BitZenyのマイニングで最大パフォーマンスを発揮させる方法

マイニング

BitZenyのマイニングで最大パフォーマンスを発揮させる方法を紹介します。

答えはズバリ、スレッド数の調整です。

わたしの環境では調整しない場合と調整した場合で、最大3倍の変化がありました。

スポンサーリンク

BitZenyのマイニングで最大パフォーマンスを発揮させる方法

Core i9 7980XE(18コア36スレッド、3.4GHz)環境でのハッシュレート差
全体のハッシュレート 1スレッド当たりのハッシュレート
未調整の場合(36スレッド) 約7.2 khash/s 約0.2 khash/s
調整した場合(20スレッド) 約13 khash/s 約0.65 khash
Core i7 7820X(8コア16スレッド、4.5GHz)環境でのハッシュレート差
全体のハッシュレート 1スレッド当たりのハッシュレート
未調整の場合(16スレッド) 約8.5 khash/s 約0.53 khas/s
調整した場合(8スレッド) 約8.3 khash/s 約1.04 khash/s

上記の表を見て分かると思いますが、パフォーマンスにかなりの差がでます。

未調整の場合、7980XEは1スレッド当たりのハッシュレートが1/3以下に、7820Xは約半分になりました。

スレッド数調整は、パフォーマンス最大化の他に、CPU使用率が下がるということもメリットです。

未調整の場合、CPU使用率が100%になりPCを使えなくなりますが、調整することで使用率が下がり、他の作業ができるようになります。

その為、マイニング専用のPCを用意する必要がありません。

スレッド数を調整する方法

1.まず、タスクバー上で右クリック>タスクマネージャーをクリック>パフォーマンスタブをクリック>下部に表示される論理プロセッサ数を確認してください。

タスクマネージャーで論理プロセッサ数を確認する方法

赤枠内に表示されている数字が、あなたのPCの最大スレッド数です。
上記画像の場合、最大16スレッドとなります。

2.次に、マイニングを開始する時に使用する~.batというファイルを編集します。

メモ帳やテキストエディターでbatファイルを開き、 -t 半角数字と追加しましょう。

-tの前には半角スペースが必要です。
半角数字の部分には、使用したいスレッド数を半角数字で入力してください。

4スレッドを指定したい場合は、 -t 4となります。

3.上書き保存(Ctrl + Sキー)します。

4.batファイルをダブルクリックして、マイニングを開始し、ハッシュレートを確認しましょう。

5.あとはハッシュレートが一番良いスレッド数を探すだけです。

プールマイニング環境で頻繁に接続、切断を繰り返すとアクセス制限を受ける場合があるので、注意が必要です。

心配な方は、ある程度の時間を空けるか、ソロマイニング環境で試すことをオススメします。

思ったこととか

スレッド数未調整のままマイニングをして、最大パフォーマンスを出せていない人が結構いるような気がします。

周りに気付いてなさそうな人がいたら、ぜひ教えてあげてください。

仮想通貨取引所・販売所の関連記事

登録してから実際に使えるようになるまでに時間がかかるので、
仮想通貨が気になっている方は、早めにZaifbitFlyerCoincheckのアカウントを作成することをオススメします。

作成方法は下記の記事で解説しているので、そちらを参考にしてください。

スポンサーリンク

お役に立ちましたら、シェアをお願いします