UHS-II対応SD・microSD・CF・MSカードリーダー Transcend RDF9のレビュー

Transcend RDF9のパッケージ ハードウェア

Transcend RDF9のレビューをします。

同製品は、UHS-II対応SD・microSD・CF・MSカードリーダーで、接続規格はUSB 3.1/3.0です。

購入時の価格は2,780円でした。

Transcend RDF9のスペック
サイズ 67.6mm x 45mm x 15.2mm
接続インターフェイス USB 3.1 Gen 1 / USB 3.0
対応カード SDXC (UHS-I/II), SDHC (UHS-I/II), microSDXC (UHS-I),
microSDHC (UHS-I), MS (MSXC),
CompactFlash (UDMA6/UDMA7)
最大読込 260MB/s
最大書込 190MB/s
保証 2年

メーカー製品情報ページ

スポンサーリンク

UHS-II対応SD・microSD・CF・MSカードリーダー Transcend RDF9のレビュー

Transcend RDF9のパッケージ

パッケージの様子。
スペックや対応カードが記載されています。

Transcend RDF9の製品内容

製品内容は下記。

  • 本体
  • USBケーブル
  • 冊子
Transcend RDF9本体前面

前面には、microSD、SD、CFの差込口があります。

Transcend RDF9本体背面

背面には、MSの差込口とUSBケーブルの接続口があります

長所

コンパクトである
本体サイズは67.6mm x 45mm x 15.2mmで、ケーブルも短め(約40cm)なので、たばねておけば持ち運びも楽々できます。
まぁまぁ安い
現時点で3,000円以内で購入できるのはありがたいです。
今後、UHS-II対応カードリーダーが増えていけば、値段はもっとこなれていくでしょう。

短所

パッケージが開けにくい
プラスチックにミシン目は入っているのですが、その線どおりに開けるのは難しいです。
わたしはパッケージをキレイに開けたいタチなので、少しイラッとしました。
ケーブルの取り回しが悪い
太めなケーブルが採用されているせいか、取り回しはよくありません。

思ったこととか

これからUHS-II対応のSDカードは増えるだろうと見込んで、RDF9を今回購入しました。

前に使っていたカードリーダーは、PCでの認識が甘くなったので、同製品は長くもって欲しいです。

できれば、次の規格が普及するぐらいまでと思っているのですが、さすがにそれは高望みでしょうかね?

Adobe CCが29,800円

2019年2月に価格改定が行われるAdobe Creative Cloudですが、実は29,800円で購入・更新する方法があります。

方法はいたって簡単でたのまなのオンライン通信講座(Adobe Creative Cloud 12ヶ月版が付属)を申し込むだけ。

詳しい申込み方法や仕組みについては下記記事で紹介しているので、そちらをご覧ください。

価格改定前にAdobe Creative Cloudを29,800円で購入・更新しよう

Amazonビジネスをチェック

Amazonビジネスは法人・個人事業主向けのビジネス購買専門サイトです。

主な特徴は下記。

  • 無料で登録できる
  • 法人・個人事業主向けの特別価格がある
  • 数量割引がある
  • 法人向けクレジットカードや請求書払いにも対応
  • 購買データの取得・レポートで履歴を管理・分析でき、帳簿作成や経費処理の手間を削減可能

Amazonビジネスの概要ページでは導入事例やよくある質問が掲載されています。
法人・個人事業主の方はぜひご覧ください。

スポンサーリンク