Google AdSenseのレスポンシブ広告で形状を指定する方法

WEBのアイキャッチ WEB

Google AdSenseのレスポンシブ広告で形状を指定する方法を紹介します。

自分が思っているサイズの広告が出ない、やけに横長の細い広告が出るんだよと感じている方は、ぜひ一度お試し下さい。

設定方法はとても簡単です。

スポンサーリンク

設定方法

1.Google Adsenseにログインして、レスポンシブ広告のコードを取得します。
※現在はスマートサイズ・アドバンスのコード区分けがないので、普通に取得して下さい。

2.コードの一部を書き換えます。
メモ帳やテキストエディタに貼り付けて、作業すると楽です。

書き換える部分は下記。

data-ad-format="auto"

“auto”を表示したい形状に合わせて書き換えます。

レクタングルがよければ、data-ad-format=”rectangle”
縦長がよければ、data-ad-format=”vertical”
横長がよければ、data-ad-format=”horizontal”

3.サイトに貼り付けて、動作確認をして下さい。

補足

Google Adsenseのコード改変(変更)は禁止じゃないの?と心配される方がいるかもしれませんが、大丈夫です。

レスポンシブ広告ユニットは改変が許可されています。
AdSense 広告コードの修正 – Adsense ヘルプ

この記事で紹介した方法やCSSを使って正確なサイズを指定する方法も、公式ヘルプに記載されています。
レスポンシブ広告ユニットを作成する – Adsense ヘルプ

補足2

形状を指定した場合もレスポンシブは有効か?という疑問があるかもしれませんが、問題ないです。

(例)
“rectangle”と指定した場合、ブラウザの幅が広ければレクタングル(大)、狭ければレクタングル(中)が表示されます。

さいごに

形状を指定したからといって、収益が上がるとは限りません。
一定期間のテストは必要でしょう。

そこらへんは個人の裁量で行って下さい。

Adobe CCが29,800円

2019年2月に価格改定が行われるAdobe Creative Cloudですが、実は29,800円で購入・更新する方法があります。

方法はいたって簡単でたのまなのオンライン通信講座(Adobe Creative Cloud 12ヶ月版が付属)を申し込むだけ。

詳しい申込み方法や仕組みについては下記記事で紹介しているので、そちらをご覧ください。

価格改定前にAdobe Creative Cloudを29,800円で購入・更新しよう

Amazonビジネスをチェック

Amazonビジネスは法人・個人事業主向けのビジネス購買専門サイトです。

主な特徴は下記。

  • 無料で登録できる
  • 法人・個人事業主向けの特別価格がある
  • 数量割引がある
  • 法人向けクレジットカードや請求書払いにも対応
  • 購買データの取得・レポートで履歴を管理・分析でき、帳簿作成や経費処理の手間を削減可能

Amazonビジネスの概要ページでは導入事例やよくある質問が掲載されています。
法人・個人事業主の方はぜひご覧ください。

スポンサーリンク