エントリー向け無線LANルーター TP-Link Archer C20のレビュー

TP-Link Archer C20本体

802.11ac対応の格安無線LANルーター TP-Link Archer C20のレビューをします。

TP-Linkを知らない方の為に簡単に紹介すると、同社は中国(深セン)に本社を置き、世界39ヶ国に子会社や支社を展開している企業。
(ティーピーリンクジャパン株式会社の設立は2015年11月)

累積出荷台数は8億台を超え、120以上の国のユーザーに対してネットワーク製品を提供しているそうです。
TP-LINKの歩み

Wikipediaには、2013年にWLAN機器の世界市場シェア42.2%を達成とあります。

2016年12月17日にamazon.com(アメリカ)のルーター部門売上順位を確認してみたところ、TOP20に6つもTP-Link製品が入っていました。(1位、2位を含む)

スゴイ会社なのが分かったところで、まずはスペックの確認から始めましょう。

TP-Link Archer C20のスペック
無線LANIEEE802.11a/b/g/n/ac対応
最大433Mbps + 300Mbps
インターフェイス10/100Mbps x 1ポート(WAN)
10/100Mbps x 4ポート(LAN)
USB2.0 x 1ポート
IPv6対応
サイズ230 x 144 × 35mm
保証3年

メーカー製品情報ページ

スポンサーリンク

TP-Link Archer C20のレビュー

TP-Link Archer C20のパッケージ

パッケージには、推奨利用環境(戸建ては2階建て、マンションは3LDK、利用人数は4人)と記載されています。

ルーターを選ぶ時の目安になるので、WEBサイトの方にも掲載して欲しいです。
比較ページもあると便利かと思います。

TP-Link Archer C20の製品内容

製品内容は下記。

  • 本体+アンテナ
  • クイックインストールガイド
  • 保証書
  • 冊子
  • LANケーブル
  • ACアダプタ
TP-Link Archer C20本体

本体の様子。
表面は紺色で、切子の様な加工がなされています。
光のあたり具合で銀色に見える部分もあります。

筐体の質感は、値段なりといったところでしょう。

TP-Link Archer C20のアンテナを横に倒した様子

アンテナを横に倒した様子。

TP-Link Archer C20のアンテナを後ろに倒した様子

アンテナを後ろに倒した様子。

TP-Link Archer C20の背面

本体後部の様子です。
左からWPS/Reset、Wi-Fiオンオフ、WAN、LAN x4、USBポート、電源オンオフ、電源挿込口となっています。

TP-Link Archer C20の側面

横から見た様子。
本体の形は逆台形型です。

良いところ

安い
3千円台で802.11ac対応無線LANルーターが手に入るのは、すごいことです。
3年保証
パッケージを見て、初めて3年保証であることを知りました。(通販で購入)
アピールポイントになることですし、WEBサイトの方にも載せて欲しいです。

残念なところ

ACアダプタが横向き
複数口のタップで使う場合、形状的に隣の挿込口を塞ぎやすいです。

TP-Link Archer C20のACアダプター
WAN・LANともに100Mbpsまでの対応
低価格帯の製品なので、これは仕方ないかと思います。

Wifi速度計測

Cloudcheckというアプリを使って、ルーターとスマホ間の速度を計測しました。

比較対象は現在使っているNEC AtermWG1800HP2(1300Mbps + 450Mbps)です。

計測場所は、ルーターから50cm、壁を挟んだ隣の部屋、ルーターから一番遠い玄関の3か所としました。

Archer C20WG1800HP2
ルーターから50cm302.6Mbps(Ping 1.9ms)351.9Mbps(Ping 0.7ms)
隣の部屋259.7Mbps(Ping 0.7ms)339.9Mbps(Ping 2.9ms)
玄関137.9Mbps(Ping 0.8ms)209.2Mbps(Ping 2.3ms)

スペックで勝るWG1800HP2の方が良い結果となりました。
WG1800HP2は3階建て・4LDK向け、Archer C20は2階建て・3LDK向けなので、当然と言えば当然です。

もし、8千円台半ばのWG1800HP2が3千円台半ばのArcher C20に負けたら、立つ瀬が無いですし。

だからといって、Archer C20が使えないということではありません。
普通に安定していますし、2階建て・3LDKまでの環境で使うのであれば問題ないでしょう。

ただ、それ以上の大きさの家、インターネット回線が1Gbps、NASなどで頻繁にファイル転送をするという場合は、スペック的にボトルネックになる可能性が高いので、上位のモデルを検討した方が良いかと思います。

思ったこととか

わたしにとって初めてのTP-Link製品ということで、お安いArcher C20を今回購入しましたが、思っていたよりWG1800HP2との差が少なくて驚いています。

個人的に気になっているのは、Archer C20からArcher C5400Archer C3150などの上位モデルに変えた時、どの位性能(速度)が上がるかということ。

機会があれば、比較してみたいと思っています。
まぁ、予算がないのでいつになるかは分かりませんが。

2017/01/17追記
TP-Link Archer C3150(AC3150)のレビューを書きました。

TP-Link製品の関連記事

スポンサーリンク