MSI Optix MAG341CQをレビュー!34型(3440×1440)のウルトラワイドゲーミングモニター

MSI Optix MAG341CQのパッケージ PC周辺機器

MSI Optix MAG341CQのレビューをします。

同製品は34型(3440×1440)のウルトラワイドゲーミングモニターで、広い視野角(178°)や高い没入感が特徴です。

MSI Optix MAG341CQのスペック
パネル種類VA
パネルの光沢非光沢(ノングレア)
パネルサイズ34インチ
解像度3440 x 1440px @100Hz(21:9)
応答速度8ms
明るさ250cd/m²
コントラスト比3000:1
FreeSync対応
入力端子DisplayPort 1.2,HDMI 2.0,DVI
保証3年間

MSI Optix MAG341CQのレビュー

MSI Optix MAG341CQの外箱

外箱の様子です。
配送時はこちらに伝票が貼られるので、パッケージが汚れたりすることはありません。

サイズは19.5 x 93.5 x 49.5cm。

MSI Optix MAG341CQのパッケージ

パッケージ(内箱)の様子。
こちらのサイズは18 x 92 x 47.5cmです。

MSI Optix MAG341CQのパッケージに記載されている主なスペック

パッケージの右端には主なスペックが記載されています。

MSI Optix MAG341CQのパッケージを開けた様子

パッケージを開けた様子。
手前側に付属品が入っているので、開封時は倒してから引き出しましょう。

MSI Optix MAG341CQの付属品が収まっている様子

付属品が収まっている様子です。
各部品については後でふれます。

MSI Optix MAG341CQの本体が収まっている様子

モニター本体が収まっている様子。

MSI Optix MAG341CQ本体表側

モニター本体表側の様子です。
左下にスペックシール、中央にmsiロゴ、右下にボタン類があります。

MSI Optix MAG341CQ本体表側のスペックシール

このスペックシールを剥がすと少し粘着剤が残ります。
選択肢としては剥がさない、もしくは剥がして粘着剤を除去するの2つです。

MSI Optix MAG341CQ本体表側のmsiロゴ

中央下部のロゴは印刷です。
光ったりはしません。

MSI Optix MAG341CQ本体表側のボタン類

ボタン類は左からOSDメニュー、上下左右の移動、決定、電源となります。

MSI Optix MAG341CQ本体を横から見た様子

本体を横から見るとカーブ(湾曲)モニターであることがわかりやすいです。

MSI Optix MAG341CQ本体裏面の様子

本体裏面の様子。
中央の銀色部分が台座を取り付ける場所で、その下の四角はケーブル隠しとなっています。

このケーブル隠しですが、取り付け・取り外しがかなり固い上にケーブル類の取り回しが悪くなるので、使わない方が良いかもしれません。

MSI Optix MAG341CQ本体裏面のケーブル隠しを取り外した様子

ケーブル隠しを取り外すと端子類が現れます。
左からDVI、HDMI、DisplayPort、電源端子です。

MSI Optix MAG341CQの付属品

付属品は下記。

  • クイックスタートガイド
  • 保証ガイド
  • HDMIケーブル(約150cm)
  • DisplayPortケーブル(約140cm)
  • 電源ケーブル(約150cm)
  • 台座のネジ隠し
  • ネジ 2本
  • 台座のパーツ 2個
MSI Optix MAG341CQの台座の取り付け方01

台座はパーツ同士の突起部分を合わせてはめ込みます。

MSI Optix MAG341CQの台座の取り付け方02

次に底面のプラスネジを閉めます。
※ドライバーは付属しません

MSI Optix MAG341CQの台座の取り付け方03

モニターと台座の接続部を合わせます。

MSI Optix MAG341CQの台座の取り付け方04

プラスネジ 2本を閉めます。

MSI Optix MAG341CQの台座の取り付け方05

ネジ隠しの突起と台座側の欠けを合わせて取り付ければ、作業完了です。

MSI Optix MAG341CQを140cm幅のデスクに設置した様子

幅140cmのデスクにMAG341CQを設置した様子。
想像以上に幅を取りますが、台座は小さめなので奥行はあまりいりません。

台座のバランスはあまりよくないので、取り扱いには注意が必要です。
少しぶつかった程度でも倒れる場合があります。

モニターアームを使うには

MAG341CQはVESA規格に対応していません。
どうしてもアームを使いたい場合はAG242M5というアダプターを用意する必要があります。

ここで問題になるのはAG242M5の取り扱いが国内では無いこと。
入手方法はAmazon.comからの個人輸入になります。(1番安い発送方法を選んでも3,500円強します)

購入方法については下記記事を参考にしてください。
EVGA製品をamazon.com(アメリカ 通称:米尼)で購入・個人輸入する方法

MSI Optix MAG341CQ向けのVESAアダプター(AG242M5)

上記画像がAG242M5本体の様子です。
付属品として説明書やネジが含まれます。

MSI Optix MAG341CQにVESAアダプター(AG242M5)を取り付けた様子

AG242M5の取り付け方は簡単で、台座を取り外し+交換+ネジ止めするだけです。
あとはモニターアームと接続すれば作業完了となります。

わたしはグリーンハウスのGH-AMCA02を購入しました。
同アームは27インチまでの対応ですが、耐荷重面では問題がなく、正常に使用できます。

G-SYNC Compatibleについて

MAG341CQはG-SYNC Compatibleの対応リストには掲載されていませんが、DisplayPortで接続すればNVIDIAコントロールパネルでG-SYNCを有効化できます。

ゲーム時の挙動も不自然な感じはなく、正常に動作している感じです。

文字の大きさに関して

28インチや32インチの4K(3840×2160)モニターに比べると文字は大きいです。

基本的には等倍表示(100%)でいけるかと思います。

フルスクリーン時の挙動について

21:9対応のゲームの場合はフルスクリーンで問題なく表示されます。

16:9のみ対応のゲームをフルスクリーンでプレイすると横に引き伸ばされるので、ウィンドウモードがオススメです。

16:9の動画をフルスクリーンで再生すると両サイドに黒帯が入りますが、引き伸ばされることはありません。

21:9に非対応のBIOSの場合、強制的に引き伸ばされるので見にくいです。

短所

水平を出しにくい
台座は上向き・下向きの調整はできますが、他の機能はありません。
わたしの場合、4~5回取り付け・取り外しを行いましたが、結局水平にはできませんでした。
どうしても右側が下がる感じです。
方眼紙(格子)のようなものが見える
表面処理の問題なのか分かりませんが、近づくと方眼紙(格子)のようなものが見え、特にタスクバー部分が目立ちます。

使用したビデオカードはRTX 2070ですが、ビデオカードの問題なのか、ドライバーなのか、相性なのかは分かりません。
同様の症状が出ている方はいないようなので、わたしの環境の問題である可能性が高いです。
残像が気になる時がある
ゲーム時は気になりませんが、WEBブラウジング時に残像が出ます。
黒背景で白文字のWEBページはかなり気になる感じです。

長所

没入感が凄い
アスペクト比21:9なので、ゲームプレイ・動画鑑賞時の没入感は抜群です。
16:9のモニターよりも表示領域が広く、対戦ゲームなどでは有利に働くでしょう。
広いので作業しやすい
解像度が3440x1440pxあるので、並列作業がかなりしやすいです。
ブラウザやエディタ、その他アプリなどを2分割・3分割で表示すると快適になります。

ただ、カーブモニターの特性上、直線の判別がフラットモニターよりも難しいです。
そのため、WEBデザインやCADなどの厳密な作業には向きません。

さいごに

UWQHD(3440x1440px)のモニターとして最安なのは大きなメリットです。
一緒にハイエンドなビデオカードを購入しても、トータルの出費が抑えられますし。

ただ、わたしは方眼紙の問題が解決できなかったので、別のモニターを買いました(Pixio PX329)。

予算に余裕があるのであれば、価格は高いですが機能モリモリの34GK950F-Bを選んでも良いかなと思います。

液晶モニター関連記事

ボーダーランズ3が発売中です

一人称のアクションRPGゲーム ボーダーランズ3が2019/09/13に発売されました。

PC版はEpic Gamesで買うより、Green Man Gamingで購入する方が安いです。

バージョンの違いについては下記記事で紹介しています。
ボーダーランズ3(Borderlands 3) PC版の予約はGreen Man Gamingが安いよ

購入方法については下の記事で解説しています。
Green Man GamingでPCゲームを格安で買おう!購入方法も紹介するよ

スポンサーリンク