ゼンハイザー HD 4.40 BTをレビュー!apt-X対応の密閉型ワイヤレスヘッドホン

ゼンハイザー HD 4.40 BTのパッケージ ハードウェア

ゼンハイザー HD 4.40 BTのレビューをします。

同製品はHD 4.30(有線ヘッドホン)のBluetoothモデルで、NFC、apt-X対応、25時間駆動のバッテリーが主な特徴となります。

まずはスペックを確認しましょう。

ゼンハイザー HD 4.40 BTのスペック
型式 密閉ダイナミック型
通信方式 Buetooth 4.0
対応コーデック apt-X,SBC
バッテリー 約25時間
質量 225g
保証 2年間

メーカーページ

スポンサーリンク

ゼンハイザー HD 4.40 BTのレビュー

ゼンハイザー HD 4.40 BTのパッケージ

パッケージサイズは18x23x10cm。

ゼンハイザー HD 4.40 BTのパッケージ裏面

保証書はパッケージの裏面に貼られているので、誤って捨てないようにしてください。

ゼンハイザー HD 4.40 BTのパッケージを開封した様子

パッケージを開封した様子。
セミハードケースはついておらず、プラに折りたたまれた状態で収まっています。

ゼンハイザー HD 4.40 BTの製品内容(付属品)

製品内容(付属品)は下記。

  • ヘッドホン本体
  • 充電用USBケーブル
  • 有線用ステレオミニケーブル(1.4m)
  • キャリングポーチ
  • 取扱説明書
  • セーフティガイド
ゼンハイザー HD 4.40 BT単体の様子

ヘッドホン本体の様子。
ボタン類は右耳側に集中しています。

ゼンハイザー HD 4.40 BTの左耳外側

左耳外側はNFCのタッチ面です。

ゼンハイザー HD 4.40 BTの右耳外側

調べたのですが、右耳外側の穴の役割は分かりませんでした。

ゼンハイザー HD 4.40 BTのバンドを伸ばした様子

ヘッドバンドを伸ばした様子。
細い部分の幅は約1.2cm、太い部分は約2.4cm幅です。

ゼンハイザー HD 4.40 BTのイヤーパッド内部

イヤーパッド内の穴は6×3.4cm。
オーバーイヤータイプのヘッドホンとしては小さめです。

ゼンハイザー HD 4.40 BTのボタン類

ボタン類の様子。
上から電源ボタン、マルチファンクションボタン、音量調整ボタン、ステレオミニ端子、microUSB端子となります。

長所

音質はなかなか
1万円強のBluetoothヘッドホンとしては、かなりがんばっている印象です。

ただ、密閉型なので音の抜けはよくありません。
ゼンハイザーが得意とする開放型ヘッドホンの音傾向とは違います。
オーバーイヤータイプである
この価格帯だとオンイヤータイプが多いですが、同製品はオーバーイヤータイプとなります。
頭がでかいわたしがオンイヤータイプを使うと、すぐに耳が痛くなるのでありがたいです。

短所

付け心地は微妙
側圧は割とゆるめで耳は痛くなりにくいですが、ヘッドバンドが細く、クッションも薄いので、頭頂部が痛くなる場合があります。

HD598と比べると側圧はキツめ、装着感はボロ負けです。
イヤーパッドの穴が小さい
これも付け心地に関連する話ですが、オーバーイヤータイプとしては穴が小さめです。

耳の上側はスッポリと収まりますが、耳たぶはクッションに挟まれる形になります。
そのため長時間装着すると、耳たぶがピンポイントで痛くなることがあります。

HD 4.50BTNCとの違い

HD 4.40 BTにノイズキャンセリング機能を付けたのがHD 4.50BTNCです。

他にHD 4.40 BTは25時間駆動、HD 4.50BTNCは19時間駆動という違いがあります。

思ったこととか

安く、それなりの音質、オーバーイヤータイプが良いという方向けのワイヤレスヘッドホンです。

装着感を優先するのであれば、SONY WH-CH700NRazer Thresher 7.1(ワイヤレスヘッドセット)HD 598 SR(有線ヘッドホン)あたりをオススメします。

スポンサーリンク