Seagate IronWolf 8TB ST8000VN0022をレビュー!3年保証なNAS向けHDD

Seagate IronWolf 8TB ST8000VN0022本体(俯瞰) 自作PC

Seagate IronWolf 8TB ST8000VN0022のレビューをします。

同製品はNASや24時間365日稼働PC向けブランド IronWolfに属するHDDです。

上位のIronWolf Proは5年保証と2年のデータリカバリーサービスが付属するのに対して、IronWolfシリーズは3年保証のみとなります。

記事執筆時点では14TBが最大容量で、他に12TB,10TB,8TB,6TB,4TB,3TB,2TB,1TBモデルが販売中です。

ちなみに一般向けのBarraCudaシリーズは500GB~8TBのラインナップで、2年保証になっています。

※10~14TBのBarraCuda Proは5年保証+データ復旧サービス付

Seagate ST8000VN0022のスペック
ブランドIronWolf
容量8TB
型番ST8000VN0022
インターフェイスSATA 6Gbps
対応ドライブベイ数1~8台
回転振動(RV)センサー対応
※3TB以下は非対応
データ転送速度210MB/s
回転数7200rpm
キャッシュ256MB
ロード/アンロード・サイクル600,000
回復不能読み出しエラー率10E15あたり1回
MTBF
(平均故障間隔)
100万時間
アイドル時の平均消費電力7.6W
動作時の平均消費電力8.8W
動作温度5~70℃
非動作時温度-40~70℃
重量780g
製品保証3年
Rescueサービス
(データリカバリー)
オプション

Seagate IronWolf 8TB ST8000VN0022のレビュー

Seagate IronWolf 8TB ST8000VN0022の製品内容(付属品)

製品内容(付属品)は下記。

  • 保証書付きパッケージ(茶箱)
  • プチプチ
  • 帯電防止袋
  • HDD本体

Amazonで購入しました

Seagate IronWolf 8TB ST8000VN0022本体(俯瞰)

HDD本体の様子。
形状は一般的なHDDと同じです。

データシートのスペックから察するに10TB~14TBがヘリウム封入タイプだと思われます。

Seagate IronWolf 8TB ST8000VN0022本体(側面)

HDD側面のネジ穴は片側2個ずつとなっています。
※14TBモデルは3個ずつ

Seagate IronWolf 8TB ST8000VN0022本体(端子部)

端子はSATAで、接続ケーブルは含まれていません。

Seagate IronWolf 8TB ST8000VN0022本体(基板側)

基板の様子。
この裏に回転振動(RV)センサーが付いています。
※4TBモデル以上

Seagate IronWolf 8TB ST8000VN0022の容量をWindows10で確認した様子

8TBをNTFSでフォーマットすると、Windows10上では7.27TBとなります。

Seagate IronWolf 8TB ST8000VN0022のSMARTをCrystalDiskInfoで表示した様子

CrystalDiskInfoでSMARTを表示した様子。

ベンチマーク結果(SATA接続)

CrystalDiskMark、ATTO Disk Benchmark、HD Tune Proを使ってベンチマークを行いました。
接続はSATA3(6Gbps)です。

Seagate IronWolf 8TB ST8000VN0022のベンチマーク結果(CrystalDiskMark 50MiB)

50MiBのベンチマーク結果です。
ランダムが異常に速いのはテストサイズがキャッシュに収まっているからでしょう。

Seagate IronWolf 8TB ST8000VN0022のベンチマーク結果(CrystalDiskMark 1GiB)

1GiBのベンチマーク結果。
こちらが実情に近いスコアだと思われます。

データシートでは210MB/sなので、20MB/s以上速い結果です。

Seagate IronWolf 8TB ST8000VN0022のベンチマーク結果(CrystalDiskMark 4GiB)

4GiBのベンチマーク結果。

シーケンシャルはほぼ変わりませんが、ランダムは全体的に遅くなりました。

Seagate IronWolf 8TB ST8000VN0022のベンチマーク結果(CrystalDiskMark 16GiB)

16GiBのベンチマーク結果。
またランダムのスコアが下がりました。

Seagate IronWolf 8TB ST8000VN0022のベンチマーク結果(CrystalDiskMark 32GiB)

32GiBのベンチマーク結果。
こちらも同様です。

一般的にHDDはシーケンシャルは変わらず、テストサイズが大きくなるにつれてランダムが少しずつ落ちていきます。

Seagate IronWolf 8TB ST8000VN0022のベンチマーク結果(ATTO Disk Benchmark)

ATTO Disk Benchmarkのベンチマーク結果。
8KB辺りでトップスピードに到達します。

速度はCrystalDiskMarkより下がりました。

Seagate IronWolf 8TB ST8000VN0022のベンチマーク結果(HDD Tune Pro Read)

HDD Tune ProのReadテストの結果。
外周から内周にかけて少しずつ速度が遅くなっていきます。

Seagate IronWolf 8TB ST8000VN0022のベンチマーク結果(HDD Tune Pro Write)

HDD Tune ProのWriteテストの結果。

HDDなので同様に右肩下がりです。
ただ、Readに比べるとアクセスタイムが速くなっています。

ベンチマーク結果(NAS,1Gbps接続)

Seagate IronWolf 8TB ST8000VN0022のベンチマーク結果(CrystalDiskMark 1GiB,NAS)

CrystalDiskMark 1GiBでベンチマークを行った結果です。
※ATTO Disk Benchmark、HD Tune ProではNASのドライブを認識できないので、計測していません

NAS(Synology DS118)とネットワーク速度が1Gbpsなので、シーケンシャルが遅くなりました。

とはいえ100MB/s以上出ているので、ラグいと感じることはないです。

あるとすれば、大容量動画ファイルを沢山入れてあるフォルダにアクセスするケースぐらいでしょう。

※HDDの速度をフルで出したければ、高速なネットワークとそれに対応したNASが必要です

温度と動作音について

室温21℃でアイドル時が30℃前後、ベンチマーク時は43℃まで上がります。

IronWolfとIronWolf Proの14TBモデルだと40℃ぐらいまでしか行かないので、やや高めです。

起動時は音が大きめですが、動作音はアクセス時にカリカリいう程度で、わりと静かめになっています。

ベンチマーク時はゴリゴリ音が鳴りますが、IronWolfとIronWolf Proの14TBモデルのベンチマーク時に比べると静かです。

短所

IronWolf 14TBに比べるとやや遅い
IronWolfの14TBモデルは約270MB/sでるので、8TBモデルは30~40MB/s遅いです。
といってもデータシート以上の速度は出ているので、同じ速度を望むのはぜいたくかなとも思います。

※1Gbps環境のNASで使う場合はほぼ差がないです。

長所

静かである
PCケースに入れておけば全く音は気になりません。
NASケースの場合、うるさいのは起動時ぐらいです。
稼働中は気にならない程度に静かです。
HDDとしては速い
Seagate BarraCuda ST4000DM000(4TB)でベンチマークをした時は170MB/s弱しか出ていなかったので、それに比べるとIronWolf 8TBはだいぶ速いです。

思ったこととか

パソコンを24時間付けっぱなしなことが多い + 3年保証が欲しかったので、IronWolfを選んだ次第です。

上位のIronWolf Proの5年保証+データリカバリーは魅力的なんですが、価格が高いので手が出ませんでした。

個人的には5年保証+データリカバリー無しで、もう少し安いHDDシリーズがあればなと思います。

Amazonの商品を2.5%OFFで購入する方法

Amazonをよく使う方に朗報です。
ある方法を使うことで、Amazonの商品が最大2.5%OFFになります。

詳しい内容は下記記事にてご覧ください。
[最大2.5%OFF]Amazonの商品を少し安く購入する方法

スポンサーリンク