Fractal Design Define R5 Titanium Greyのレビュー

Fractal Design Define R5 Titanium GreyにPCパーツを組み込んだ様子

Fractal Design Define R5 Titanium Greyのレビューをします。

同製品はミドルタワーの定番PCケースで、静音性と高い拡張性を備えていることが特徴です。

色はTitanium Grey、Black Pearl、Whiteの3色展開となっています。

モデル Define R5 Titanium Grey
型番 CS4988 FD-CA-DEF-R5-TI
ケースタイプ ミドルタワー
寸法 (H x W x D) 451 x 232 x 521 mm
実重量 11.2 kg
ドライブベイ 2 x 5.25’’(外部)
8 x 3.5’’ or 2.5’’(内部)
2 x 2.5’’(内部)
拡張スロット 7
対応マザーボード Mini ITX,Micro ATX,ATX

メーカー製品情報ページ

スポンサーリンク

Fractal Design Define R5 Titanium Greyのレビュー

Fractal Design Define R5 Titanium Greyのパッケージ

パッケージサイズは33x53x61cm。
伝票直張りかなと思っていましたが、ラップのようなものが巻かれていました。

Fractal Design Define R5 Titanium Grey本体正面の様子

本体正面の様子。

Fractal Design Define R5 Titanium Greyのフロントドアを開けた様子

フロントドアを開けた様子。
ドア裏には吸音シートが貼られています。

Fractal Design Define R5 Titanium GreyのフロントI/Oの様子

フロントI/Oは、左からヘッドホン、マイク端子、リセットボタン、電源ボタン、USB2.0 x2、USB3.0 x2となっています。

Fractal Design Define R5 Titanium Greyのフロントドアを逆向きに取り付けた様子

フロントドアは、逆開きにすることも可能です。

Fractal Design Define R5 Titanium Greyの天板の様子

天板の3つの板を外すとメッシュになっており、ファンを3つ搭載することができます。

Fractal Design Define R5 Titanium Grey左側面の様子

本体左側面の様子。
小さい四角はファンを取り付ける際には外します。

Fractal Design Define R5 Titanium Grey左サイドパネル内側の様子

左サイドパネル内側の様子。
全面に吸音シートが貼られています。

Fractal Design Define R5 Titanium Greyのケース内部の様子

ケース内部の様子。

Fractal Design Define R5 Titanium GreyのHDDケージを取り外した様子

ケース内部のHDDケージを取り外すと、440mmまでのグラフィックスカードを設置できます。

下部のHDDケージを外したい場合は、ケース底面のネジを取り外す必要があります。

Fractal Design Define R5 Titanium Greyケース背面の様子

ケース背面の様子。

Fractal Design Define R5 Titanium Grey右サイドパネル内側の様子

右サイドパネル内側の様子。
こちらにも吸音シートが貼られています。

Fractal Design Define R5 Titanium Grey右サイドケース内部の様子

右サイドのケース内部の様子。
2つの白い長方形は2.5インチドライブベイです。

ケーブルはマジックテープでまとめることができます。

Fractal Design Define R5 Titanium Grey底面の様子

ケース底面にはダストフィルターが付いています。

Fractal Design Define R5 Titanium Greyケース底面のダストフィルターを取り付けた様子

底面のダストフィルターを取り外した様子。

Fractal Design Define R5 Titanium Greyの付属品

付属品はユーザーガイドとネジ類のみです。

Fractal Design Define R5 Titanium Greyのドライブベイを取り外した様子

2.5/3.5インチ共用ドライブベイの様子。
2.5インチは中央4つのネジで固定、3.5インチは両端の穴に防振ゴムを入れてネジで固定する形です。

Fractal Design Define R5 Titanium Greyケース前面のダストフィルターを取り外した様子

ケース前面のダストフィルターを外した様子。
ここからファンの交換・設置を行えます。
下部にファンを取り付ける場合でも、HDDケージの取り外しは必要ありません。

Fractal Design Define R5 Titanium GreyにPCパーツを組み込んだ様子

ケースにPCパーツを組み込んだ様子。

良いところ

静音寄りにも冷却寄りにも対応できる
ファンの回転数を絞れば、かなりの静音PCにできます。
逆にファンを増設して、天板などを開けてやれば、冷却能力の高いPCにすることも可能です。
コンパクトである
ミドルタワーとしては普通のサイズかもしれませんが、これまで巨大なPCケース(Thermaltake Core WP100)を使っていたので、とても小さく感じますし、圧迫感もなくなりました。
組みやすい
自作PC初心者でも組みやすいケースです。
迷うことはほとんどないでしょう。

残念なところ

ケース上部にあるケーブルホールが狭い
マザーボードを設置した上に裏配線用のケーブルホールがあるのですが、狭くてファンケーブルぐらいしか通りません。

EPS12Vケーブルを通したかったので、これは残念です。
塗装が甘いところがある
ケース内側ですが、きちんと塗装されていない(薄い)場所がありました。

購入候補に挙がった他のPCケース

最初はEVGA DG-7シリーズを検討していたのですが、送料がかなり高くなることと詳細情報がなかなか出てこないことから見送りました。

次にAntec P110 silentに目をつけましたが、注文から発送までに時間がかかりそうだったので、あきらめた次第です。

思ったこととか

実際に買ってパーツを組み込んだ感想は、よく出来ているなぁというものです。

値段も手頃ですし、組みやすいので、人気があるのもうなずけます。

欲を言えば、ケーブルホールをどうにかして欲しかったですが、きっと次回作(Define R6?)では直してくれるでしょう。

期待しています。

スポンサーリンク

お役に立ちましたら、シェアをお願いします

プロフィール

九荻 新のプロフィール画像

名前:九荻 新(くおぎ あらた)
埼玉県在住のブロガー。
1983年11月30日生まれ。

趣味は自作PC。
30歳を過ぎて、手の脂が減り、
ビニール袋を開けられなくなった。
詳しいプロフィール

サイト内検索