Logicool ゲームソフトウェア(旧Gaming Software)の使い方と設定

Logicool Gaming Softwareのホーム画面 PCソフトウェア

Logicool ゲームソフトウェア(旧Gaming Software)[LGS]の使い方と設定を紹介します。

LGSは、Logicool製ゲーミングデバイスを管理する為のソフトウェア。
マウス、キーボード、ヘッドセットのカスタマイズを行えます。

マウスでは、キー割り当てや解像度の変更、マウスパッドに合わせた最適化などの設定が可能です。

LGSのダウンロードは、Logicoolサポートから行って下さい。

スポンサーリンク

LGSの使い方と設定

Logicool Gaming Softwareのホーム画面(設定項目のショートカット部分)
解説は、設定画面(赤枠部分)に分けて行います。

ホーム

Logicool Gaming Softwareのホーム画面解説

マウスの3D絵、矢印アイコンをクリックするとオンボードプロファイルをカスタマイズする設定画面に移動します。

プロファイル(キー割り当てや解像度の設定)をマウス本体に保存するか、パソコンに保存するかを選択できます。

Logicoolのゲーミング製品のサイトをワンクリックで開けます。

設定したいデバイスを選択する所。
複数のLogicoolゲーミングデバイスを接続している場合のみ、別のデバイスを選択出来るようになります。

各設定画面へのショートカットです。

歯車はLGS自体の設定項目、真ん中のアイコンはSNS・カスタマーアンケートのリンク、はてなアイコンはLGSのマニュアルを開くことができます。

オンボードプロファイルをカスタマイズする

Logicool Gaming Softwareのオンボードプロファイルをカスタマイズする画面

この画面ではキー割り当て、解像度の変更が、プロファイル毎に変更可能です。
直感的な設計になっているので、色々さわってみてください。

キー割り当ては、設定したいボタンにマウスカーソルを合わせる>下三角をクリック>編集で行えます。
マクロもこちらから設定可能。
Logicool Gaming Softwareの機能・キー割り当て画面

ライトの設定

Logicool Gaming Softwareのライトの設定画面

ここでは、マウスのロゴ・DPIライトのON,OFFや光らせ方の設定を行えます。
ブリージング効果というのは、ゆるやかな点滅のことです。

設定を変更すると、左側の3D絵・マウスに反映されます。
さわってもらうのが一番分かりやすいでしょう。

表面のチューニング

Logicool Gaming Softwareの表面のチューニング画面

ここはマウスとマウスパッドの最適化を行うところ。

Logicool G240・G440用のプリセットが用意されています。
それ以外のマウスパッドをご利用の方は、新しい表面を追加のプラスをクリックして最適化を行って下さい。

入力分析

Logicool Gaming Softwareの入力分析画面

ここでは、キープレスのヒートマップを表示できます。
どのキーを多く使っているのか、何回押したか、押した時間など。

真ん中下部の再生ボタンみたいなのをクリックすると計測が始まります。

さいごに

表面のチューニングで最適化を行うことを強く推奨します。

私の場合、チューニング前はカーソルが引っ掛かるというか、思い通りに動かない感じでしたが、チューニング後はカーソルの動きが非常になめらかになりました。

ちなみにG502 + SteelSeries 9HDという環境です。

Logicool SetPointの解説は以前記事を書きました。
Logicool SetPointの使い方と設定

Adobe CCが29,800円

2019年2月に価格改定が行われるAdobe Creative Cloudですが、実は29,800円で購入・更新する方法があります。

方法はいたって簡単でたのまなのオンライン通信講座(Adobe Creative Cloud 12ヶ月版が付属)を申し込むだけ。

詳しい申込み方法や仕組みについては下記記事で紹介しているので、そちらをご覧ください。

価格改定前にAdobe Creative Cloudを29,800円で購入・更新しよう

Amazonビジネスをチェック

Amazonビジネスは法人・個人事業主向けのビジネス購買専門サイトです。

主な特徴は下記。

  • 無料で登録できる
  • 法人・個人事業主向けの特別価格がある
  • 数量割引がある
  • 法人向けクレジットカードや請求書払いにも対応
  • 購買データの取得・レポートで履歴を管理・分析でき、帳簿作成や経費処理の手間を削減可能

Amazonビジネスの概要ページでは導入事例やよくある質問が掲載されています。
法人・個人事業主の方はぜひご覧ください。

スポンサーリンク