ギガビット 無線LANルーター TP-Link Archer C7 (AC1750)のレビュー

TP-Link Archer C7 (AC1750)本体にアンテナを取り付けた様子

TP-Link Archer C7 (AC1750)のレビューをします。

同製品は、802.11ac対応の無線LANルーターで、デュアルバンドや手頃な価格であることが特徴です。

TP-Link Archer C7 (AC1750)のスペック
無線LANIEEE802.11a/b/g/n/ac対応
最大1300Mbps + 450Mbps
インターフェイス10/100/1000Mbps x 1ポート(WAN)
10/100/1000Mbps x 4ポート(LAN)
USB2.0 x 2ポート
IPv6対応
サイズ243 x 160.6 x 32.5mm
保証3年

メーカー製品情報ページ

スポンサーリンク

ギガビット 無線LANルーター TP-Link Archer C7 (AC1750)のレビュー

TP-Link Archer C7 (AC1750)のパッケージ表側

パッケージ表側の様子。
推奨利用環境は、3階建ての戸建て、4LDKのマンション、人数は8人となっています。

TP-Link Archer C7 (AC1750)のパッケージ裏側

パッケージ裏側には、機能やインターフェイスの紹介、C9,C7,C5,C2のスペック比較が記載されています。

TP-Link Archer C7 (AC1750)の製品内容(付属品)

製品内容(付属品)は下記。

  • ルーター本体
  • 保証書
  • クイックインストールガイド
  • ACアダプター
  • アンテナ x3
  • LANケーブル
TP-Link Archer C7 (AC1750)の本体前面

本体前面のアイコン部分は、稼働中に緑で光ります。

TP-Link Archer C7 (AC1750)の本体背面

本体背面の様子。
左から電源差込口、電源ボタン、ワイヤレスON・OFFスイッチ、USB2.0、インジケータ、USB2.0、WAN、LAN x4となっています。

TP-Link Archer C7 (AC1750)の本体裏面

裏面には、デフォルトユーザー名・パスワード名・ネットワーク名などが記載されています。

赤枠部分は壁掛け用のくぼみです。

TP-Link Archer C7 (AC1750)本体にアンテナを取り付けた様子

本体にアンテナを取り付けた様子。

良いところ

速度はまぁまぁ速い
上位モデルのArcher C3150よりは遅いものの、4LDKの我が家では十分な速度です。
設置場所から一番遠い玄関でも200Mbps強出ました。
※Wi-Fiの速度計測にはCloudcheckというアプリを使用
値段が手頃
注文時の価格は7,963円で、普通の人も手が出しやすい価格となっています。
3年保証である
保証期間をウェブサイトにはっきりと掲載しないメーカーに比べると好印象です。
もちろん、故障率とは別ですが。

残念なところ

やや大きい
NECや他社のルーターに比べると、本体サイズは大きめです。
※大きい分、放熱効果は高いようで、本体を触ってもぬるい程度なのは安心感はあります
ACアダプターの向きが残念
ACアダプター本体が細いのは良いのですが、ピンの向きが残念なせいで、となりのコンセントと干渉しがちです。

複数口の電源タップを使う場合は、一番端にしか挿せないパターンが多いでしょう。

思ったこととか

Archer C3150からダウングレードしてみましたが、我が家の大きさや人数だとArcher C7でも十分なようです。

スペック的に物足りない部分もありますが、そこは値段なりということで、あきらめるほかないと考えています。

個人的には、フラッグシップのArcher C5400も使ってみたいのですが、結構いいお値段なので、試せる日がくるかはわかりません。

真ん中からビームが出そうなデザインが、どうしても気になるんですよね。
部屋におくと、どんな感じになるかが知りたいです。

そこだけ宇宙っぽい感じになるんですかね?
それとも意外に馴染むのでしょうか?

TP-Link製品の関連記事

スポンサーリンク