2ベイの外付HDDケース RATOC RS-EC32-U3RXのレビュー

RATOC RS-EC32-U3RXのパッケージ表側

RATOC RS-EC32-U3RXのレビューをします。

同製品は2ベイタイプの外付HDDケースで、接続方式はUSB3.0(5Gbps)。
モードは、RAID 0、RAID 1、JBOD、SINGLEの4種類から選択できます。

わたしが買ったのはブラックで、購入時の価格は9,817円でした。
ブラックとは別にホワイトシルバーモデル(RS-EC32-U3RWSX)も販売されています。

メーカー製品情報ページ

スポンサーリンク

RATOC RS-EC32-U3RXのレビュー

RATOC RS-EC32-U3RXのパッケージ表側

パッケージ表側の様子。

RATOC RS-EC32-U3RXのパッケージ裏側

パッケージ裏側には、同製品で行えることが記載されています。

RATOC RS-EC32-U3RXの製品内容(付属品)

製品内容(付属品)は下記。

  • 本体
  • ACアダプター
  • HDD固定用ねじ
  • USBケーブル
  • 保証書
  • ユーザーズマニュアル
RATOC RS-EC32-U3RX本体前面

本体前面の様子。
上部にランプ類、下部は吸気用スリットとなっています。

ランプ類はけっこう眩しいので、気になる方は設置向きに気を配るなり、養生テープを貼るなりした方が良いでしょう。

RATOC RS-EC32-U3RX本体側面

両側面とも完全にふさがっています。
吸気口などはありません。

RATOC RS-EC32-U3RX本体背面

本体背面の様子。
右からセキュリティスロット、電源スイッチ、DCジャック、USB3.0コネクタ、動作モードLED、DIPスイッチ、動作モード選択ボタンとなります。

良いところ

ホットスワップに対応している
低価格帯の外付HDDケースだと非対応だったりしますが、同製品は対応しているので、電源を入れたままHDD交換が可能です。
大容量HDDに対応している
8TBのHDDで動作確認を取ってあるそうなので、最大16TB(8TB x2)まで搭載できます。
レスポンスが良い
このケースだからレスポンスが良いということではないですが、やはりNAS(1Gbps)よりは外付HDDケースの方が速いです。

複数のPCから接続する必要があるなら別ですが、そうでないならNASよりも外付HDDケースの方をオススメします。

残念なところ

稼働音はダダ漏れ
ファンはRATOC RAID監視マネージャーで制御出来るので気になりませんが、HDDの稼働音はダダ漏れです。
気になる方は静かなHDD(5400rpmなど)を選択しましょう。
コストパフォーマンスが落ちた
前モデルのRS-EC32-U3Rの時は7,300円で買えたので、1万円近くする同製品は高く感じます。
原材料価格の高騰による価格改定とのことなので、仕方のないことではありますが。

思ったこととか

RATOCさんが4ベイのRAIDケースで、大きめのファンを搭載したものを出してくれたら、ぜひ買いたいです。

普段使う分には2ベイで十分なのですが、容量が足りなくなってきて引っ越す際は、4ベイの方が何かと便利なので。

スポンサーリンク