[レビュー]BitZenyのマイニング用にCore i9-7980XEを買ってみた

Intel Core i9-7980XEのパッケージ 仮想通貨

タイトルどおり、BitZenyのマイニング用にCore i9-7980XEを買ったので、レビューをしたいと思います。

マイニングの結果、電気代なんかも紹介するので、ぜひご覧ください。

まずは7980XEのスペック確認から始めます。

Intel Core i9-7980XEのスペック
コア数・スレッド数 18コア36スレッド
クロック(全コア) 2.6~3.4GHz
クロック(ターボブースト2.0) 4.2GHz
クロック(ターボブースト3.0) 4.4GHz
キャッシュ 24.75MB
最大メモリーサイズ 128GB
対応メモリ DDR4-2666
TDP 165W
PCIeレーン数 44
対応ソケット LGA2066
購入時の価格 230,311円

メーカー製品情報ページ

スポンサーリンク

[レビュー]BitZenyのマイニング用にCore i9-7980XEを買ってみた

Intel Core i9-7980XEのパッケージ

Core i7などで使われているペラペラの紙とは違い、しっかりとした厚さがあるパッケージです。

ブラック+金文字は結構カッコイイと思います。

Intel Core i9-7980XEのパッケージを開けた様子

開けると取扱説明書が入っており、これの裏側にはi9のロゴラベルが付いています。

Intel Core i9-7980XE CPU本体

CPU本体はプラパッケージに収まっています。

BitZenyのマイニング結果

batファイルに–threads=20をいれて、使うスレッドを20threadsに抑えています。

その状態でのハッシュレートは、12.6~13.2 khash/s。
1スレッド当たり0.63~0.66 khash/sです。

1時間のマイニングで掘れたのは、1.145653 ZNY。(※プールマイニング)
1日に換算すると、27.495672 ZNY。(約612.7円)
1ヶ月に換算すると、852.365832 ZNY(約18,991円)となります。

ソロマイニングの場合は1回で62.5 ZNY(約1,393円)獲得できるので、
13.6回/月のペースで掘り当てれば、大体プールマイニングと同程度です。

18コア36スレッド(3.4GHz)をフルに使わない理由は、パフォーマンスが落ちるからです。

スレッド数を指定しない(36スレッド走らせた)場合、ボトルネックが発生して、1スレッド当たり0.2 khas/sぐらいしか出なくなります。

常駐しているプログラムによって、最適なスレッド数は異なるので、そこら辺は微調整してください。

電気代について

i9-7980XE+GTX 1080 Ti+メモリ32GBなPCのアイドル時が、ワットチェッカー読みで約120W。

BitZenyのマイニングを始めると約310Wなので、差は190W。

さらにGPUでマイニング(他の仮想通貨)をすると、システム全体の消費電力が約510Wになります。

500Wを1時間使うと電気代が約13円らしいので、一日使うと312円、それを1ヶ月続けると9,672円になります。

思ったこととか

18コア36スレッドを走らせたら、どれだけ掘れるのだろうと思い、7980XEを購入しましたが、ボトルネックが発生することが分かったので、正直がっかりしました。

もちろんマイニングは続けますが。

追記

最近BitZenyのマイニングをする方が増えたようで、プールマイニングで掘れる量が減りつつあります。

マイニングの為に新しいCPUを購入するのはコストパフォーマンスが悪いです。

同じ額をPCパーツに使うならビデオカード(GPU)を買って、別の仮想通貨のマイニングをすることをオススメします。

スポンサーリンク