Jane系ブラウザに選択範囲のURLを全てブラウザで開くを追加する方法

Janeのアイキャッチ PCソフトウェア

Jane系ブラウザに選択範囲のURLを全てブラウザで開くを追加する方法を紹介します。

たくさん並んでいるリンクをブラウザで開きたいけど、一つ一つクリックするのはめんどくさい、そんな時に役立つテクニックです。

JaneXeno,Style,Viewで動作確認済み。

スポンサーリンク

設定手順

1.メモ帳を起動します。
他のテキストエディタでもOK。

Jane系ブラウザに選択範囲のURLを全てブラウザで開くを追加する手順1

2.下記コードをメモ帳にコピペします。

if(WScript.Arguments.Count() == 0)
  WScript.Quit();
var arg = WScript.Arguments(0);
var r = arg.match(/s?ttps?:\/\/[-_.!~*'()a-zA-Z0-9;\/?:@&=+$,%#]+/g);
if (r == null)
  WScript.Quit();
var s = "";
for(i=0;i<r.length;i++)
  s += " h" + r[i];
var WshShell = WScript.CreateObject("WScript.Shell");
WshShell.run('"C:\\Program Files (x86)\\Mozilla Firefox\\firefox.exe"' + s);

3.最後の行を環境に合わせて、修正します。
※リンクを開きたいブラウザの実行ファイルを指定します。

ここで重要なのは、バックスラッシュを2つずつ入れること。

Firefoxの場合

C:\\Program Files (x86)\\Mozilla Firefox\\firefox.exe

Chromeの場合

C:\\Program Files (x86)\\Google\\Chrome\\Application\\chrome.exe

注)IEだと上手く動かないみたいです。

4.open-all-links.jsと名前を付けて保存します。
他の名前でもOK、拡張子は.jsとなるようにして下さい。
保存先は、Jane2ch.exeがある場所が良いでしょう。

5.Janeを起動します。

6.メニューバーのツール>設定>コマンドの順にクリック。

Jane系ブラウザに選択範囲のURLを全てブラウザで開くを追加する手順2

7.下記をコピペします。

コマンド名(任意)

選択範囲のURLを全てブラウザで開く

実行するコマンド

wscript "E:\JaneXeno\open-all-links.js" "$TEXT"

※環境に合わせて修正します。(先程、保存したopen-all-links.jsのパスを指定)

Jane系ブラウザに選択範囲のURLを全てブラウザで開くを追加する手順3

8.追加、OKの順にクリック。
これで設定は完了です。

使い方

複数のリンクをドラッグで範囲指定して、右クリック>選択範囲のURLを全てブラウザで開くの順でクリックするだけ。

謝辞

この方法は、何年も前にどこかの掲示板で教えてもらったものです。
どこの誰かも分かりませんが、ありがとうございます。

Jane関連記事

Adobe CCが29,800円

2019年2月に価格改定が行われるAdobe Creative Cloudですが、実は29,800円で購入・更新する方法があります。

方法はいたって簡単でたのまなのオンライン通信講座(Adobe Creative Cloud 12ヶ月版が付属)を申し込むだけ。

詳しい申込み方法や仕組みについては下記記事で紹介しているので、そちらをご覧ください。

価格改定前にAdobe Creative Cloudを29,800円で購入・更新しよう

Amazonビジネスをチェック

Amazonビジネスは法人・個人事業主向けのビジネス購買専門サイトです。

主な特徴は下記。

  • 無料で登録できる
  • 法人・個人事業主向けの特別価格がある
  • 数量割引がある
  • 法人向けクレジットカードや請求書払いにも対応
  • 購買データの取得・レポートで履歴を管理・分析でき、帳簿作成や経費処理の手間を削減可能

Amazonビジネスの概要ページでは導入事例やよくある質問が掲載されています。
法人・個人事業主の方はぜひご覧ください。

スポンサーリンク