Pixio PX242のレビュー!75HzでIPSな23.8インチゲーミングモニター

Pixio PX242本体正面 PC周辺機器

Pixio PX242のレビューをします。

同製品は23.8インチのエントリー向けゲーミングモニターで、75Hz動作であること・価格が抑えられていることが特徴です。

注目ポイントは下記の3つとなります。

  1. 低価格ながらIPSパネル採用である
  2. マルチモニターしやすい
  3. 劇的になめらかになるわけではない
Pixio PX242のスペック
パネル種類(視野角)IPS(178°/178°)
パネルの光沢非光沢(ノングレア)
パネルサイズ23.8インチ
サイズ541.6 x 417.6 x 207.33mm
解像度1920 x 1080px @75Hz(16:9)
応答速度4ms
明るさ220cd/m²
コントラスト比1000:1
AMD FreeSync対応
入力端子HDMI 1.4 x1,VGA x1
HDR非対応
スタンドチルト対応
型名PX242
保証2年間

メーカーページ

※この記事は製品をご提供いただき、執筆しています

Pixio PX242のレビュー

Pixio PX242のパッケージ

パッケージは12.5 x 61 x 40cmで、重さは約4kgあります。

Pixio PX242の中身を引き出した様子

パッケージから中身を引き出した様子。
側面に付属品が収まっているので、倒した状態で取り出します。

Pixio PX242本体が梱包されている様子(背面)

モニター本体はビニールで包まれた状態です。
台座は取り付けられていないので、あとで作業します。

Pixio PX242背面の様子

モニター背面の様子。
中央にアーム用のVESA穴、中央下部にスタンド+台座の取付口、右下に端子類があります。

Pixio PX242のVESA穴

VESA穴は75mmピッチです。
面が斜めなので、アームを使う際は付属のネジ受けを使いましょう。

Pixio PX242のスタンド取付口

スタンド取付口の様子です。
その下側に電源ボタンやOSD操作ボタンが配置されています。

Pixio PX242の端子類の様子

端子類は左からHDMI、VGA、AUDIO、電源端子です。

Pixio PX242の操作ボタン

ボタンは全部で5つあります。
画像の一番左側(正面から見た場合は一番右)が電源ボタンです。
他の4つはOSD操作で使用します。

Pixio PX242の付属品

付属品は下記。

  • HDMIケーブル 1.5m
  • 電源アダプター
  • スタンド
  • 台座
  • ネジ、ネジ受け
  • Pixioシール・保証カード・インストールガイド
Pixio PX242のインストールガイド

インストールガイドにはスタンドと台座の取り付け方が書かれているので、手順どおりに進めます。

Pixio PX242のスタンドと台座を固定した様子(裏側)

スタンドに台座を取り付けて、ネジ止めした様子です。
台座はプラ製で、裏側には5つの滑り止めがあります。

Pixio PX242のスタンドと台座を固定した様子(表側)

スタンドの外側はプラ製、内側と接続部は金属製になっています。

Pixio PX242本体にスタンドを取り付ける様子

スタンドは取付口に形に合わせた状態にしてから立てて、取り付けます。
かなり固いので寝かせたまま、手の力だけで押し込むのは難しいです。

画像の状態ではまだ完全に取り付けられていません。
もう少し押し込む必要があります。

Pixio PX242本体正面

モニター本体正面の様子。
左下にPixioロゴが印字されています。

Pixio PX242本体側面

側面から見た様子。
画像はチルトを使用していない状態です。

Pixio PX242本体側面(上向き)

モニターを最大限上向きにした様子。

Pixio PX242本体側面(下向き)

こちらは下向きにした様子です。

Pixio PX242を机に設置した様子

幅140cm x 奥行き75cmの机に設置した様子です。

一番奥に配置すると遠いので、少し前に出す形になります。

Pixio PX242本体の左上部分

モニター左上の様子。
上左右のフレームは3mmで、表示領域は4mm内側になります。

Pixio PX242本体の左下部分

モニター左下の様子。
下側のフレームは1.5cmで、表示領域は2mm内側です。

Pixio PX242をNVIDIAコントロールパネルで75Hzに設定する方法

NVIDIAのビデオカードと組み合わせる場合は、NVIDIAコントロールパネル>解像度の変更>PC 1920 x 1080を選択すると75Hzに変更できます。

PX242はHDMI・VGA接続のどちらなので、G-SYNC Compatibleの設定は表示されません。
(利用できません)

短所

劇的になめらかになるわけではない
60Hz設定でゲームを動作させた後に、75Hzに設定を変更すると少しなめらかになった感じがありますが、144Hz、165Hz、240Hzのように劇的に変わるわけではありません。

そのため、これまでPCゲームをガッツリとプレイしていた方向けというよりは、これからPCゲームを始める方向けの製品です。

もし、モニターを買う一番の理由がゲームをなめらかに動かすことで、予算に余裕があるのであれば、Pixio PXC243(曲面タイプ)を選択肢に入れても良いでしょう。
PXC243は144Hz動作なので、60Hzモニターからの乗り換えでもかなりの差が出ます。

長所

低価格ながらIPSパネル採用である
2019年9月30日のPX242の価格は13,980円。
さらにクーポンを適用すれば、2,000円引きの11,980円となり、かなり競争力のある価格になります。

IPSパネルは色味もきれいで、視野角も広いです。
また、応答速度は4msで残像が気になるようなこともありません。
マルチモニターしやすい
ベゼルレスなので並べてもフレームが気にならないこと、IPSで視野角が広いことからマルチモニターをしやすいモデルと言えます。
上で挙げたように価格が安いことも大きいです。

デュアルモニターなら2万円台半ば、トリプルモニターでも約4万円で実現できるのは魅力的にうつります。
もちろん設置できるだけのスペースは必要になりますが。

まとめ

PX242がピッタリなユーザーは下記の3人です。
これらの用途であれば、スペック的にニーズを満たせます。

  1. 初めてゲーミングモニターを買う方
  2. コンシューマーゲーム機を接続したい方
  3. 安くマルチモニターを構築したい方

また、ゲームはしないけどきれいな発色のモニターが欲しい方が選ぶのもありです。
PX242はゲーム以外の用途でも十分な性能を備えています。

液晶モニター関連記事

スポンサーリンク