Windows 8.1でチャームを非表示(無効)にする方法

Windows 8.1のチャーム(右端) PCソフトウェア

Windows 8.1でチャームを非表示(無効)にする方法を紹介します。

チャームとは、マウスカーソルを画面右上に動かし、下ろすと現れるバーの事。
検索、共有、スタート、デバイス、設定が表示されます。

便利な機能ではあるのですが、プログラムを閉じようとした時にチャームバーが表示され、閉じるボタンに重なり、逆にストレスになってしまうことも多々。

あるあると感じた方は、これを機にチャームを非表示してしまいましょう。

スポンサーリンク

設定方法

1.タスクバーの上で右クリック>プロパティをクリック。

Windows 8.1でチャームを非表示(無効)にする手順1

2.ナビゲーションタブをクリック。

Windows 8.1でチャームを非表示(無効)にする手順2

3.右上隅をポイントしたときにチャームを表示するのチェックを外して、OKをクリック。

Windows 8.1でチャームを非表示(無効)にする手順3

これで設定は完了です。
マウスカーソルを右上に持って行き、表示されないことを確認して下さい。

補足

一時的にチャームが必要になった時は、Windowsキー + Cキーで、呼び出すことができます。

Adobe CCが29,800円

2019年2月に価格改定が行われるAdobe Creative Cloudですが、実は29,800円で購入・更新する方法があります。

方法はいたって簡単でたのまなのオンライン通信講座(Adobe Creative Cloud 12ヶ月版が付属)を申し込むだけ。

詳しい申込み方法や仕組みについては下記記事で紹介しているので、そちらをご覧ください。

価格改定前にAdobe Creative Cloudを29,800円で購入・更新しよう

Amazonビジネスをチェック

Amazonビジネスは法人・個人事業主向けのビジネス購買専門サイトです。

主な特徴は下記。

  • 無料で登録できる
  • 法人・個人事業主向けの特別価格がある
  • 数量割引がある
  • 法人向けクレジットカードや請求書払いにも対応
  • 購買データの取得・レポートで履歴を管理・分析でき、帳簿作成や経費処理の手間を削減可能

Amazonビジネスの概要ページでは導入事例やよくある質問が掲載されています。
法人・個人事業主の方はぜひご覧ください。

スポンサーリンク