SanDisk Ultra 3D SSD SDSSDH3-500G-J25のレビュー

SanDisk Ultra 3D SSD SDSSDH3-500G-J25のパッケージ 自作PC

SanDisk Ultra 3D SSD SDSSDH3-500G-J25のレビューをします。

SSDの購入・買い替えを検討している方は、サクッと読んでいってください。

容量 500GB
※250GB、1TB、2TBモデルも有ります
最大読込 560MB/s
最大書込 530MB/s
インターフェイス SATA3 (6Gbps)
サイズ W100.5 mm x H69.85 mm x D7.0 mm (2.5インチ)
保証 3年

メーカーページ

スポンサーリンク

SanDisk Ultra 3D SSD SDSSDH3-500G-J25のレビュー

SanDisk Ultra 3D SSD SDSSDH3-500G-J25のパッケージ

このパッケージは、手できれいに開けるのが難しいです。
気になる方はカッターやはさみを使うことをオススメします。

SanDisk Ultra 3D SSD SDSSDH3-500G-J25の製品内容

製品内容は下記。

  • パッケージ
  • SSD本体
  • 冊子
  • サンディスク SSD ダッシュボードの紙
SanDisk Ultra 3D SSD SDSSDH3-500G-J25のベンチマーク結果(CrystalDiskMark)

CrystalDiskMarkでベンチマークテストを行った結果。

長所

十分速い
わたしはSamsung 960 EVO(R3200MB/s,W1500MB/s)から乗り換えましたが、遅くなったと感じることはありません。

短所

十分に速く、値段も手頃で、良い製品だと思います。

あえて欠点を挙げるなら、スペーサーが付いていないことぐらいです。

ノートPCでこのSSDを使う際、スペーサーを別途用意する必要があるかもしれません。

思ったこととか

M.2 SSDはケーブルが無いのでメンテナンスが楽ではありますが、熱が上がりやすいので、使用するのをやめました。

2.5インチSSDはケーブルが必要ですが、熱問題に悩まされるよりはマシなので、乗り換えた次第です。

2.5インチタイプの方が安く、体感も変わらないので、当面はこれで良いかなと思います。

HDDからSSDに乗り換えた時のような体感差を得られるSSDが登場したら、別ですけど。

Adobe CCが29,800円

2019年2月に価格改定が行われるAdobe Creative Cloudですが、実は29,800円で購入・更新する方法があります。

方法はいたって簡単でたのまなのオンライン通信講座(Adobe Creative Cloud 12ヶ月版が付属)を申し込むだけ。

詳しい申込み方法や仕組みについては下記記事で紹介しているので、そちらをご覧ください。

価格改定前にAdobe Creative Cloudを29,800円で購入・更新しよう

Amazonビジネスをチェック

Amazonビジネスは法人・個人事業主向けのビジネス購買専門サイトです。

主な特徴は下記。

  • 無料で登録できる
  • 法人・個人事業主向けの特別価格がある
  • 数量割引がある
  • 法人向けクレジットカードや請求書払いにも対応
  • 購買データの取得・レポートで履歴を管理・分析でき、帳簿作成や経費処理の手間を削減可能

Amazonビジネスの概要ページでは導入事例やよくある質問が掲載されています。
法人・個人事業主の方はぜひご覧ください。

スポンサーリンク