安価なNVMe M.2 SSD Samsung 960 EVO 250GB MZ-V6E250B-ITのレビュー

Samsung 960 EVO 250GB MZ-V6E250B-ITのパッケージ 自作PC

Samsung 960 EVO 250GB MZ-V6E250B/ITのレビューをします。

同製品はエントリー向けのM.2 SSDで、ラインナップは250GB、500GB、1000GBの3種類。

960 EVOシリーズは、960 PROシリーズの下位にあたります。

Samsung 960 EVO 250GB MZ-V6E250B/ITのスペック
容量 250GB
フォームファクター M.2
インターフェイス PCIe 3.0 x4, NVMe 1.2 (partial)
最大読込 3200MB/s
最大書込 1500MB/s
(500GBは1800MB/s、1000GBは1900MB/s)
コントローラー Samsung Polaris
保証 3年 or 100 TBW

メーカー製品情報ページ

スポンサーリンク

Samsung 960 EVO 250GB MZ-V6E250B/ITのレビュー

Samsung 960 EVO 250GB MZ-V6E250B-ITのパッケージ

全体的にパッケージの色が薄めです。
上部にはCFDのシールが貼られています。

Samsung 960 EVO 250GB MZ-V6E250B-ITの製品内容

製品内容は本体とインストールガイドのみ。

Samsung 960 EVO 250GB裏面の放熱シール

裏面には放熱シール(Heat Spreading Label)が貼られています。
これには銅が使われているそうです。

Samsung 960 EVO 250GB MZ-V6E250B-ITのSMART情報(CrystalDiskInfo)

CrystalDiskInfoで読み込んだ様子。

ベンチマーク結果

CrystalDiskMarkでベンチマークを取った様子。
100MiBと1GiBで計測してあります。

Samsung 960 EVO 250GB MZ-V6E250B-ITのベンチマーク結果(CrystalDiskInfo 100MiB) Samsung 960 EVO 250GB MZ-V6E250B-ITのベンチマーク結果(CrystalDiskInfo 1GiB)

温度について

パソコンを起動して3分後のアイドル時とCrystalDiskMark計測時の温度を取りました。

Samsung 960 EVO 250GBの温度
アイドル時 23℃
ベンチマーク時 40℃

※室温は17.8℃

長所

動作温度が低い
以前使っていたSamsung 950 PROは、室温15℃でアイドル35℃、ベンチマーク時51℃だったので、960 EVOはかなり温度が低めです。
安い
2017/01/04時点では、250GBが約15,800円、500GBが約29,800円、1000GBが約59,800円となっており、M.2のSSDとしてはかなり導入しやすいお値段です。

短所

速さを体感するのが難しい
わたしはSATAのSSD(SanDiskのExtreme PRO)から乗り換えましたが、正直何が速くなったのか分かりません。

繊細な人なら、この差を体感できるのでしょうか?

思ったこととか

960 EVOは動作温度が低いので、これまで熱問題でM.2を敬遠していた人にもオススメしやすいです。

わたしはkryoM.2を買いましたが、おそらく夏でも必要ないのではないかと思います。

ただ、速さを体感できるかは保証できません。
わたしの場合は速さよりも、パソコン内のケーブルを減らすのが目的で、960 EVOを買いました。

実際SATAケーブルが減ると、メンテナンスの時なんかに楽ですし。

Adobe CCが29,800円

2019年2月に価格改定が行われるAdobe Creative Cloudですが、実は29,800円で購入・更新する方法があります。

方法はいたって簡単でたのまなのオンライン通信講座(Adobe Creative Cloud 12ヶ月版が付属)を申し込むだけ。

詳しい申込み方法や仕組みについては下記記事で紹介しているので、そちらをご覧ください。

価格改定前にAdobe Creative Cloudを29,800円で購入・更新しよう

Amazonビジネスをチェック

Amazonビジネスは法人・個人事業主向けのビジネス購買専門サイトです。

主な特徴は下記。

  • 無料で登録できる
  • 法人・個人事業主向けの特別価格がある
  • 数量割引がある
  • 法人向けクレジットカードや請求書払いにも対応
  • 購買データの取得・レポートで履歴を管理・分析でき、帳簿作成や経費処理の手間を削減可能

Amazonビジネスの概要ページでは導入事例やよくある質問が掲載されています。
法人・個人事業主の方はぜひご覧ください。

スポンサーリンク