BitZenyのマイニングで最大パフォーマンスを発揮させる方法

マイニング 仮想通貨

BitZenyのマイニングで最大パフォーマンスを発揮させる方法を紹介します。

答えはズバリ、スレッド数の調整です。

わたしの環境では調整しない場合と調整した場合で、最大3倍の変化がありました。

スポンサーリンク

BitZenyのマイニングで最大パフォーマンスを発揮させる方法

Core i9 7980XE(18コア36スレッド、3.4GHz)環境でのハッシュレート差
全体のハッシュレート 1スレッド当たりのハッシュレート
未調整の場合(36スレッド) 約7.2 khash/s 約0.2 khash/s
調整した場合(20スレッド) 約13 khash/s 約0.65 khash
Core i7 7820X(8コア16スレッド、4.5GHz)環境でのハッシュレート差
全体のハッシュレート 1スレッド当たりのハッシュレート
未調整の場合(16スレッド) 約8.5 khash/s 約0.53 khas/s
調整した場合(8スレッド) 約8.3 khash/s 約1.04 khash/s

上記の表を見て分かると思いますが、パフォーマンスにかなりの差がでます。

未調整の場合、7980XEは1スレッド当たりのハッシュレートが1/3以下に、7820Xは約半分になりました。

スレッド数調整は、パフォーマンス最大化の他に、CPU使用率が下がるということもメリットです。

未調整の場合、CPU使用率が100%になりPCを使えなくなりますが、調整することで使用率が下がり、他の作業ができるようになります。

その為、マイニング専用のPCを用意する必要がありません。

スレッド数を調整する方法

1.まず、タスクバー上で右クリック>タスクマネージャーをクリック>パフォーマンスタブをクリック>下部に表示される論理プロセッサ数を確認してください。

タスクマネージャーで論理プロセッサ数を確認する方法

赤枠内に表示されている数字が、あなたのPCの最大スレッド数です。
上記画像の場合、最大16スレッドとなります。

2.次に、マイニングを開始する時に使用する~.batというファイルを編集します。

メモ帳やテキストエディターでbatファイルを開き、 -t 半角数字と追加しましょう。

-tの前には半角スペースが必要です。
半角数字の部分には、使用したいスレッド数を半角数字で入力してください。

4スレッドを指定したい場合は、 -t 4となります。

3.上書き保存(Ctrl + Sキー)します。

4.batファイルをダブルクリックして、マイニングを開始し、ハッシュレートを確認しましょう。

5.あとはハッシュレートが一番良いスレッド数を探すだけです。

プールマイニング環境で頻繁に接続、切断を繰り返すとアクセス制限を受ける場合があるので、注意が必要です。

心配な方は、ある程度の時間を空けるか、ソロマイニング環境で試すことをオススメします。

思ったこととか

スレッド数未調整のままマイニングをして、最大パフォーマンスを出せていない人が結構いるような気がします。

周りに気付いてなさそうな人がいたら、ぜひ教えてあげてください。

Adobe CCが29,800円

2019年2月に価格改定が行われるAdobe Creative Cloudですが、実は29,800円で購入・更新する方法があります。

方法はいたって簡単でたのまなのオンライン通信講座(Adobe Creative Cloud 12ヶ月版が付属)を申し込むだけ。

詳しい申込み方法や仕組みについては下記記事で紹介しているので、そちらをご覧ください。

価格改定前にAdobe Creative Cloudを29,800円で購入・更新しよう

Amazonビジネスをチェック

Amazonビジネスは法人・個人事業主向けのビジネス購買専門サイトです。

主な特徴は下記。

  • 無料で登録できる
  • 法人・個人事業主向けの特別価格がある
  • 数量割引がある
  • 法人向けクレジットカードや請求書払いにも対応
  • 購買データの取得・レポートで履歴を管理・分析でき、帳簿作成や経費処理の手間を削減可能

Amazonビジネスの概要ページでは導入事例やよくある質問が掲載されています。
法人・個人事業主の方はぜひご覧ください。

スポンサーリンク