Adobe CCが39,980円

Pixio PX277 Prime(PX277P)のレビュー!IPS,165Hz,WQHDなゲーミングモニター

Pixio PX277 Prime(PX277P)を正面から見た様子

九荻 新

Pixio PX277 Prime(PX277P)はIPS,165Hz,WQHDとゲーマーの求める機能が詰まっていながら、4万円を切る価格設定が特徴のゲーミングモニターです。

記事では外観と付属品のチェック、OSDメニューや注意点の紹介などを行っていきます。
Pixio PX277 Primeのスペック
パネル種類(視野角)IPS(178°/178°)、Innolux製
パネルサイズ27インチ
サイズ(スタンドを含む)616 x 464.8 x 251.8mm
解像度2560 x 1440px @165Hz(16:9)
応答速度1ms(MPRT)
明るさ350cd/㎟
コントラスト比1000:1
AMD FreeSync対応
入力端子DisplayPort 1.2(165Hz),
HDMI 2.0(144Hz) x2
HDR対応(HDMI)
スタンドチルト対応
型番PX277P
保証3年間(一部パーツは2年間)

メーカー公式サイト

※この記事は製品をご提供いただき、執筆しています

PX277 Prime(PX277P)の外観と付属品

Pixio PX277 Prime(PX277P)のパッケージ

PX277 Primeパッケージサイズは71 x 17 x 54cm。
27インチなので結構大きめです。

Pixio PX277 Prime(PX277P)のパッケージにある取っ手

サイズは大きめですが、上部に取っ手が付いているので持ち運びしやすくなっています。

Pixio PX277 Prime(PX277P)のパッケージを開封した様子

パッケージを開封した様子。
緩衝材の側面には付属品が収まっているので、引き出す時は横倒しにしましょう。

Pixio PX277 Prime(PX277P)の付属品が収まっている様子

付属品が収まっている様子。

Pixio PX277 Prime(PX277P)本体が緩衝材に収まっている様子

緩衝材を取り外すとモニター本体が現れます。

モニター表面は袋型の保護材、スタンド側はプチプチで保護されているので傷が付くようなことはありません。

Pixio PX277 Prime(PX277P)の付属品

付属品は下記。

  • 台座
  • 台座固定用ねじ 2本
  • DisplayPortケーブル(DP1.2,1.5m)
  • 電源ケーブル
  • ACアダプター

Pixio PX277 Prime(PX277P)に台座を取り付ける様子

台座はスタンドにはめて、ねじを固定するだけです。
プラスドライバーは別途用意してください。

モニター本体を緩衝材に入れたままの状態で作業可能なので、初めに取り付けることをオススメします。

Pixio PX277 Prime(PX277P)の台座裏にある滑り止め

台座裏側は3か所に滑り止めゴムが付いています。

Pixio PX277 Prime(PX277P)を正面から見た様子

PX277 Primeを正面から撮った様子。

机からベゼル下側まで(高さ)は約10cmです。

Pixio PX277 Prime(PX277P)のベゼルにあるロゴマーク

これまでのPixio製品では本体左下側にモデル番号(PX5 HAYABUSA2など)が入っていましたが、同製品では中央下にロゴがあるだけです。

Pixio PX277 Prime(PX277P)の左上の表示領域を撮った様子

本体左上の液晶表示領域の様子。
上と左右は約6mm内側です。

Pixio PX277 Prime(PX277P)の左下の表示領域を撮った様子

本体左下の様子。
下側は約3mm内側に表示される形です。

Pixio PX277 Prime(PX277P)を真上から撮った様子

本体を真上から撮った様子。
台座の奥行きは約25.2cm(251.8mm)で、モニター前面から8.5cmほど手前に脚が飛び出します。

Pixio PX277 Prime(PX277P)の背面の様子

本体背面の様子。

Pixio PX277 Prime(PX277P)の背面にある排気口

背面上部のスリットは排気用です。

背面側上部は熱くなりませんが、下部のOSD操作スティック辺りはぬるくなります。

Pixio PX277 Prime(PX277P)背面のOSD操作スティック

背面左下には電源ボタン兼OSD操作スティックとスリットがあります。

スティックを軽く押し込むと電源ON、長押しすると電源OFFです。

電源が入っている状態で押し込むとOSD表示、上下左右で移動、右に倒すと選択・決定、左に倒すと戻る形になります。

Pixio PX277 Prime(PX277P)のケンジントンロック

背面右下にはいわゆるケンジントンロックがあります。
こちらは盗難防止のためにワイヤーを接続するためのものです。

Pixio PX277 Prime(PX277P)の端子類

背面中央の下側には端子類があります。
左から電源端子、HDMI2.0 x2、DisplayPort 1.2、イヤホン端子です。

Pixio PX277 Prime(PX277P)の端子近くに貼られた説明シール

入力端子下に書いてありますが、HDMI端子の場合は144Hz動作となります。

165Hzで使用したい場合はDisplayPort一択です。

Pixio PX277 Prime(PX277P)に電源・DisplayPortケーブルを接続した様子

本体に電源ケーブルとDisplayPortケーブルを接続した様子。
ケーブルマネージメント用の穴などはありません。

付属のDisplayPortケーブルはラッチ付きなので、抜く時はボタンを押し続ける必要があります。

Pixio PX277 Prime(PX277P)の机に設置した様子

PX277 Primeを幅140cm x 奥行75cmの机に設置した様子。

台座の奥行が約25.2cmあるので、キーボード(約14cm)を置くのであれば、机の奥行は最低でも45cmぐらいは欲しいところです。

机の奥行が足りなければ、キーボードスライダーを使うのもありでしょう。

スタンドの機能と角度調整

九荻 新

PX277 Primeはチルト(上向き/下向き)のみ対応です。
スイーベル(左向き/右向き)やピボット(90°回転)、高さ調節には対応していません。

柔軟に調整を行いたい場合はモニターアームや汎用スタンドを使用する必要があります。

Pixio PX277 Prime(PX277P)を側面から見た様子(垂直)

本体を側面から見た様子。

Pixio PX277 Prime(PX277P)を側面から見た様子(上向き)

最大限上向きにした様子。

Pixio PX277 Prime(PX277P)を側面から見た様子(下向き)

最大限下向きにした様子。

モニターアームや汎用スタンドを使うには

Pixio PX277 Prime(PX277P)の説明書(台紙)

付属の台紙にスタンドの取り外し方は図解されていますが、もう少し詳しく解説していきます。

Pixio PX277 Prime(PX277P)のスタンドが固定されている様子

本体背面のスタンド固定部の様子。

Pixio PX277 Prime(PX277P)の背面にあるスタンド取り外しレバー

スタンドとモニター背面の間にあるレバー(赤枠部分)を押し上げると、簡単に取り外せます。

Pixio PX277 Prime(PX277P)からスタンドを取り外した様子

本体からスタンドを取り外した様子。
あとはVESA100x100mm用のねじ穴にアームや汎用スタンドを固定するだけです。

Pixio PX277 Prime(PX277P)に汎用スタンドを取り付けた様子

Amazonベーシック モニタースタンドを使用するとかなり低くすることも可能です。

ただ、対応サイズが24インチまでなのでピボットは行なえません。
重さは対応範囲内(~7.3kg)です。

より細かく調整したい方にはモニターアームをオススメします。

視野角について

九荻 新

PX277 PrimeはIPSパネル採用+視野角178°/178°なので、TNパネルのような色変化を感じることはありません。
とても快適です。

Pixio PX277 Prime(PX277P)の視野角チェック(正面)

本体を正面から見た様子。

Pixio PX277 Prime(PX277P)の視野角チェック(斜め上)

斜め上から見た様子。

Pixio PX277 Prime(PX277P)の視野角チェック(斜め左)

斜め左から見た様子。

Pixio PX277 Prime(PX277P)の視野角チェック(斜め右)

斜め右から見た様子。

Pixio PX277 Prime(PX277P)の視野角チェック(斜め下)

斜め下から見上げた様子。

応答速度について

九荻 新

PX277 Primeの応答速度は最小で1msです。
わたしがPUBG、Overwatch、Apex Legendsをプレイした限り、残像を感じるようなことはありませんでした。

デフォルトではOverdriveがLowに設定されているので、まずそれを試してみて不満ならMiddleやHighに変更するのが良いでしょう。

MPRTをOnにすると画面がかなり暗くなるので、ゲームによってはプレイしにくくなるかもしれません。

OSDメニューと設定

九荻 新

OSDメニューは電源オンの状態でスティックを押し込むと表示されます。
PC初心者の方は基本初期設定のまま、あとは明るさの変更やFreeSyncの有効化などを行えばOKです。

Pixio PX277 Prime(PX277P)のOSDメニュー(Display)

OSDのDisplayでは明るさやコントラストなどを変更できます。

Pixio PX277 Prime(PX277P)のOSDメニュー(Color)

Colorでは色温度やブルーライトカットなどの変更を行えます。

Pixio PX277 Prime(PX277P)のOSDメニュー(Gaming Setup)

Gaming SetupではFreeSyncやOverdriveの設定が可能です。

Game Assistではタイマー/クロスヘアー/FPSカウンターの表示・非表示を切り替えられます。

Pixio PX277 Prime(PX277P)のOSDメニュー(Input)

Inputでは使用する入力端子を選択できます。
接続しているPCが1台であればAuto Selectで問題ありません。

Pixio PX277 Prime(PX277P)のOSDメニュー(System Setup)

System SetupではOSDメニューの言語変更やリセット(初期化)を行えます。

Pixio PX277 Prime(PX277P)のOSDメニュー(User Data)

User Dataでは自分好みの設定をセーブ・ロードできます。

G-SYNC Compatibleの設定

九荻 新

PX277 PrimeはFreeSync対応なので、NVIDIAのビデオカード(GPU)とDisplayPortで接続すればG-SYNC Compatibleを使用できます。

認定モデルではないものの、試した限りでは問題は発生しませんでした。

1.OSDメニュー>ゲーミング設定>FreeSyncをOnに変更する

2.NVIDIAコントロールパネルを起動>G-SYNCの設定>Pixio PX277Pを選択>選択したディスプレイ モデルの設定を有効化にチェック>適用をクリック。

Pixio PX277 Prime(PX277P)にG-SYNC Compatibleを設定する様子

これでG-SYNC Compatibleが利用可能になります。

解像度とGPU負荷について

九荻 新

PX277 PrimeはWQHD(2560x1440px)なので、フルHD(1920x1080px)よりもGPU負荷が大きいです。

同じビデオカード/グラフィック設定でも、解像度をWQHDに変更しただけで20~30fpsぐらい下がることがあります。

グラフィック設定を落とせば、フルHDの時と同じぐらいのfpsを出すことは可能ですが、当然画質は落ちる一方です。

色々なゲームを高画質で快適にプレイしたい方は、RTX 2070 SUPER以上のビデオカードをオススメします。

次世代のRTX 3070以上を狙うのも有りです。
※RTX 3070は2080 Ti超えの性能で2020年10発売予定

文字の大きさについて

九荻 新

一般的にモニターが大きくなると文字表示も大きくなりますが、それは解像度が同じ場合だけです。

例えば、23.8インチ フルHD(1920×1080)のPX247から27インチ WQHD(2560×1440)のPX277 Primeに乗り換えた場合、文字は少し小さくなります。

27インチ4K解像度とは違って、等倍表示(100%)で常用することは可能ですが、老眼の方は気になるかもしれません。

小さい文字が辛いという人は32インチ WQHDのPX329を選択肢に入れても良いでしょう。
Pixio PX329をモニターアームを使って設置した様子 Pixio PX329をレビュー!31.5インチWQHDのゲーミングモニター

レビューまとめ

九荻 新

PX277 Primeのように27インチだとゲームに迫力が出ますし、WQHDは高精細でキレイです。

もちろんFPSゲームもいけますが、どちらかというとWitcher3やデス・ストランディングのように高画質を体感できるゲームをする方にオススメしたいモニターになります。

2020/09/10現在、Amazon2,000円OFFクーポンが利用できるので買うなら今がお得です。
Pixio PX5 HAYABUSA2本体正面(一番低くした状態) Pixio製ゲーミングモニターの特徴とレビューまとめ