Macrium Reflect Free Editionで起動ディスク(レスキューCD)を作成する方法

Macrium Reflect Free Editionの起動画面 PCソフトウェア

無料のバックアップソフト Macrium Reflect Free Editionの使い方を紹介しています。

前回は、Macrium Reflect Free Editionのインストール方法を解説しました。

2回目の今回は、起動ディスク(レスキューCD)を作成する方法を解説します。

起動ディスク(レスキューCD)は、OSが起動しなくなった時に使用するもの。

OSの代わりに起動ディスク(レスキューCD)を立ち上げることで、バックアップを復元することができます。

非常に大切なものなので、必ず作りましょう。
この記事では、CD or DVDが1枚必要になるので、用意しておいて下さい。

起動ディスク(レスキューCD)を作成する方法

1.Macrium Reflect Free Editionを起動します。

2.パソコンの光学ドライブに、空のCD/DVDを入れます。

3.左上のディスクアイコンをクリックします。

Macrium Reflect Free Editionで起動ディスク(レスキューCD)を作成する手順01

4.何も変更せずに、Nextをクリック。
※慣れていないとLinuxは使いにくいので、今回はWindows PE 5.0版を作成します。

Macrium Reflect Free Editionで起動ディスク(レスキューCD)を作成する手順02

5.Bit数を確認して、Nextをクリック。
PE Architechtureは、使っているOSのBit数に合わせます。
(自動で合わせられているはずです)

Macrium Reflect Free Editionで起動ディスク(レスキューCD)を作成する手順03

6.ダイアログが出たら、Continueをクリック。

Macrium Reflect Free Editionで起動ディスク(レスキューCD)を作成する手順04

7.Finishをクリック。

Macrium Reflect Free Editionで起動ディスク(レスキューCD)を作成する手順05

8.書き込みが始まるので、しばらく待ちます。

Macrium Reflect Free Editionで起動ディスク(レスキューCD)を作成する手順06

9.終わったら光学ドライブが開くので、OKをクリック。

Macrium Reflect Free Editionで起動ディスク(レスキューCD)を作成する手順07

これで、今回の作業は終了です。

ディスクの表面にMacrium Reflect 起動ディスク(レスキューCD)とでも書いて、識別出来るようにすることをオススメします。

Macrium Reflect Free Edition関連記事

Youtubeを始めました

メモトラPCチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCqOiuPy6lccc5JO_FQb_3gQ

レビュー動画をコツコツ上げて行くので、チャンネル登録をお願いします。

TOEIC対策はスタディサプリ ENGLISH

TOEICの勉強をするなら、スマホアプリで通勤・通学などのスキマ時間を利用するのがオススメです。

参考書とは違い場所も取りませんし、一日数分~数十分勉強すれば、チリツモで少しづつ知識を増やしていけます。

7日間の無料体験も用意されているので一度試してみてはいかがでしょうか?

スタディサプリ公式サイトを見る

Amazonビジネスをチェック

Amazonビジネスは法人・個人事業主向けのビジネス購買専門サイトです。
概要ページでは導入事例やよくある質問が掲載されています。

主な特徴は下記。

  • 無料で登録できる
  • 法人・個人事業主向けの特別価格がある
  • 数量割引がある
  • 法人向けクレジットカードや請求書払いにも対応
  • 購買データの取得・レポートで履歴を管理・分析でき、帳簿作成や経費処理の手間を削減可能

無料会員登録をする

スポンサーリンク