Macrium Reflect Free Editionでバックアップする方法

Macrium Reflect Free Editionの起動画面 PCソフトウェア

無料のバックアップソフト Macrium Reflect Free Editionの使い方を紹介しています。

前回(2回目)は、Macrium Reflect Free Editionで起動ディスク(レスキューCD)を作成する方法を紹介しました。

3回目の今回は、Macrium Reflect Free Editionでバックアップする方法を解説します。

バックアップするには、バックアップ対象とは別のHDD or SSDが必要となります。

USBメモリを使う場合は、32GB以上を推奨。
DVDでもバックアップは可能ですが、複数枚になり管理が面倒です。

個人的には、外付けHDDを用意することをオススメします。
※もちろん、内蔵HDDでもOKです

スポンサーリンク

バックアップ手順

今回は例として、WindowsがインストールされているSSDを丸ごとバックアップします。
※ローカルディスクCの他にボリューム(DやE)が無い状態です。

1.Macrium Reflect Free Editionを起動します。

2.バックアップするHDD・SSDの左側にチェックを入れます。
デフォルトでチェックが入っているはずです。

Macrium Reflect Free Editionでバックアップする方法(手順)1

3.すぐ下に表示されている、Image this diskをクリックします。

Macrium Reflect Free Editionでバックアップする方法(手順)2

4.バックアップファイルを保存するフォルダを選択します。
ここでチェックをCD/DVD Burnerにすれば、DVDでバックアップ可能。

Macrium Reflect Free Editionでバックアップする方法(手順)3

5.Nextをクリック。

Macrium Reflect Free Editionでバックアップする方法(手順)4

6.Finishをクリック。

Macrium Reflect Free Editionでバックアップする方法(手順)5

7.Run this backup nowにチェックが入った状態で、OKをクリック。

Save~のチェックは、入れたままを推奨。
デフォルトでチェックが入っています。

Macrium Reflect Free Editionでバックアップする方法(手順)6

8.バックアップが始まるので、しばらく待ちます。
※Hideをクリックするとタスクトレイに収まります。

Macrium Reflect Free Editionでバックアップする方法(手順)7

9.終了したらOK、Closeの順でクリック。
ソフトも閉じてしまいましょう。

Macrium Reflect Free Editionでバックアップする方法(手順)8 Macrium Reflect Free Editionでバックアップする方法(手順)9

10.バックアップ先に指定したフォルダを確認します。
~.mrimgというファイルがあれば、作業は終了です。

補足

Windowsがインストールされているドライブをバックアップする場合は、ドライブを丸ごとバックアップするのが無難です。

理由はCドライブの他に、システム情報が含まれているパーティションがあるから。

Windows8.1の場合、Cドライブの他に300MB,100MB,128MBのパーティション(名無し)が存在。

それらも一緒にバックアップを取っておかないと、復元に失敗する可能性があるので、注意が必要です。

補足2

手順3のところで、左側にあるClone this diskをクリックすると、クローンドライブを作ることが出来ます。

HDD・SSDの交換を行う際に使うと、便利です。

Macrium Reflect Free Edition関連記事

Adobe CCが29,800円

2019年2月に価格改定が行われるAdobe Creative Cloudですが、実は29,800円で購入・更新する方法があります。

方法はいたって簡単でたのまなのオンライン通信講座(Adobe Creative Cloud 12ヶ月版が付属)を申し込むだけ。

詳しい申込み方法や仕組みについては下記記事で紹介しているので、そちらをご覧ください。

価格改定前にAdobe Creative Cloudを29,800円で購入・更新しよう

Amazonビジネスをチェック

Amazonビジネスは法人・個人事業主向けのビジネス購買専門サイトです。

主な特徴は下記。

  • 無料で登録できる
  • 法人・個人事業主向けの特別価格がある
  • 数量割引がある
  • 法人向けクレジットカードや請求書払いにも対応
  • 購買データの取得・レポートで履歴を管理・分析でき、帳簿作成や経費処理の手間を削減可能

Amazonビジネスの概要ページでは導入事例やよくある質問が掲載されています。
法人・個人事業主の方はぜひご覧ください。

スポンサーリンク