MLC採用SSD SanDisk SDSSDA-240G-J25Cのレビュー

SanDisk SDSSDA-240G-J25Cのパッケージ 自作PC

SanDisk SDSSDA-240G-J25Cのレビューをします。
新たにSSDを買おうと考えている方は、さくっとチェックしていってください。

まずはスペックの紹介から始めます。

容量 240GB 120GB
搭載フラッシュ SanDisk MLC
インターフェイス SATA3(6Gbps)
読み出し最大速度 520MB/s 520MB/s
書き込み最大速度 350MB/s 180MB/s
サイズ 69.95mm x 100.5mm x 7.0 mm
保証期間 3年間

メーカー製品情報ページ

スポンサーリンク

SanDisk SDSSDA-240G-J25Cのレビュー

SanDisk SDSSDA-240G-J25Cの製品内容

付属品はマニュアル、ソフト紹介の冊子、スペーサーのみです。
3.5インチ変換アダプタやSATAケーブルは付属しません。
※スペーサーはノートPCに組み込む際、9.5mm厚にするのに使います。

私が買ったのは240GBモデルで、Windows上では223.45GBとして認識されます。

SanDisk SDSSDA-240G-J25Cのベンチマーク結果(CrystalDiskMark 100MiB) SanDisk SDSSDA-240G-J25Cのベンチマーク結果(CrystalDiskMark 1GiB)

CrystalDiskMarkでベンチマークを行った結果です。

読み込みは公称より30MB/s強、書き込みは80MB/s強も速いスコアになっています。

長所

速い
わたしの場合、サブPCのOS用として使っていますが、十分速いです。
起動もすぐですし、引っかかるようなこともありません。
安い
購入時の価格は8678円でした。
この値段で240GBのSSDを買える時代が来て、本当に良かったなと思います。
スペーサーが付属している
ノートPC側のスペースが7mm厚、9.5mm厚のどちらでも対応できるのはナイスです。

短所

ねじが付いていない
古いPCケースだと、SSD用の取り付けねじが付いていないので、付属してると良かったです。

思ったこととか

SanDiskのSSDを買ったのは始めてですが、速いし、安いしで満足です。
欲を言えば、512GBモデルがラインナップされて、1万円台半ばぐらいで買えたらいいなと思います。

今すぐは無理でしょうが、数年のうちにそんな時代も来てくれるでしょう、きっと。

Intel NUCの関連記事

Adobe CCが29,800円

2019年2月に価格改定が行われるAdobe Creative Cloudですが、実は29,800円で購入・更新する方法があります。

方法はいたって簡単でたのまなのオンライン通信講座(Adobe Creative Cloud 12ヶ月版が付属)を申し込むだけ。

詳しい申込み方法や仕組みについては下記記事で紹介しているので、そちらをご覧ください。

価格改定前にAdobe Creative Cloudを29,800円で購入・更新しよう

Amazonビジネスをチェック

Amazonビジネスは法人・個人事業主向けのビジネス購買専門サイトです。

主な特徴は下記。

  • 無料で登録できる
  • 法人・個人事業主向けの特別価格がある
  • 数量割引がある
  • 法人向けクレジットカードや請求書払いにも対応
  • 購買データの取得・レポートで履歴を管理・分析でき、帳簿作成や経費処理の手間を削減可能

Amazonビジネスの概要ページでは導入事例やよくある質問が掲載されています。
法人・個人事業主の方はぜひご覧ください。

スポンサーリンク