Google AdSenseのレスポンシブ広告で形状を指定する方法

WEBのアイキャッチ WEB

Google AdSenseのレスポンシブ広告で形状を指定する方法を紹介します。

自分が思っているサイズの広告が出ない、やけに横長の細い広告が出るんだよと感じている方は、ぜひ一度お試し下さい。

設定方法はとても簡単です。

設定方法

1.Google Adsenseにログインして、レスポンシブ広告のコードを取得します。
※現在はスマートサイズ・アドバンスのコード区分けがないので、普通に取得して下さい。

2.コードの一部を書き換えます。
メモ帳やテキストエディタに貼り付けて、作業すると楽です。

書き換える部分は下記。

data-ad-format="auto"

“auto”を表示したい形状に合わせて書き換えます。

レクタングルがよければ、data-ad-format=”rectangle”
縦長がよければ、data-ad-format=”vertical”
横長がよければ、data-ad-format=”horizontal”

3.サイトに貼り付けて、動作確認をして下さい。

補足

Google Adsenseのコード改変(変更)は禁止じゃないの?と心配される方がいるかもしれませんが、大丈夫です。

レスポンシブ広告ユニットは改変が許可されています。
AdSense 広告コードの修正 – Adsense ヘルプ

この記事で紹介した方法やCSSを使って正確なサイズを指定する方法も、公式ヘルプに記載されています。
レスポンシブ広告ユニットを作成する – Adsense ヘルプ

補足2

形状を指定した場合もレスポンシブは有効か?という疑問があるかもしれませんが、問題ないです。

(例)
“rectangle”と指定した場合、ブラウザの幅が広ければレクタングル(大)、狭ければレクタングル(中)が表示されます。

さいごに

形状を指定したからといって、収益が上がるとは限りません。
一定期間のテストは必要でしょう。

そこらへんは個人の裁量で行って下さい。

Dropbox Plus 3年版がセール中

通常価格36,000円のDropbox Plus 3年版が、現在24,800円でセール中です。(11,200円お得)

本数+期間限定なのでお早めにどうぞ。

Dropbox Plusのセールページを見る

Youtubeを始めました

メモトラPCチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCqOiuPy6lccc5JO_FQb_3gQ

レビュー動画をコツコツ上げて行くので、ぜひチャンネル登録をお願いします。

スポンサーリンク