケージ裏側には、同製品で行えることが記載されています。

RATOC RS-EC32-U3RXの製品内容(付属品)

製品内容(付属品)は下記。

  • 本体
  • ACアダプター
  • HDD固定用ねじ
  • USBケーブル
  • 保証書
  • ユーザーズマニュアル
RATOC RS-EC32-U3RX本体前面

本体前面の様子。
上部にランプ類、下部は吸気用スリットとなっています。

ランプ類はけっこう眩しいので、気になる方は設置向きに気を配るなり、養生テープを貼るなりした方が良いでしょう。

RATOC RS-EC32-U3RX本体側面

両側面とも完全にふさがっています。
吸気口などはありません。

RATOC RS-EC32-U3RX本体背面

本体背面の様子。
右からセキュリティスロット、電源スイッチ、DCジャック、USB3.0コネクタ、動作モードLED、DIPスイッチ、動作モード選択ボタンとなります。

長所

ホットスワップに対応している
低価格帯の外付HDDケースだと非対応だったりしますが、同製品は対応しているので、電源を入れたままHDD交換が可能です。
大容量HDDに対応している
8TBのHDDで動作確認を取ってあるそうなので、最大16TB(8TB x2)まで搭載できます。
レスポンスが良い
このケースだからレスポンスが良いということではないですが、やはりNAS(1Gbps)よりは外付HDDケースの方が速いです。

複数のPCから接続する必要があるなら別ですが、そうでないならNASよりも外付HDDケースの方をオススメします。

短所

稼働音はダダ漏れ
ファンはRATOC RAID監視マネージャーで制御出来るので気になりませんが、HDDの稼働音はダダ漏れです。
気になる方は静かなHDD(5400rpmなど)を選択しましょう。
コストパフォーマンスが落ちた
前モデルのRS-EC32-U3Rの時は7,300円で買えたので、1万円近くする同製品は高く感じます。
原材料価格の高騰による価格改定とのことなので、仕方のないことではありますが。

思ったこととか

RATOCさんが4ベイのRAIDケースで、大きめのファンを搭載したものを出してくれたら、ぜひ買いたいです。

普段使う分には2ベイで十分なのですが、容量が足りなくなってきて引っ越す際は、4ベイの方が何かと便利なので。

created by Rinker
ラトックシステム
¥8,472 (2019/01/24 07:50:50時点 Amazon調べ-詳細)

Adobe CCが29,800円

2019年2月に価格改定が行われるAdobe Creative Cloudですが、実は29,800円で購入・更新する方法があります。

方法はいたって簡単でたのまなのオンライン通信講座(Adobe Creative Cloud 12ヶ月版が付属)を申し込むだけ。

詳しい申込み方法や仕組みについては下記記事で紹介しているので、そちらをご覧ください。

価格改定前にAdobe Creative Cloudを29,800円で購入・更新しよう

Amazonビジネスをチェック

Amazonビジネスは法人・個人事業主向けのビジネス購買専門サイトです。

主な特徴は下記。

  • 無料で登録できる
  • 法人・個人事業主向けの特別価格がある
  • 数量割引がある
  • 法人向けクレジットカードや請求書払いにも対応
  • 購買データの取得・レポートで履歴を管理・分析でき、帳簿作成や経費処理の手間を削減可能

Amazonビジネスの概要ページでは導入事例やよくある質問が掲載されています。
法人・個人事業主の方はぜひご覧ください。

スポンサーリンク