SilverStone SST-CPF04のレビュー

SilverStone SST-CPF04のパッケージ

SilverStone SST-CPF04のレビューをします。

CPF04は、最大8台のPWMファンを接続できるハブのようなもの。

本体から伸びているコネクタをマザーボード上の端子に接続すると、BIOS(UEFI)でファンの制御が行えるようになります。

PWMファン端子が足りない時などに使うアイテムです。

メーカー製品情報ページ

スポンサーリンク

SilverStone SST-CPF04のレビュー

SilverStone SST-CPF04のパッケージ

パッケージは簡素です。

SilverStone SST-CPF04の製品内容

製品内容は本体と3Mのマジックテープが2枚。

SilverStone SST-CPF04のコネクタ

コネクタはすべてPWM対応の4pinタイプ。
裏側も同様です。

上記画像一番右のファンコネクタの回転数がBIOS上に読み込まれます。
その為、ここに何も刺さないと、回転数が表示できません。

SilverStone SST-CPF04の裏面

裏面の様子。

マジックテープの接着面を露出させて、ここに貼ります。
もう1枚のマジックテープはケース側です。

SilverStone SST-CPF04の電源供給用ケーブル

電源供給にはSATA電源ケーブルを使います。

SilverStone SST-CPF04のコネクタ(マザーボード側)

コネクタはマザーボードのPWMファン端子に接続します。

良いところ

コンパクトである
5インチベイサイズのファンコンよりも小さく、場所を取りません。
しっかり固定できる
3Mのマジックテープは、かなりキツく固定できるので、落ちる心配がありません。
また、マジックテープなので、何度も取り付けたり、外したりすることができます。
電源供給がSATA
今までファンコンの電源供給の為だけにペリフェラル4pinケーブルを使っていましたが、これに買い替えたお陰でケーブルを1本減らすことができました。

残念なところ

端子の精度がイマイチ
8つの端子のうち、いくつかは挿し込みにくかったです。
精度が悪すぎて挿し込めないということはありませんが、少し手間取りました。

思ったこととか

最近は5インチベイそのものがないPCケースも増えつつあるので、ファンコンを買うよりもこちらの方が便利かと思います。

何より安いですし。(2017/01/02現在の価格は約1,600円)

まぁ、ピカピカ光るファンコンが好きとか、ファンの回転数を手動で設定したいということであれば別ですが。

スポンサーリンク