最大容量32TBのHDDケース TerraMaster D4-310のレビュー

TerraMaster D4-310本体正面

最大容量32TBのHDDケース TerraMaster D4-310のレビューをします。

同製品は最大読込410MB/s、2組のRAIDを組めることが特徴です。

2017/02/23時点での価格は、22,990円となっています。

TerraMaster D4-310のスペック
ドライブベイ数4
対応ドライブ3.5 or 2.5インチ SATA HDD・SSD
対応モードSINGLE DISK、JBOD、RAID 0、RAID 1
最大容量32TB (8TB x4)
接続インターフェイスUSB3.0 Type-C to Type-A(ケース側がC、PC側がA)
拡張インターフェイスUSB3.0 Type-A x2
速度最大読込410MB/s、最大書込400MB/s
ファイルシステムFAT 32/16、NTFS
対応OSWindows OS、Mac OS
サイズ227(H) x 225(W) x 136(D) mm
重量2.13kg
保証期間2年

メーカー製品情報ページ

※この記事は製品をご提供いただき、執筆しています

スポンサーリンク

TerraMaster D4-310のレビュー

TerraMaster D4-310のパッケージ

そんなに重いものではないですが、パッケージは取っ手付きです。

TerraMaster D4-310の製品内容

製品内容は下記。

  • TerraMaster D4-310本体
  • ACアダプター
  • USB3.0ケーブル(Type-C to Type-A)
  • 3.5インチディスク用のねじ
  • 2.5インチディスク用のねじ
  • プラスドライバー
  • モード切り替え用マイナスドライバー、リセットスイッチ
  • 冊子

TerraMaster D4-310本体正面

本体正面の様子。
左側に電源ボタン、その上にパワー・各ディスクのLED。
右側にあるのはただのシールです。

トレイは左側が1番で、右側が4番となります。
画像では分かりませんが、トレイのすぐ下に番号が書いてあります。
RAIDを組む場合は1と2、3と4がセットです。

TerraMaster D4-310本体右側面

左側面にはシールが貼られています。
内容はディスクグループ(RAID)の作成方法。

簡単に説明すると、背面側のモード切り替えダイアルをマイナスドライバーで回し、リセットスイッチを5秒押す、その後にディスクをフォーマットしてねという内容です。

※フォーマットはディスクの管理から行います。(Windowsの場合)

TerraMaster D4-310本体左側面

右側面にはロゴがあるだけ。

TerraMaster D4-310本体背面

背面にはファンが2つあります。

TerraMaster D4-310本体背面の右側アップ

背面右側の様子。
上からUSB3.0 x2、モード切り替えダイアル + リセットスイッチ 2組、USB Type-C、電源プラグ挿入口となります。

TerraMaster D4-310のトレイ表側

トレイの素材はプラスチックです。
左下にトレイ番号を示すシールが張ってあります。

TerraMaster D4-310のトレイ裏側

トレイ裏面の様子。
2.5インチ用のねじ取付位置が明示されています。

TerraMaster D4-310のトレイに2.5インチSSDを取り付けた様子

2.5インチSSDをトレイに取り付けた様子。

TerraMaster D4-310本体内部の様子

TerraMaster D4-310の内部の様子です。

速度計測(ベンチマークテスト)

SanDisk SSD Extreme PRO 960GBを使って、テストを行いました。

テストの内容は下記。

テスト1
CrystalDiskMark5.2.1でベンチマークテスト(1GiB x3)を行い、D4-310(USB3.0接続)とPC直付け(SATA3接続)で速度を比較します。
テスト2
12.1GBの動画ファイルをD4-310から別のSSDへコピーし、その所要時間を比較します。

テスト1の結果

TerraMaster D4-310でベンチマークを取った結果(CrystalDiskMark)

左がD4-310経由、右がPC直付けのベンチマーク結果です。
USB3.0対応なので、ここらへんが限界なのだと思います。

テスト2の結果

D4-310経由32秒
PC直付け27秒

テスト1で出た少しの差が、そのまま反映される形となりました。

良いところ

十分速い
高速なSSDを使うなら少しボトルネックになりますが、HDDを使う分には全く問題ないスピードです。
ファンが静か
大きめのファンが搭載されていて、ゆるゆると回っているので静かです。
また、PCケースに入れている時よりも動作温度が低いので、冷却性能も十分です。
LEDが控えめ
外付けHDDケースで、これでもかとLEDが光るものもありますが、D4-310は全然気にならないレベルです。
最大で32TB搭載可能
8TB x4を積めるので、大抵のニーズに応えられるでしょう。
※メーカーの人に確認したところ、40TB(10TB x4)でも動くそうです
2年保証である
他社製のものだと1年以下の場合もあるので、安心感はありますね。

残念なところ

製品として気になる大きな欠点はありませんでした。

ただ、マニュアルやウェブサイトの日本語は微妙です。
理解できないということはないですが、機械翻訳レベルで分かりにくい箇所もあります。

せっかく日本語表示するのであれば、もう少し精度を上げたり、日本語向けフォントを使用して欲しいですね。

まぁ、今後に期待といったところでしょう。

※マニュアルはメーカー製品情報ページの下部にあるインストールガイド、もしくはダウンロードセンターのリンクからダウンロードできます

思ったこととか

これまで2ベイタイプの外付けHDDケースでRAID1を組んで利用しており、満足していたのですが、4ベイの方が使いやすいかなと感じています。

普段使っている分には2ベイタイプでも問題ないのですが、容量が足りなくなって、交換しようと思った時に面倒くさいです。

2ベイタイプでRAIDを組んでいる場合、一回別のところにコピーして、HDDを交換、データを書き戻す形になるので、移行の手間がかかるんですよね。

これが4ベイタイプで、2ベイのみ使っていたのであれば、新しいHDDを入れてデータを直接コピーするだけで済みます。

2ベイタイプの外付けHDDケースを買おうかと考えている人は、最初から大容量のHDDを買うか、4ベイタイプにして2ベイを余らせておくと、あとあと楽になるかと思います。

スポンサーリンク

お役に立ちましたら、シェアをお願いします

プロフィール

九荻 新のプロフィール画像

名前:九荻 新(くおぎ あらた)
埼玉県在住のブロガー。
1983年11月30日生まれ。

趣味は自作PC。
30歳を過ぎて、手の脂が減り、
ビニール袋を開けられなくなった。
詳しいプロフィール

サイト内検索