TITAN X (Pascal)・GTX 1080 Ti向け簡易水冷化キット EVGA 400-HY-5388-B1のレビュー

EVGA GTX 1080 Ti FEに400-HY-5388-B1-02を取り付けた様子

TITAN X (Pascal)・GTX 1080 Ti向け簡易水冷化キット EVGA 400-HY-5388-B1のレビューをします。

お持ちのGTX 1080 Ti Founders Editionが熱くて困っている、夏が不安だという方はぜひチェックしていってください。

スポンサーリンク

EVGA 400-HY-5388-B1のレビュー

EVGA 400-HY-5388-B1のパッケージ

パッケージの様子。

EVGA 400-HY-5388-B1の製品内容(付属品)

製品内容(付属品)は下記。

  • シュラウド(カバー)
  • ヒートシンク+ファン
  • ラジエーター+ファン+ヘッド
  • マニュアル
  • ネジ類
EVGA 400-HY-5388-B1のシュラウド表側

シュラウド表側の様子。

EVGA 400-HY-5388-B1のシュラウド裏側

シュラウドの裏側はかなり安っぽいです。

EVGA 400-HY-5388-B1のヒートシンク表側

ヒートシンク表側の様子。
同製品ではシロッコファンが採用されています。

EVGA 400-HY-5388-B1のヒートシンク裏側

ヒートシンク裏側はサーマルパッドだらけです。
取り付ける際は、全ての剥離シートを取らなければなりません。

EVGA 400-HY-5388-B1のラジエーター

ラジエーターはAsetek製です。

EVGA 400-HY-5388-B1の水冷ヘッド

ヘッドにはあらかじめグリスが塗られています。

EVGA 400-HY-5388-B1のマニュアル

マニュアルは、画像付きで取付手順が記載されています。
ただし、GTX 1080/1070向けHybridキットの使い回しです。

EVGA GTX 1080 Ti FEに400-HY-5388-B1-02を取り付けた様子

EVGA GTX 1080 Ti FEに400-HY-5388-B1-02を取り付けた様子。

ベンチマーク結果

取付前と取付後で、温度やベンチマークスコア(Heaven Benchamark Extreme)などを比較しました。

取付前(FE)取付後(Hybrid)
アイドル時温度40℃30℃
ベンチマーク時温度84℃45℃
最大クロック1822MHz1873MHz
ベンチマークスコア43804631

※室温は28.5℃

良いところ

よく冷える
Founders Editionの時に比べると、断然冷えます。
ベンチマーク時で30℃以上違うので、夏も安心です。
ベンチマークスコアが上がる
FEの時は熱の問題で、すぐにクロックダウン(1600MHz台)していましたが、簡易水冷化後は高いクロック(1800MHz台)が維持される為、ベンチマーク結果が良くなりました。

※クロックの上下動が全くなくなる訳ではありません

残念なところ

デフォルトでは結構うるさい
何も設定しない状態だと、かなりの回転数でファンが回るのでうるさいです。
静かに運用する為には、PrecisionX OCなどのツールで、ファンカーブを調整する必要があります。
マニュアルが少し雑
懇切丁寧に解説されたマニュアルではないので、よく読んだ上で脳内補完をしてあげないといけません。

取り付けについて

パッケージの開封から、取付・設置完了までに1時間半~2時間程度かかりました。
時間に余裕を持って作業することをオススメします。

注)分解・取付作業には精密ドライバーセットが必須です。

EVGA 400-HY-5388-B1の取り付けに使った精密ドライバーセット

購入について

2017年5月20日時点では、amazon.com(アメリカ)で取り扱われていない為、わたしはB&Hで購入しました。

購入手順については、別記事にまとめてあるので、そちらをご覧ください。
EVGA製品をB&Hで購入・個人輸入する方法

思ったこととか

すでにGTX 1080 Ti Founders Editionなどを所持していて、熱問題をどうにかしたいということであれば、400-HY-5388-B1を購入するのも有りだと思います。

ただ、取り付けや処分(オークションとか)の際に手間がかかるので、面倒ではあります。

これからGTX 1080 Tiを買うのであれば、SC2 HYBRID(簡易水冷モデル)か、オリジナルファンモデル(空冷)がオススメです。

EVGA関連の主要記事

スポンサーリンク