LenovoのPCを学割価格で購入しよう!

Pixio PX259 Primeのレビュー!280Hz対応のゲーミングモニター

Pixio PX259 Prime本体正面

九荻 新

Pixio PX259 Primeのレビューをします。

同製品はフルHD+280Hzのゲーミングモニターで、かなり価格が安いことが特徴です。

場合によっては240Hzの他社製品より安いこともあります。
Pixio PX259 Primeのスペック
パネル種類(視野角)IPS(178°/178°)、AUO製
パネルサイズ24.5インチ
サイズ(スタンドを含む)558.3 x 419.7 x 180mm
解像度1920 x 1080px @280Hz(16:9)
応答速度1ms(GTG)
明るさ350nits
コントラスト比1000:1
AMD FreeSync Premium対応
入力端子DisplayPort 1.2(280Hz) x2,
HDMI 2.0(240Hz) x2
HDR対応
スタンドチルト対応
型番PX259P
保証3年間(パネルとメイン基板を除く)

メーカー公式サイト

※この記事は製品をご提供いただき、執筆しています

Pixio PX259 Primeの外観と付属品

Pixio PX259 Primeのパッケージ

PX259 Primeのパッケージは17.5 x 66.0 x 42.1cmで取っ手付きです。

Pixio PX259 Primeのパッケージを開封した様子

パッケージを開封すると付属品が収まっています。

Pixio PX259 Primeのパッケージにモニターと取扱説明書が収まっている様子

パッケージに本体と取扱説明書(台紙)が収まっている様子。

Pixio PX259 Primeの付属品一覧

付属品は下記。

  • 取扱説明書
  • スタンド
  • 台座
  • 電源ケーブル
  • 電源アダプター
  • DisplayPortケーブル

梱包材にPixio PX259 Prime本体が収まっている様子

梱包材にモニター本体が収まっている様子。

Pixio PX259 Primeの背面

本体背面の様子。

右上から斜めに配置されているスリットの上にある白い部分はLEDで、動作中は光ります。

Pixio PX259 PrimeのVESA用ネジ穴

背面中央にあるVESA用のネジ穴は75mmピッチです。
モニターアームや汎用スタンドを使う場合は対応しているか確認してください。

Pixio PX259 Primeのスタンド取り付け部分

VESAのネジ穴の下にはスタンドを取り付ける場所があります。

Pixio PX259 Primeのスピーカー

背面下部の左右にはスピーカーが設置されています。

Pixio PX259 Primeの端子類

背面の右方向には端子類があります。

左から電源端子、DisplayPort 1.2(280Hz)、HDMI2.0(240Hz) x2、DisplayPort 1.2(280Hz)、イヤホン端子という配置です。

右下にあるのは盗難防止用の鍵を接続する穴になります。

Pixio PX259 Primeのスタンド+台座の取り付け方01

台座とスタンドは赤枠部分のツメで固定します。
画像の状態から押し込んでください。

Pixio PX259 Primeのスタンド+台座の取り付け方02

赤枠部分のツメが見えなくなったら固定完了です。
※ネジはありません

Pixio PX259 Primeにスタンドを取り付ける様子

スタンドの金属部分を本体に当ててスライドすれば、固定されます。
※こちらもネジはありません

取り外す時は奥にあるレバーを押し込んで、逆にスライドさせればOKです。

Pixio PX259 Prime本体正面

本体を正面から見た様子。
右下には電源ボタンとOSD操作ボタンがあります。

Pixio PX259 Primeの操作ボタン

一番右が電源オン・オフ、Mがメニューと決定、◀▶で移動、Eで戻る操作を行えます。

Pixio PX259 Primeを横から見た様子

本体を横から見た様子。

Pixio PX259 Primeを横から見た様子(上向き)

最大限上向きにした様子。

Pixio PX259 Primeを横から見た様子(下向き)

最大限下向きにした様子。

Pixio PX259 Primeを机に設置した様子

幅140cm x 奥行75cmの机に設置した様子。
机の表面からフレーム下側までの長さは約9.4cmです。

視野角と表示領域

九荻 新

PX259 PrimeはIPSパネルなので視野角に問題はありません。

Pixio PX259 Primeの視野角チェック(正面)

正面から見た様子。

※右下のボタンの所にはLEDがあり、動作中は青く光ります

Pixio PX259 Primeの視野角チェック(斜め上)

斜め上から見た様子。

Pixio PX259 Primeの視野角チェック(斜め下)

斜め下から見た様子。

Pixio PX259 Primeの視野角チェック(斜め左)

斜め左から見た様子。

Pixio PX259 Primeの視野角チェック(斜め右)

斜め右から見た様子。

Pixio PX259 Primeのフレーム左上

フレーム左上の様子。
上と左右は4mm内側から表示領域となります。

Pixio PX259 Primeのフレーム左下

フレーム左下の様子。
下は2mm内側からが表示領域です。

OSDメニューと設定

Pixio PX259 PrimeのOSDメニュー(Preset)

Presetではゲームや動画など用途に合わせて設定を切り替えられます。

※一時的にHDMIで接続したので240Hzになっていますが、DPで接続すれば280Hzで動作します

Pixio PX259 PrimeのOSDメニュー(Manual Image Adjust)

Manual Image Adjustではシャープネスやアスペクト比などを個別に変更できます。

Pixio PX259 PrimeのOSDメニュー(Color Adjust)

Color Adjustではコントラストや明るさなどを変更できます。

Pixio PX259 PrimeのOSDメニュー(Audio Adjust)

Audio Adjustでは音量変更やミュートを設定できます。

Pixio PX259 PrimeのOSDメニュー(Input Select)

Input Selectでは入力端子を変更できます。
デフォルトはAuto Selectです。

Pixio PX259 PrimeのOSDメニュー(Setup Menu)

Setup Menuでは言語やOSD表示などを変更できます。

280Hzの体感と効果

九荻 新

240Hzと280Hzの違いを感じるのは難しいですが、60Hzや144Hz、165Hzのモニターからの乗り換えなら判別可能です。
※ブラインドテストは難しい

比較すると滑らか具合(ヌルヌルさ)がやはり違うので、280Hzの方が快適に感じます。

肝心の効果ですが、わたしが約1週間試したところFPSゲームの成績(K/Dなど)が少し上がりました。

劇的ではありませんが、複数のゲーム全てで向上したので効果はあると言えます。

感覚としては滑らかに表示されることでエイムがしやすくなる感じです。

レビューまとめ

九荻 新

今回初めて280Hzゲーミングモニターを使用しましたが、滑らかで応答速度も良く、ゲーム成績も向上したので満足です。

わたしはFPSド下手な人で、280HzのおかげでFPS下手ぐらいのレベルなっただけですがそれでも嬉しく感じます。

もちろん一番良いのは練習して上手くなることです。
ただ、良いモニターを使うことで成績向上のきっかけにするというのもアリだと思います。

ちなみに現在販売されているゲーミングモニターの最速は360Hzで、Dell AW2521HASUS PG259QNなどがありますが、かなりお高いです。

通常価格だとPX259 Primeが2枚買えてしまいます。