パスワード管理はロボフォームにおまかせ!

Pixio PX248 Prime Advancedのレビュー!Fast IPS採用のフルHDゲーミングモニター

Pixio PX248 Prime Advanced本体正面

九荻 新

Pixio PX248 Prime Advancedのレビューをします。

同製品は23.8インチのゲーミングモニターで、Fast IPSが採用されていることや内蔵スピーカーが搭載されていることが特徴です。

価格は25,980円とかなり抑えられています。
Pixio PX248 Prime Advancedのスペック
パネル種類(視野角)Fast IPS(178°/178°)、非光沢、フラットパネル
パネルサイズ23.8インチ
サイズ(スタンドを含む)539.94 x 400.18 x 142.56mm
解像度フルHD(1920 x 1080px)
リフレッシュレート144Hz
応答速度1ms(GTG)
明るさ350nits(Max)
コントラスト比1000:1
AMD FreeSync Premium対応
入力端子DisplayPort 1.4[144Hz] x2,
HDMI 2.0[144Hz] x2,
AUDIO OUT
HDR非対応
スタンドチルト対応
型番PX248PA
保証3年間(一部パーツは2年間)

メーカー公式サイト

※この記事は製品をご提供いただき、執筆しています

Pixio PX248 Prime Advancedの外観と付属品

Pixio PX248 Prime Advancedのパッケージ

PX248 Prime Advancedのパッケージサイズは62.1 x 47.2 x 11.7cmで取っ手付きになっています。

Pixio PX248 Prime Advancedのパッケージから中身を引き出した様子

パッケージから中身を引き出した様子。
側面にはケーブルや電源アダプタなどの付属品が収まっています。

Pixio PX248 Prime Advanced本体が梱包材に収まっている様子

本体が梱包材に収まっている様子。
包んでいる袋は片面(液晶側)がクッションタイプです。

Pixio PX248 Prime Advancedの背面

本体背面の様子。

Pixio PX248 Prime AdvancedのVESA用ネジ穴

スタンドの少し上にVESA100mmピッチのネジ穴が配置されています。

Pixio PX248 Prime Advancedのスタンドを取り外す方法

モニターアームを使う場合は下側のネジでスタンドを取り外してください。

Pixio PX248 Prime Advancedのスタンドを取り外した様子

スタンドを取り外した様子。
モニターアームはこの状態にしないと使えません。

Pixio PX248 Prime Advancedの鍵穴

背面左下には盗難防止用の鍵穴があります。

Pixio PX248 Prime Advancedの端子類

スタンドの右方向には端子類が集められています。
左から電源、HDMI2.0 x2、DisplayPort x2、イヤホン端子です。

Pixio PX248 Prime Advancedの電源ボタン兼OSD操作スティック

電源ボタン兼OSD操作スティックはスタンドの内側にあります。

表側から見た時の位置は中央下部にあるPixioロゴの真裏です。

Pixio PX248 Prime Advancedの付属品一覧

付属品は下記。

  • 取扱説明書(台紙)
  • 台座
  • プラスドライバー
  • 電源アダプター
  • DisplayPortケーブル

Pixio PX248 Prime Advancedの台座裏

台座裏には滑り止めが3つあります。

Pixio PX248 Prime Advancedのスタンドに台座を取り付ける方法

スタンドと台座の取り付けは底面側のネジを締めるだけで行えます。

台座は割とコンパクトなので、ケーブルの抜き差しや本体の移動を行う際は注意してください。

フレームをしっかり抑えずに作業すると倒れやすいです。

Pixio PX248 Prime Advanced本体正面

本体正面から撮影した様子。
右下にはLEDがあり、使用中は青く点灯します。

Pixio PX248 Prime Advancedを最大限上向きにした様子

最大限上向きにした様子。

Pixio PX248 Prime Advancedを最大限下向きにした様子

最大限下向きにした様子。

Pixio PX248 Prime Advancedを机に設置した様子

幅140cm x 奥行75cmの机に設置した様子。

Pixio PX248 Prime Advancedを使用した時のイメージ(約80cm)

実際に使用した時のイメージ。(モニター表面から約80cm)

Pixio PX248 Prime Advancedを使用した時のイメージ(約50cm)

実際に使用した時のイメージ。(モニター表面から約50cm)

奥行75cmの机で一番奥に設置すると遠い感じなので、少し前に出した方が良いでしょう。

視野角と表示領域、応答速度など

九荻 新

PX248 Prime AdvancedはFast IPS採用なので視野角は広く、応答速度も良好です。

見る角度による色変化が気になる場面もありません。

VAパネル採用モニターでは暗い場面で残像が出やすいことがありますが、PX248PAはダークモードやゲームの暗い状況も全然OKです。

Pixio PX248 Prime Advancedを斜め上から見た様子

斜め上から見た様子。

Pixio PX248 Prime Advancedを斜め下から見た様子

斜め下から見た様子。

Pixio PX248 Prime Advancedを斜め左から見た様子

斜め左から見た様子。
※左上の方が波打っているように見えますが、これは肉眼では見えません

Pixio PX248 Prime Advancedを斜め右から見た様子

斜め右から見た様子。

Pixio PX248 Prime Advancedの表示領域(左上)

上と左右の表示領域はフレームから約4mm内側です。

Pixio PX248 Prime Advancedの表示領域(左下)

下側の表示領域はベゼルから約2mm内側となります。

OSDメニューと設定

九荻 新

OSD操作スティックの基本操作は押し込みでメニュー表示、上下で移動、右で進むと決定、左で戻るです。

スティックを押し込まずに上下左右に倒すと、割り当てられたショートカット(下記)が起動します。

上:入力端子の選択
下:明るさの調整
左:プリセットの変更
右:ゲームアシスト(タイマー、クロスヘアー、FPSカウンター)

Pixio PX248 Prime AdvancedのOSDメニュー(Display)

Displayでは明るさやコントラストを変更できます。

Pixio PX248 Prime AdvancedのOSDメニュー(Color)

Colorでは色温度やブルーライトの調整を行えます。

Pixio PX248 Prime AdvancedのOSDメニュー(Gaming Setup)

Gaming SetupではFreeSyncやOverdriveを設定できます。

Pixio PX248 Prime AdvancedのOSDメニュー(Input)

Inputでは入力端子を選択できます。
デフォルトはAuto Select(自動選択)です。

Pixio PX248 Prime AdvancedのOSDメニュー(System Setup)

System Setupでは言語やオーディオを調整できます。
日本語表示にしたい場合はLanguageから設定してください。

Pixio PX248 Prime AdvancedのOSDメニュー(User Data)

User Dataではお気に入りの設定をセーブ・ロードできます。

内蔵スピーカーについて

九荻 新

音楽やゲームをカジュアルに楽しむのであれば、内蔵スピーカーの音質でも十分足ります。

予算が少ない方やこだわりがない方はまず内蔵スピーカーを試してみましょう。

その一方で良い音質で音楽を聞きたい、FPSで音の方向を聞き分けたいなどのこだわりがある方は、別途スピーカーやヘッドセットを用意することをオススメします。

さすがに内蔵スピーカーでそれらの望みをかなえるのは難しいです。

レビューまとめ

九荻 新

23.8インチ、フルHD、144Hzと基本的な機能が揃ったPX248 Prime Advancedは初めて使うゲーミングモニターとしてオススメしやすい1台です。

Fast IPS採用で応答速度や視野角に不満がでないこと、スピーカー内蔵で予算を抑えられることもメリットとして挙げられます。

27インチクラスに比べると迫力や没入感で劣りますが、視線移動が少なくて済むので誰にでも扱いやすいモニターです。

価格も25,980円と抑えめですし、フルHDのゲーミングモニターで迷った時はPX248PAを選べば間違いありません。

ただしHDRは非対応となります。
使用する予定がある方はPX257 Primeを検討してみてください。
Pixio PX257 Primeを正面から見た様子 Pixio PX257 Primeのレビュー!フルHD+144Hzのゲーミングモニター