仮想通貨のマイニングでSLIをした時に影響が出るのか調べてみた

EVGA PRO SLI Bridge HB本体 仮想通貨

SLIは、NVIDIAの対応ビデオカードを複数枚用意し、設定を行うことでグラフィックパフォーマンスを向上させる技術です。

最新のゲームを最高描画設定でゲームをプレイしたいユーザーなどが使用します。

今までSLIをしたことがありませんでしたが、やっとSLI環境を構築できたので、疑問に思っていたこと(SLI環境で仮想通貨のマイニングをすると影響がでるのか)を調べてみました。

仮想通貨のマイニングでSLIをした時に影響が出るのか調べてみた

マザーボードにビデオカードを2枚挿しただけの状態(Not SLI)とSLI HBブリッジを接続して設定を行った状態(SLI)で、マイニングのハッシュレートに差が出るのかを検証しました。

テスト環境は下記。
CPU:Core i7 7820X
マザーボード:EVGA X299 Micro
GPU:EVGA 1080 Ti FE(簡易水冷化) + EVGA 1080 Ti SC2 HYBRID

マイニングする仮想通貨はイーサリアム(ETH)とモナコイン(MONA)にしています。

検証結果

イーサリアムモナコイン
Not SLI64 Mh/s138 Mh/s
SLI64 Mh/s138 Mh/s

全く差がでない結果となりました。

マイニングソフトがSLI非対応なので、SLIを設定していても、コマンドプロンプト上では2つのビデオカードとして扱われます。

SLI対応のゲームだとコアクロックが低い方に合わせられますが、SLI非対応なので各ビデオカードそれぞれのクロックで動作します。

その為、Not SLIでもSLIでも差が出ません。

分かったこと

  • ゲームをする方はSLI設定をすると吉(マイニングには影響しない)
  • マイニングだけする方はSLI設定を行う意味はない(SLI HBブリッジを用意したり、設定を行う時間が無駄)

思ったこととか

予想していたとおりの結果ですが、実際にどうなるかが分かったので、とてもスッキリしました。

追記

SLI環境でマイニングをしていて、アプリケーションのグラフィックスハードウェアへのアクセスはブロックされましたと表示される場合は、SLIを解除することでこのエラーを解消できることがあります。

Amazonの商品を2.5%OFFで購入する方法

Amazonをよく使う方に朗報です。
ある方法を使うことで、Amazonの商品が最大2.5%OFFになります。

詳しい内容は下記記事にてご覧ください。
[最大2.5%OFF]Amazonの商品を少し安く購入する方法

スポンサーリンク