Windows 10インストール用USBメモリを作る方法

Windows 10インストール用USBメモリを作る方法(手順02)

Windows 10インストール用USBメモリを作る方法を紹介します。

32bit版,64bit版のどちらか一方のインストールUSBメモリを作成する場合は3GB、両方含まれたものを作るには6GBの容量が必要です。

スポンサーリンク

Windows 10インストール用USBメモリを作る方法

※PCにUSBメモリを挿した状態であることを前提に、話を進めます。

1.Microsoft公式サイトに行き、ツールを今すぐダウンロードをクリック。
MediaCreationTool.exeを適当なところに保存します。

Windows 10インストール用USBメモリを作る方法(手順01)

2.MediaCreationTool.exeをダブルクリック、同意するをクリック。

Windows 10インストール用USBメモリを作る方法(手順02)

3.他のPC用にインストールメディアを作るにチェックを入れて、次へをクリック。

Windows 10インストール用USBメモリを作る方法(手順03)

4.このPCにおすすめのオプションを使うのチェックを外し、言語・エディション・アーキテクチャを選び、次へをクリック。

Windows 10インストール用USBメモリを作る方法(手順04)

5.USBフラッシュドライブを選択した状態で、次へをクリック。

Windows 10インストール用USBメモリを作る方法(手順05)

6.該当のボリュームラベルが選択されていることを確認して、次へをクリック。

Windows 10インストール用USBメモリを作る方法(手順06)

7.ダウンロードが始まるのでしばらく待ちます。
放っておくと、自動で作成が始まります。

Windows 10インストール用USBメモリを作る方法(手順07)

8.USBフラッシュドライブの準備ができましたと表示されたら、完了をクリックします。
これで作業は終了です。

Windows 10インストール用USBメモリを作る方法(手順08)

思ったこととか

Microsoft公式のツールがあると楽でいいですね、安心感もありますし。

ちなみにWindows 7,8の場合は、フリーソフトを使うことで、インストール用USBメモリを作成できます。

詳しくは下記記事をご覧ください。
USBメモリでWindows 7,8をインストールする方法

Intel NUCの関連記事

スポンサーリンク

お役に立ちましたら、シェアをお願いします

プロフィール

九荻 新のプロフィール画像

名前:九荻 新(くおぎ あらた)
埼玉県在住のブロガー。
1983年11月30日生まれ。

趣味は自作PC。
30歳を過ぎて、手の脂が減り、
ビニール袋を開けられなくなった。
詳しいプロフィール

サイト内検索