Mini-STXベースの小型ベアボーン MSI Cubi 2 Plusのレビュー

MSI Cubi 2 Plus本体の俯瞰

MSI Cubi 2 Plusのレビューをします。

同製品は小型(155.3×147.9×62.2mm)ながら、Skylake-Sプロセッサを搭載したパワフルなベアボーンPCです。

特徴としては4K出力、デュアルディスプレイ対応、VESAマウント対応などが挙げられます。

まずはスペックを確認してみましょう。

型番Cubi 2 Plus-009BJP-B3610TXX
OSなし
チップセットIntel H110
CPUIntel Core i3-6100T 3.2GHz 2コア4スレッド
グラフィックIntel HD Graphics 530
メモリタイプSO-DIMM DDR4 2133HMz 最大32GB
メモリスロットx2
ストレージM.2 SSD x1(PCIe Gen3 x2のみ)
2.5インチ SATA HDD or SSD x1
LANIntel I219V Ethernet LAN 10/100/1000
無線LAN / BluetoothIntel Wireless-AC 3165 + Bluetooth 4.0
オーディオRealtek ALC283
インターフェース(トップ)USB 2.0 x1 (スーパーチャージャー付き)
インターフェース(フロント)マイク/オーディオジャック x1
USB 2.0 x3
USB 3.1 Gen1 Type-C x1
カードリーダー x1
インターフェース(リア)HDMI x1
DisplayPort x1
RJ45 x1
USB3.1 Gen1 x2
Kensington Lock対応
ACアダプタ90W
サイズ155.3mm(W)*147.9mm(D)*62.2mm(H)
重量1400g
保証1年

メーカー製品情報ページ
代理店製品情報ページ

※この記事はベアボーン本体と検証機材(メモリ、SSD)をお借りして、執筆しています

スポンサーリンク

MSI Cubi 2 Plusのレビュー

MSI Cubi 2 Plusのパッケージ

パッケージの様子。

MSI Cubi 2 Plusの製品内容(付属品)

製品内容(付属品)は下記。

  • ベアボーン本体
  • ユーザーガイド
  • 組立説明書
  • 保証関連の冊子
  • VESAマウント用のプレート
  • ねじ類
  • SATA用ケーブル
  • ACアダプター + ケーブル

MSI Cubi 2 Plus本体の俯瞰

本体を上から見た様子。
左側に電源ボタン、右側の台形部分はゴムを外すとUSB 2.0端子が現れます。

MSI Cubi 2 Plus本体前面の様子

本体前面の様子。
左側にはマイク・ヘッドホン端子、USB 2.0端子 x3、USB 3.1 Type-C端子。
右側にはカードリーダーとディスクアクセスランプがあります。

MSI Cubi 2 Plus本体側面の様子

本体側面の様子。
左右側面は放熱用のスリットがあるだけです。

MSI Cubi 2 Plus本体背面の様子

本体背面の様子。
左からケンジントンロック、電源入力端子、DisplayPort、HDMI、LAN、USB 3.1 x2があります。

MSI Cubi 2 Plus本体内部の様子

本体内部の様子。
CPUクーラーはファン有りです。

ここでさわるとしたら、メモリスロットとM.2端子ぐらいしかありません。
SATAの2.5インチドライブは、右側部分をひっくり返して、フタ(カバー)を外したところに取り付けます。

ベンチマーク

MSI Cubi 2 Plus(Core i3-6100T 2C4T 3.2GHz)と手持ちのIntel NUC NUC5i3RYH(Core i3-5010U 2C4T 2.1GHz)で、性能を比較しました。

行ったベンチマークは、CPU性能を計測するCinebench、ゲーム性能を計測するドラゴンクエスト Xの2つです。

Cinebenchの結果
スコア
MSI Cubi 2 Plus346cb
Intel NUC NUC5i3RYH213cb

コアが1世代違うこと、クロックに差があることが、順当に現れた結果となりました。

ドラゴンクエスト Xの結果
スコア
MSI Cubi 2 Plus5040(快適)
Intel NUC NUC5i3RYH3230(普通)

1920 x 1080の標準画質設定でベンチマークを取った結果です。
思っていた以上に差が出ましたし、何よりフルHDでも快適に動くということに驚きました。

良いところ

低消費電力である
アイドル時で12W前後、ロード時(Cinebench)でも36W前後と、消費電力はかなり抑えられています。

ゲーム時はもう少し上がりますが、ゲーミングデスクトップPCのそれに比べたら微々たるものです。
小型である
Intel NUCよりは大きいものの、ベアボーンとしては十分小さいです。
机の上に置いていても邪魔になりません。
VESAマウント対応なので、いざという時はモニター裏に設置することもできます。

Intel NUC NUC5i3RYHとMSI Cubi 2 Plusを並べた様子(俯瞰)
Intel NUC NUC5i3RYHとMSI Cubi 2 Plusを並べた様子(前面)
パワフルな性能
SSDを搭載すれば、ネット閲覧やオフィス作業などの一般用途は快適です。
また、ベンチマークの結果からは、重いゲームでなければ動作することが読み取れます。
インターフェイスが豊富
小さいPCはインターフェイスが削られがちですが、同製品は違います。
USBポートはまず足りるでしょうし、デュアルディスプレイも可能です。
ついでに言えばカードリーダーも付いているので、後から増設する必要がありません。
CPU交換が可能
冷却面の問題があるので、選択肢は限られるでしょうが、CPUの交換が可能です。
付属の説明書には、CPUの取付方法が記載されています。

メーカーページの表記から察するに、TDP 35WのSkylake-Sならi5やi7も搭載できるみたいです。
※CPU対応表がないので保証はしませんが

注)CPU交換は保証範囲外となります

残念なところ

M.2 SSDがPCIe Gen3 x2
最新のM.2 SSDはGen3 x4のものが多いので、選択肢が少ないです。
x4との体感差はあまりないかもしれませんが、ベンチマークが好きな人間としてはもったいなく感じます。
アクセスランプが少しまぶしい
フロントのディスクアクセスランプがチカチカするのが、少し気になりました。
保証が短め
1年保証は短いかなと思います。
Intel NUC並の3年保証とは言いませんが、せめて1年半~2年ぐらいにして欲しいです。

補足

同製品はベアボーンキットなので、別途メモリ(SO-DIMM)、SSD or HDD、OSが必要となります。

下記画像のメモリ(Kingston HX421S13IBK2/16)とSSD(Kingston SHFS37A/120G)は、今回お借りした検証機材です

Kingston HX421S13IBK2/16とKingston SHFS37A/120Gを並べた様子(検証機材)

組み立ての難易度について

自作PCの経験がある方なら、楽勝です。
下記のコネクタ(SATA用ケーブルのベアボーン側)のように見慣れないものもありますが、向きを合わせて押すだけで接続できるので、安心してください。

MSI Cubi 2 PlusのSATA用ケーブル(ベアボーン側のコネクタ)

ストレージ(SSD or HDD)とメモリを接続するだけなので、自作PCの経験が無い方でも時間をかければ問題ないでしょう。

大事なのはメモリやSATAコネクタの向きを確認すること、ベアボーンの規格に適合した製品を買うことぐらいです。

思ったこととか

動画エンコードや最新の3Dゲームをバリバリやりたいといった用途には向きませんが、それ以外の用途であれば、十分に活躍できます。

本体にSSD 120GB + メモリ16GB + Windows 10 Homeを付けても、10万円以内に収まるのはイイですね。

既に液晶モニターを持っている方であれば、メイン機としても、サブ機としても、良い選択肢になるのではないかと思います。

スポンサーリンク

お役に立ちましたら、シェアをお願いします

プロフィール

九荻 新のプロフィール画像

名前:九荻 新(くおぎ あらた)
埼玉県在住のブロガー。
1983年11月30日生まれ。

趣味は自作PC。
30歳を過ぎて、手の脂が減り、
ビニール袋を開けられなくなった。
詳しいプロフィール

サイト内検索