EVGA DG-75(150-B0-2020-KR)のレビュー

EVGA DG-75本体前面

ATXミドルタワーPCケース EVGA DG-75(150-B0-2020-KR)のレビューをします。

色は黒と白の2色展開。
黒に比べて、白方が$10高い価格設定です。

まずはスペックの確認から始めます。

モデル DG-75
型番 150-B0-2020-KR
ケースタイプ ミドルタワー
寸法 470 x 211 x 477 mm
実重量 8.79 kg
対応ドライブ 2 x 3.5(内部)
2 x 2.5’’(内部)
拡張スロット 7
対応マザーボード Mini ITX,Micro ATX,ATX

メーカー製品情報ページ

スポンサーリンク

EVGA DG-75(150-B0-2020-KR)のレビュー

EVGA DG-75のパッケージ

パッケージ(ダンボール)に直接伝票が貼られた状態で届きました。

EVGA DG-75のパッケージを開けた様子

パッケージを開くと、こんな感じで収まっています。

EVGA DG-75と梱包材をパッケージから取り出した様子

本体と梱包材を取り出した様子。
ガラスが使われているPCケースなので心配でしたが、問題ありませんでした。

EVGA DG-75の付属品

付属品は下記。

  • 取扱説明書
  • DG-7ステッカー
  • 手回しネジ用のEVGAロゴシール
  • ネジ類と結束バンド
  • バーティカルマウント用の固定具
  • 電源ユニット取付用の金具

EVGA DG-75本体前面

ケース前面の様子。

EVGA DG-75本体前面のガラスを取り外した様子

ケース前面のガラスを外した様子。
ダストフィルターが装着されています。

EVGA DG-75本体前面のダストフィルターを取り外した様子

ダストフィルターを取り外した様子。
前面には120mm x3 or 140mm x2のファンを設置できます。

EVGA DG-75本体天板の様子

ケース天板側の様子。
こちらはメッシュ状になっています。

EVGA DG-75本体天板(ボタン類)の様子

ケース天板ボタン類の様子。

左からリセットボタン、ヘッドホン、マイク、USB3.0 x2、電源ボタンとなります。

EVGA DG-75本体右側面の様子

ケース右側面の様子。
こちらはガラスパネルで、4つの手回しネジで固定されています。

EVGA DG-75本体ケース内部の様子

ケース内部の様子。
DG-75にはデフォルトでファンが2つ付属しています。
※モデルによってファンの数は変わります

EVGA DG-75本体ケース内下部

ケース内下部の様子。
このカバーは外れません。

フロント側はスペースが広いので、厚めのラジエーターも設置できます。

マニュアルによれば、長さは最大360mmまでです。

EVGA DG-75本体ケース内上部

ケース内上部の様子。
ファンは120mm x3 or 140mm x2を設置できます。

スペースが狭いので、ラジエーター+ファンを取り付けるのは難しいです。

120mmサイズなら設置できましたが、それ以上のサイズとなるとマザーボード上のヒートシンクやメモリなどに干渉します。

EVGA DG-75本体背面の様子

ケース背面の様子。

EVGA DG-75本体左側面の様子

ケース左側面の様子。
こちらは背面の手回しネジ x2で固定されています。

サイドパネルを取り外す時は背面側に引く形です。

EVGA DG-75本体 左サイドパネルを取り外した様子

ケース左側面のサイドパネルを外した様子。

下部には電源ユニットが収まります。
その上に2.5インチデバイス用トレイ x2があり、更に上は大型カットアウトです。

ケース前面側(左)にあるのは3.5インチデバイス用トレイ x2。
一般的にはHDD設置に使います。

EVGA DG-75の2.5インチデバイス用トレイ

2.5インチデバイス用トレイのアップ。
手回しネジを回してトレイを外し、SSDなどを裏からネジで固定、元の位置に戻すという形になります。

EVGA DG-75の3.5インチデバイス用トレイ

3.5インチデバイス用トレイのアップ。
使い方は2.5インチ用と変わりません。

EVGA DG-75に3.5インチHDDと2.5インチSSDを取り付けた様子

実際にHDDとSSDを設置した様子。

EVGA DG-75本体底面の様子

ケース底面の様子。

EVGA DG-75本体底面のダストフィルター

ケース底面のダストフィルターはペラペラです。

EVGA DG-75の天板を取り外した様子

天板を取り外した様子。
ダストフィルターは取り外すことができます。

EVGA DG-75の前面パネルを取り外した様子

前面パネルを取り外した様子。

EVGA DG-75の天板や前面パネルを固定している金具

天板も前面パネルも、画像真ん中に写っている金具で固定されています。

初めて取り外す時は力の入れ具合が分かりにくいですが、わりと丈夫なので力を入れても問題ありません。

EVGA DG-75にPCパーツを組み込んだ様子

ケース内にPCパーツを組み込んだ様子。

EVGA DG-75にPCパーツを組み込んだ様子(天板側)

天板を取り外した時は、スイッチなどがむき出しになるので、注意してください。

EVGA DG-75にPCパーツを組み込んだ様子(前面側)

上でも書きましたが、ラジエーターは360mmまでです。
画像に写っているいるのは280mmタイプとなります。

EVGA DG-75にPCパーツを組み込んだ様子(左側面)

裏配線のスペースは狭いので、ケーブルはHDDの横当たりにまとめる必要があります。

EVGA DG-75にPCパーツを組み込んだ様子(背面)

ビデオカードの右側は通常閉まっていますが、作業がしにくいので、わたしは取り外しました。

EVGA DG-75にPCパーツを組み込んだ様子(電源部分)

電源は付属の金具を取り付けて、その後にケース背面側から挿入する形です。

EVGA DG-75にビデオカードなどを垂直設置する方法

ビデオカードなどを垂直設置する場合は、マザーボード用の固定具を取り付け、その上にライザーケーブルを載せて、ネジ止めします。

ちなみにDG-75にはライザーケーブルが付属していません。

良いところ

3.5インチデバイスを裏側に設置できる
HDDを裏側に設置できるので、ケース内の邪魔になりません。
また、熱源(CPUやGPU)から遠いので、ファンの風が当たらなくても、問題ない温度で運用できています。

ただ、夏にエアコン無しの状態だと厳しいかもしれません。
3年保証
EVGAユーザーにはお馴染みの長期保証です。
まぁ、初期不良さえ回避できれば、問題が出にくいパーツではありますが。

残念なところ

窒息ケースである
片側にしか前面吸気口が無い為、かなり窒息ぎみです。
前面のガラスを取り付けた状態と取り外した状態で、CPUの温度が10度ぐらい変わるので、わたしはガラスを取り外しました。
質感は値段なり
塗装が甘かったり、前面ガラスの穴の精度(位置)が悪かったりします。

購入について

わたしはamazon.com(米尼)から個人輸入し、総額は$213.73。

内訳は下記。
購入時の価格:$89.99
配送料:$100.48
税の前払い(Import Fees Deposit):$23.26

普段は一番速いAmazon Global Priority Shippingを選ぶのですが、かなり高かったので、一番安い配送方法を選びました。

12月20日に注文して、21日にi-parcelで発送、受け取ったのが1月6日なので、2週間ちょっとかかったことになります。

年末年始を挟まなければ、おそらくもう少し短くなったでしょう。

amazon.com(米尼)での購入方法については、下記記事を参考にしてください。
EVGA製品をamazon.com(アメリカ 通称:米尼)で購入・個人輸入する方法

思ったこととか

値段が安かったのでDG-75を選びましたが、結局後からライザーケーブルを別途購入したので、DG-77とあまり変わらない値段になってしまいました。

これなら、最初からライザーケーブルが付属しているDG-77を選べば良かったです。

EVGA関連の主要記事

仮想通貨取引所・販売所の関連記事

登録してから実際に使えるようになるまでに時間がかかるので、
仮想通貨が気になっている方は、早めにZaifbitFlyerCoincheckのアカウントを作成することをオススメします。

作成方法は下記の記事で解説しているので、そちらを参考にしてください。

スポンサーリンク

お役に立ちましたら、シェアをお願いします