Windows 10インストール用USBメモリを作る方法

Windows 10インストール用USBメモリを作る方法(手順02) PCソフトウェア

Windows 10インストール用USBメモリを作る方法を紹介します。

32bit版,64bit版のどちらか一方のインストールUSBメモリを作成する場合は3GB、両方含まれたものを作るには6GBの容量が必要です。

スポンサーリンク

Windows 10インストール用USBメモリを作る方法

※PCにUSBメモリを挿した状態であることを前提に、話を進めます。

1.Microsoft公式サイトに行き、ツールを今すぐダウンロードをクリック。
MediaCreationTool.exeを適当なところに保存します。

Windows 10インストール用USBメモリを作る方法(手順01)

2.MediaCreationTool.exeをダブルクリック、同意するをクリック。

Windows 10インストール用USBメモリを作る方法(手順02)

3.他のPC用にインストールメディアを作るにチェックを入れて、次へをクリック。

Windows 10インストール用USBメモリを作る方法(手順03)

4.このPCにおすすめのオプションを使うのチェックを外し、言語・エディション・アーキテクチャを選び、次へをクリック。

Windows 10インストール用USBメモリを作る方法(手順04)

5.USBフラッシュドライブを選択した状態で、次へをクリック。

Windows 10インストール用USBメモリを作る方法(手順05)

6.該当のボリュームラベルが選択されていることを確認して、次へをクリック。

Windows 10インストール用USBメモリを作る方法(手順06)

7.ダウンロードが始まるのでしばらく待ちます。
放っておくと、自動で作成が始まります。

Windows 10インストール用USBメモリを作る方法(手順07)

8.USBフラッシュドライブの準備ができましたと表示されたら、完了をクリックします。
これで作業は終了です。

Windows 10インストール用USBメモリを作る方法(手順08)

思ったこととか

Microsoft公式のツールがあると楽でいいですね、安心感もありますし。

ちなみにWindows 7,8の場合は、フリーソフトを使うことで、インストール用USBメモリを作成できます。

詳しくは下記記事をご覧ください。
USBメモリでWindows 7,8をインストールする方法

Intel NUCの関連記事

Adobe CCが29,800円

2019年2月に価格改定が行われるAdobe Creative Cloudですが、実は29,800円で購入・更新する方法があります。

方法はいたって簡単でたのまなのオンライン通信講座(Adobe Creative Cloud 12ヶ月版が付属)を申し込むだけ。

詳しい申込み方法や仕組みについては下記記事で紹介しているので、そちらをご覧ください。

価格改定前にAdobe Creative Cloudを29,800円で購入・更新しよう

Amazonビジネスをチェック

Amazonビジネスは法人・個人事業主向けのビジネス購買専門サイトです。

主な特徴は下記。

  • 無料で登録できる
  • 法人・個人事業主向けの特別価格がある
  • 数量割引がある
  • 法人向けクレジットカードや請求書払いにも対応
  • 購買データの取得・レポートで履歴を管理・分析でき、帳簿作成や経費処理の手間を削減可能

Amazonビジネスの概要ページでは導入事例やよくある質問が掲載されています。
法人・個人事業主の方はぜひご覧ください。

スポンサーリンク