LenovoのPCを学割価格で購入しよう!

Pixio PXC325のレビュー!31.5インチ湾曲パネル+165Hzのゲーミングモニター

Pixio PXC325を正面から見た様子

九荻 新

Pixio PXC325のレビューをします。

同製品はフルHD+165Hzのゲーミングモニターで、31.5インチサイズと湾曲パネルにより大迫力を味わえることが特徴です。

パネルはVA採用で視野角が広く、新品価格が31,980円(9月30日現在)と手頃なのもメリットです。
Pixio PXC325のスペック
パネル種類(視野角) VA(178°/178°)
パネルサイズ 31.5インチ
サイズ(スタンドを含む) 711 x 525.9 x 251.4mm
解像度 1920 x 1080px @165Hz(16:9)
応答速度 1ms(MPRT)
明るさ 400cd/㎟
コントラスト比 4000:1
AMD FreeSync Premium 対応
入力端子 DisplayPort 1.4(165Hz) x2,
HDMI 2.0(165Hz) x2
HDR 対応
スタンド チルト対応
型番 PXC325
保証 3年間(パネルとメイン基板を除く)

メーカー公式サイト

※この記事は製品をご提供いただき、執筆しています

Pixio PXC325の外観と付属品

Pixio PXC325のパッケージ

PXC325のパッケージサイズは80 x 53 x 20cmで取っ手無しタイプです。

Pixio PXC325のパッケージから中身を引き出した様子

パッケージから中身を引き出した様子。
梱包材の側面には付属品が収まっています。

Pixio PXC325本体が梱包材に収まっている様子

モニターが梱包材に収まっている様子。

本体を包んでいる袋は画面側がクッション付き、背面側はクッション無しタイプです。

Pixio PXC325の付属品一覧

付属品は下記。

  • 取扱説明書(台紙)
  • スタンド
  • 台座+ねじ
  • DisplayPortケーブル(DP1.2,1.5m)
  • 電源アダプタ
  • 電源ケーブル

Pixio PXC325の背面

本体背面の様子。

Pixio PXC325背面のVESA用ネジ穴

背面中央にはスタンド取付場所とVESA用のネジ穴(100mmピッチ)があります。

Pixio PXC325背面のOSD操作スティック

背面の左端に電源ボタン兼OSD操作スティックがあります。

Pixio PXC325背面のケンジントンロック

OSDスティックの内側には盗難防止ワイヤーなどを取り付ける穴があります。

Pixio PXC325背面の端子類

中央下部には端子類が集められています。

左から電源端子、HDMI 2.0(165Hz) x2、DiplayPort 1.4(165Hz) x2、イヤホン端子です。

Pixio PXC325の台座裏側

台座裏側には滑り止めゴムが取り付けられています。

Pixio PXC325の背面にスタンドを取り付ける様子

モニター背面にスタンドを取り付ける様子。
2つのツメを先に入れてそのまま下ろせば固定完了です。

Pixio PXC325のスタンドに台座を固定する様子

スタンドに台座を固定する様子。
下側から2つのネジを締めてください。
※プラスドライバーは付属しません

Pixio PXC325を正面から見た様子

本体を正面から見た様子。
上と左右はフレームレスです。

Pixio PXC325の側面を斜め上から見た様子

側面から見ると画面がカーブしていることがよく分かります。

Pixio PXC325本体を真横から見た様子

本体を真横から見た様子。

Pixio PXC325本体を真横から見た様子(上向き)

本体を最大限上向き(15°)にした様子。

Pixio PXC325本体を真横から見た様子(下向き)

本体を最大限下向き(-5°)にした様子。

Pixio PXC325を机に設置した様子

幅140cm x 奥行75cmの机に設置した様子。
机の表面からモニターのフレーム下側までは約10.3cmです。

Pixio PXC325を使った時のイメージ(約80cm)

実際にPXC325を使用した時のイメージ。
(本体前面から自分の体まで約80cm)

Pixio PXC325を使った時のイメージ(約50cm)

実際にPXC325を使用した時のイメージ。
(本体前面から自分の体まで約50cm)

24インチや27インチクラスのモニターとは違う迫力があります。
近づき過ぎると圧迫感を感じるかもしれません。

視野角と表示領域、応答速度など

九荻 新

PXC325はVAパネル採用なので視野角は広めです。
一般的な使い方であれば、どの角度から見ても問題ありません。

パネルが湾曲している為、迫力や没入感は増す傾向ですが、その一方で直線が曲がって見えることがあるのでデザイン系の仕事で使うのは不向きになります。

応答速度は1ms(MPRT)でゲームなどの実使用上もおおむね快適です。
ただ、極端に暗い場面では少し残像を感じました。

また24~27インチクラスに比べてドットピッチが広いので、タスクバーなどで格子状のものが見えて少し気になることがあります。
※特に影響はありません

Pixio PXC325の視野角チェック(正面)

電源を入れて正面から見た様子。

Pixio PXC325の視野角チェック(斜め上)

斜め上から見た様子。

Pixio PXC325の視野角チェック(斜め下)

斜め下から見た様子。

Pixio PXC325の視野角チェック(斜め左)

斜め左から見た様子。

Pixio PXC325の視野角チェック(斜め右)

斜め右から見た様子。

Pixio PXC325の表示領域(左上)

上と左右の表示領域はフレーム部分から約6mm内側です。

Pixio PXC325の表示領域(左下)

下の表示領域はベゼルから約3mm内側となります。

OSDメニューと設定

九荻 新

基本的な操作はスティック押し込みでOSDメニューの呼び出し、右倒しで進む・決定、左倒しで戻る、上下で移動です。

OSDメニューを表示せず、上下左右に倒すと割り当てられているショートカットが動作します。

上:入力端子の選択
下:明るさの調整
左:プリセットの変更
右:ゲームアシスト機能

ちなみに、初期設定が必要な項目は明るさの調整とFreeSyncのオンオフ(デフォルトはオフ)ぐらいです。
他の項目は必要に応じて変更してください。

Pixio PXC325のOSDメニュー(ディスプレイ項目)

ディスプレイ項目では明るさやコントラストを変更できます。

Pixio PXC325のOSDメニュー(Color項目)

Color項目では色温度やガンマ値、ブルーライトフィルターなどを変更できます。

Pixio PXC325のOSDメニュー(ゲーミング設定)

ゲーミング設定ではFreeSyncやOverdriveのオン・オフ、ゲームアシスト機能(タイマー、クロスヘア・FPSカウンター)を使用できます。

Pixio PXC325のOSDメニュー(入力項目)

入力項目では入力端子を選択できます。
デフォルトは自動選択です。

Pixio PXC325のOSDメニュー(System Setup)

System Setup項目では表示言語(デフォルトは英語)やOSD表示位置などを変更できます。

Pixio PXC325のOSDメニュー(User Data項目)

User Data項目ではお気に入りの設定をセーブしたり、ロードしたりできます。

PXC325とPX278の違いについて

PXC325と先日レビューしたPX278の違いを解説します。

下記は2製品の比較表です。

PXC325 PX278
パネルサイズ 31.5インチ 27インチ
パネル種類(視野角) VA(178°/178°) TN(178°/160°)
パネル形状 カーブ フラット
解像度 フルHD(1920x1080px) WQHD(2560x1440px)
動作周波数 165Hz 144Hz
迫力・没入感
応答速度 1ms(MPRT) 1ms(GTG)

九荻 新

両製品とも液晶モニターとしては大きめでどちらも迫力・没入感が増す傾向ですが、違いもあります。

どちらにするか迷った時は何を優先するかが重要です。

PXC325は31.5インチ+湾曲パネルな為、とにかく迫力と没入感が欲しい方に向いています。

解像度がフルHDなので、ミドルクラスのPCでもfpsを稼ぎやすいこともメリットです。

PX278は27インチ+フラットパネルな為、PXC325に比べると迫力・没入感は少し下がります。

解像度はWQHDで、よりキレイな表示でゲームをプレイできることがメリットです。
※その分、PCが要求される性能は高めになります

大迫力もキレイさも欲しい方は31.5インチ+湾曲パネルでWQHDなPXC327を選びましょう。

レビューまとめ

九荻 新

PXC325を実際に使ってみた印象はアクションやレースゲームと相性抜群だということ。

スペックが同等の最安製品と比べて約2千円安いので、3枚並べてフライトシム(Microsoft Flight Simulatorなど)をプレイするのも良いでしょう。

FPSやTPSも臨場感が増して楽しいですが、一般的なサイズのゲーミングモニターに比べると視線移動が多くなってしまう為、競技としてゲームをする方にはやや不向きだと感じました。

もちろん競技者以外の方には関係ありませんし、24~27インチクラスにはない迫力と没入感を体験できるのは大きなメリットかと思います。

それらを重要視するカジュアルゲーマーの方にとって、PXC325は有力な選択肢となるでしょう。