パスワード管理はロボフォームにおまかせ!

【PR】デジカメデータを復元する方法!Macで削除したSDカード・USBメモリのデータ復元方法を解説

「デジカメデータを紛失してしまった…。USBメモリやSDカードに保存してあった写真・動画データを削除してしまったから、データを復元する方法を教えてほしい。」と悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

この記事では、デジカメデータがなくなる原因や、Macで削除したデータの復元方法を解説しています。

※この記事はご依頼によりPR記事として掲載しています

デジカメデータがなくなる原因

①誤削除
誤ってデータを削除してしまうと、当然データがなくなってしまいます。こういった場合は、まだゴミ箱にデータが残っているかもしれませんので、早めにゴミ箱の中身を確認してみるのがオススメです。通常、Macのゴミ箱にファイルを入れると、30日後に自動で消去されてしまいます。
②フォーマット
デジカメデータを保存していたSDカードなどをパソコンなどでフォーマットしてしまうと、データも消えてしまいます。もし何らかの理由がありフォーマットが必要なのであれば、事前に別の場所へデータを保存しておくのがオススメです。
③ウイルス感染
SDカードをウイルスに感染しているPCに接続するなど、気づかないうちにデータが使えなくなることがあります。ウイルスに感染してしまうと、ファイルがなくなるだけではなく、使用に支障をきたす場合もあるため、早めにウイルス感染へ対処することが必要です。
④物理障害
物理的にSDカードが破損していると上手く機能せず、データが使えない場合が大半です。物理障害が発生したときには、早めに別の場所へデータを移すことをオススメします。

削除したデジカメデータを復元する方法:

方法1 信頼できる復元ソフトを使う

信頼できる復元ソフト「4DDiG」を使うことにより、デジカメデータを復元可能です。

【4DDiG Windowsデータ復元】の特徴

操作が簡単:3ステップでデータを復元
直感的に操作でき、復元までは3ステップなので、パソコンを普段使わない方でも簡単に復元可能です。
回復率が高い:100%安全に削除されたファイルを高い復元率で復旧
このデータ復元ソフトは個人情報漏洩リスクやデータが改竄される恐れもないため、100%安全に削除されたファイルを復元できます。また復元率も他ソフトと比較すると圧倒的に高いため、データ復元ソフトで迷ったら「4DDiG」一択です。
復元データの形式もほぼ完全対応:どんな状況でも、1000種類以上のファイルでも復元できる
「4DDiG」は様々な復元データの形式があり、1,000種類以上のファイルを復元できます。そのためデジカメデータだけではなく、Wordファイルなどのドキュメントデータの復元も可能です。
Mac、Windows両者でも対応できる
Windowsのみに対応しているデータ復元ソフトは多いのですが、この「4DDiG」はMacとWindowsの両方に対応しています。そのためMacとWindowsどちらも使っている方は、両OSで同じデータ復元ソフトが使えるのは嬉しいポイントです。
100MBの無料復元ができる
データ復元ソフトを購入するときに「本当に復元できるの?もし詐欺だったらどうしよう…。」と悩んでしまう方は多いでしょう。事前にソフトが試せず、いきなり購入という形を取っているデータ復元ソフトは多いと言われています。

しかし「4DDiG」は、無料でスキャン・プレビューができ、復元したいファイルがあるのかを確認できるため、復元できないのに購入してしまったというリスクを最大限に減らせます。また100MB以下のファイルは無料で復元ができますので、実際に復元されることを体験できます。

ソフトの検証(SDカード/USBメモリカードから写真や動画を復元)

1.公式サイトから「4DDiG」をインストールし、ソフトを起動して下さい。

2.スキャンしたいハードディスクを選択し「スキャン」をクリックします。

3.復元したいファイルにチェックを入れ「復元」をクリックします。検索機能もあるため、もし復元したいファイルがどこにあるのか分からないのであれば、検索してみるのがオススメです。

4.先ほど選択したファイルをどこに保存するのか選択します。以前保存してあった場所を選択すると上手く復元されない場合があるため、必ず別の場所を選択しましょう。復元場所に迷った場合は、デスクトップ画面に復元される「Desktop」がオススメです。

5.この画面が表示されたら、手順は完了です。

Windowsの動作環境の場合は下記の記事を参照してください。
デジタルカメラから誤って削除された写真を復元する方法

方法2 復旧会社に相談

デジカメデータの復旧を専門に取り扱っている業者があり、相談してみるのも1つの手です。復旧業者に依頼すれば、パソコンの操作も行ってくれるため、楽に復旧してもらえます。

しかし必ず復旧できるとは限りませんし、高額費用が掛かり、復旧までには時間がかかるため、よほどの事情がなければ先述した「4DDiG」を使うのがオススメです。

まとめ/感想

以上、パソコンに接続したときに、デジカメデータが消えた原因と復元方法について解説しました。

SDカードの破損やUSBフォーマットなど原因は様々ですが、どれも復元が自力で可能な場合が多いと考えられます。

SDカードにあった写真が消えたときに復元するには、データ復元ソフト「4DDiG」の利用が最適です。直感的に操作でき、対応ファイルも1,000種類以上で、復元率も高いため、データ復元ソフトで迷ったら「4DDiG」一択。

またデジカメデータだけではなく、パソコンで削除したデータを復元する場合にも有効なので、今のうちにMacにデータ復元ソフト「4DDiG」をインストールしておきましょう。