Adobe CCが最安39,980円(税込)

SILVERSTONE SETA A1(SST-SEA1GW-G)のレビュー

SILVERSTONE SETA A1(SST-SEA1GW-G)を斜め前から撮った様子

SILVERSTONE SETA A1(SST-SEA1GW-G)のレビューをします。

同製品はATX対応のミドルタワーケースで、200mmファンが2つ付属することやアドレッサブルRGBに対応していることが特徴です。

色は3色展開になっています。

  • SST-SEA1GW-G (白地にローズゴールド)
  • SST-SEA1SB-G (黒地にシルバー)
  • SST-SEA1TB-G (黒地にチタン)
SILVERSTONE SETA A1のスペック
ケースタイプミッドタワー
サイズ225mm(W)x470mm(H)x432mm(D)
ドライブベイ0 x 5.25
4 x 2.5
2 x 3.5
拡張スロット7+2
CPUクーラー高さ175mmまで
ビデオカード長さ350mmまで
電源長さ180mmまで
対応マザーボードATX,Micro-ATX,Mini-ITX

メーカー製品情報ページ

SILVERSTONE SETA A1のレビュー

SILVERSTONE SETA A1(SST-SEA1GW-G)のパッケージ

SILVERSTONE SETA A1のパッケージサイズは57x33x55cmで、重量は10.2kgあります。

SILVERSTONE SETA A1(SST-SEA1GW-G)のパッケージを開封した様子

パッケージを開封した様子。
緩衝材とビニール袋で梱包されています。

SILVERSTONE SETA A1(SST-SEA1GW-G)を斜め前から撮った様子

ケース本体を斜め前から撮った様子。
強化ガラスパネルには保護フィルムが貼られているので、使用前にはがしましょう。

SILVERSTONE SETA A1(SST-SEA1GW-G)の前側

ケースを前から見た様子。
フロントパネルの一番前は金属(アルミ)になっています。

SILVERSTONE SETA A1(SST-SEA1GW-G)のフロントパネル上部に貼られているシール

シールに描かれているように、フロントパネルは下側に手を入れて外す形です。

SILVERSTONE SETA A1(SST-SEA1GW-G)のフロントパネル上部に貼られているシールをはがそうとした様子

ちなみにこのシールはやわらかい紙製なので、とてもはがしにくいです。

SILVERSTONE SETA A1(SST-SEA1GW-G)のフロントパネル上部に貼られているシールをキレイにはがせた様子

ある程度はがした後に布テープを使うと、粘着材がキレイに取れます。

SILVERSTONE SETA A1(SST-SEA1GW-G)のフロントI/O

フロントのスイッチ・端子類は左から電源・リセットボタン、イヤホン端子、USB3.0 x2、USB 3.1 Gen 2 Type-Cです。

一番右の穴は端子ではありません。

SILVERSTONE SETA A1(SST-SEA1GW-G)本体上側

ケース本体上側の様子。

SILVERSTONE SETA A1(SST-SEA1GW-G)本体上側のダストフィルターを裏返した様子

ダストフィルターはマグネット式なので、かんたんに取り外し・清掃が行えます。

SILVERSTONE SETA A1(SST-SEA1GW-G)本体上側のダストフィルターを取り外した様子

トップに取り付けられるファンは120mm x2 or 140mm x2です。

SILVERSTONE SETA A1(SST-SEA1GW-G)の左側面

ケース左側面の様子。
ガラスパネルは背面側のネジを緩めて取り外します。

SILVERSTONE SETA A1(SST-SEA1GW-G)の背面

ケース背面の様子。
背面側にはデフォルトで120mmファンが付いています。
※140mmファンは非対応

SILVERSTONE SETA A1(SST-SEA1GW-G)の背面ネジ部分

背面側のネジ周りの様子。
ここは若干塗装が甘くなっています。

SILVERSTONE SETA A1(SST-SEA1GW-G)の右側面

ケース右側面の様子。
こちらのサイドパネルも背面のネジで固定されています。

SILVERSTONE SETA A1(SST-SEA1GW-G)の底面

底面ダストフィルターの様子。
背面方向に引くと、簡単に取り外せます。

SILVERSTONE SETA A1(SST-SEA1GW-G)の底面ダストフィルターを取り外した様子

ダストフィルターを取り外した様子。

四隅の足はゴムが貼られているので、防振+滑り止め機能が期待できます。

SILVERSTONE SETA A1(SST-SEA1GW-G)のガラスパネル内側

ガラスパネル内側の様子。

SILVERSTONE SETA A1(SST-SEA1GW-G)の内部

ケース内部の様子。

SILVERSTONE SETA A1(SST-SEA1GW-G)の右サイドパネル内側

右サイドパネル内側の様子。

SILVERSTONE SETA A1(SST-SEA1GW-G)のフロントパネル内側

フロントパネル内側の様子。

黒い部分はダストフィルターです。
上下の斜めになっている白い部分はRGB対応なので、光らせることができます。

SILVERSTONE SETA A1(SST-SEA1GW-G)フロントパネルのRGBコネクタ

RGB LED用コネクタの様子。

SILVERSTONE SETA A1(SST-SEA1GW-G)フロントのダストフィルター単体

フロントのダストフィルター単体の様子。
左側のツメをフロントパネルに入れて、押し込むと簡単に固定できます。

SILVERSTONE SETA A1(SST-SEA1GW-G)フロントの200mmファン2個の様子

ケース前面に取り付けられているファンの様子。
サイズは200mmで2個取り付けられています。

SILVERSTONE SETA A1(SST-SEA1GW-G)フロントパネルの吸気スペース

フロントパネルの金属とダストフィルターには隙間があるので、吸気はここから行われます。

SILVERSTONE SETA A1(SST-SEA1GW-G)右側面内部

ケース右側面内部の様子。
CPU裏のカットホールは広めです。

SILVERSTONE SETA A1(SST-SEA1GW-G)の右側面下部

ケース内下部のスペースには3.5インチベイ2個と電源が入ります。

SILVERSTONE SETA A1(SST-SEA1GW-G)の2.5インチベイ

カットホール下の2.5インチベイの様子。

SILVERSTONE SETA A1(SST-SEA1GW-G)の2.5インチベイを取り外した様子

SSDなどの2.5インチベイは裏からネジ止めして、固定します。

SILVERSTONE SETA A1(SST-SEA1GW-G)の3.5インチベイを取り外そうとしている様子

ケース下部の3.5インチベイの様子。
こちらは2個まとめてケース外に出すことはできません。(引っかかります)

取り外す際は黒いネジを外し、手前に引き出します。

結構固めなので手袋を使用しましょう。

SILVERSTONE SETA A1(SST-SEA1GW-G)の3.5インチベイを取り外した様子

3.5インチベイを取り出した様子。

SILVERSTONE SETA A1(SST-SEA1GW-G)の3.5インチベイを取り外して裏表で並べた様子

3.5インチベイの裏表を並べた様子。
取り外し方が分かりにくい場合はこちらを参考にしてください。

SILVERSTONE SETA A1(SST-SEA1GW-G)の3.5インチベイを取り外して横から見た様子

3.5インチベイを横から見た様子。
上のベイを右方向に引くと、ツメが外れて分離します。

SILVERSTONE SETA A1(SST-SEA1GW-G)の付属品

付属品は保証情報の紙、ネジ、結束バンド、RGB用ハブです。

紙のマニュアルは付属しません。

SILVERSTONE SETA A1(SST-SEA1GW-G)のRGB用ハブ表側

RGB用ハブ表側にはMODE切り替えボタンがあります。

SILVERSTONE SETA A1(SST-SEA1GW-G)のRGB用ハブ側面

側面には端子が2個ずつあります。
(左右合計4個)

SILVERSTONE SETA A1(SST-SEA1GW-G)のRGB用ハブ上側

RGB用ハブの上側には2pin端子があります。
※こちらは何に使うのか分かりません

SILVERSTONE SETA A1(SST-SEA1GW-G)のRGB用ハブの接続コネクタ

RGB用ハブにはSATAケーブルを接続します。

SILVERSTONE SETA A1(SST-SEA1GW-G)フロント側のラジエータースペース

ケース内部ラジエータースペースの様子。
こちらの幅は約6.5cmです。

SILVERSTONE SETA A1(SST-SEA1GW-G)にPCパーツを組み込んだ様子(フロントファンが内側)

ケース内部にPCパーツを組み込んだ様子。
この画像では前面ファンを内側に取り付けています。

SILVERSTONE SETA A1(SST-SEA1GW-G)にPCパーツを組み込んだ様子(フロントファンが外側)

PCパーツを組み込んだ様子2。
画像のようにファンをフロントパネル側に取り付けた方が内部スペースは広くなります。

ただ取り付け時に通常のドライバーが入らなかったりするので、パーツを組み込む前にファンを取り付けるか、オフセットラチェットドライバーを使用しましょう。

SILVERSTONE SETA A1(SST-SEA1GW-G)で裏配線している様子

ケース右側面内部の様子。
裏配線スペースは1.8cm程度しかないので、かなりギュウギュウです。

静音性について

SILVERSTONE SETA A1は一般的なPCケースと同程度の静音性を備えた製品です。

ゲーム中のファン音はそれなりに漏れますが、アイドル時はほとんど聞こえません。

特に付属の200mmフロントファンはゆるゆる回ってくれるので、わりと静かです。

ただ、NF-F12 PWMのように風量が多いファンを前面に使用すると、フロントパネルに音が響く傾向にあります。

NF-F12 PWM自体は静音性に優れたファンなので、おそらく相性の問題です。

長所

コンパクトなのに大型PCパーツが入る
SETA A1はコンパクトなミドルタワーながら、CPUクーラーは175mmまで、ビデオカードは350mmまで、電源は180mmまでの対応です。

現在使用しているCPUクーラー CRYORIG R1 ULTIMATE V2は高さが168.3mmもありますが、同ケースなら楽々収まります。
デザインがカッコいい
わたしはフロントパネルのデザインに惚れて、衝動買いしました。
もちろん機能・性能面でも問題はありません。

短所

前面ダストフィルターの固定が甘い
SILVERSTONE SETA A1(SST-SEA1GW-G)フロントのダストフィルターの固定用ツメ

フロントパネルにあるダストフィルターを固定するツメ(赤枠部分)が小さく、固定が甘いです。
きちんと取り付けても突然外れて、ファンと接触し爆音が発生することがありました。

ダストフィルターを使用する場合は養生テープで固定した方が良いでしょう。

まとめ

大型PCパーツが使えて小さめのケースが欲しい方にとって、SETA A1は有力な選択肢です。

デザインも好みであれば買って損はしませんし、わたし自身もかなり気に入っています。

個人的にはダストフィルター固定用ツメがしっかりしていて、フロントパネルのシールがはがしやすいとなお良かったです。