Synology DiskStation DS118をレビュー!高性能な1ベイNAS

Synology DiskStation DS118本体正面 PC周辺機器

Synology DiskStation DS118のレビューをします。

同製品はクアッドコアCPU + 1GB DDR4メモリを搭載した高性能な1ベイNASで、10 ビット 4K H.265 ビデオトランスコーディングを使えることが特徴です。

Synology DiskStation DS118のスペック
CPURealtek RTD1296
(64bit,クアッドコア 1.4GHz)
システム メモリ1 GB DDR4
ドライブ ベイ1
(3.5 HDD,2.5 HDD,2.5 SSDに対応)
最大内部生容量14 TB
RJ-45 1GbE LAN ポート1
USB 3.0 ポート2
外寸(高さx幅x深さ)166 mm x 71 mm x 224 mm
重量0.7 kg
システムファン60 mm x 60 mm x 1 pcs
保証2年

メーカーページ

Synology DiskStation DS118のレビュー

Synology DiskStation DS118のパッケージ

パッケージサイズは28.5x24x9cmです。

Synology DiskStation DS118のパッケージ上部

パッケージ上部には代理店シール(アスク)が貼られています。

Synology DiskStation DS118のパッケージ裏面

パッケージ裏には製品の各部説明が記載されています。

Synology DiskStation DS118のASK関連付属品

パッケージを開けると下記の3つが入っています。

  1. はじめにお読みください
  2. Synology NAS入門
  3. アスク保証書(24ヶ月)

こういうものは読み飛ばしがちですが、特に1は読んでおくべきです。

特に動作検証リストに無いHDD・SSDを使用して、不具合が発生した場合はサポート対象外となる部分は重要かと思います。

HDDは動作検証リストに多くが記載されていますが、SSDは10製品ほどしか載っていないので、注意が必要です。

Synology DiskStation DS118のパッケージを開けた様子

パッケージを開けた様子。
中央部に本体、奥のダンボールに付属品が収まっています。

Synology DiskStation DS118の製品内容(付属品)

製品内容(付属品)は下記。

  • NAS本体
  • LANケーブル
  • ACアダプター+端子部
  • クイックインストールガイド
  • HDD固定用ネジ
  • NASケースを閉じる為のネジ

DS118は2.5インチHDD/SSDに対応していますが、ディスクホルダーは付属していません。

2.5インチデバイスを使う場合は、2.5” Disk Holder Type Cを別途購入する必要があります。

created by Rinker
Synology
¥2,920 (2019/04/19 16:43:52時点 Amazon調べ-詳細)
Synology DiskStation DS118本体正面

DS118本体前面の様子。
上からSTATUS、LAN、DISKのインジケータ(LED)。
一番下は電源ボタンです。

インジケータは、NASのコントロールパネル>ハードウェアと電源>全般から輝度調整と消灯を行えます。

Synology DiskStation DS118本体側面

本体側面の様子。
Synologyロゴの部分はメッシュになっています。

Synology DiskStation DS118本体背面

本体背面の様子。
ファンは6cm角、下部左はケンジントンロック、下部右はリセットボタン、USB3.0 x2とLANポート、その下に電源端子があります。

Synology DiskStation DS118本体底面

底面の様子。
本体はゴム足4つで自立する形です。
また、こちらにも開口部があります。

HDDの取り付け方

Synology DiskStation DS118にHDDを取り付ける方法(手順01)

背面側にネジが無いのを確認し、本体をスライドします。

Synology DiskStation DS118にHDDを取り付ける方法(手順02)

赤枠部の突起で固定されているので、必ずスライドさせてください。

Synology DiskStation DS118にHDDを取り付ける方法(手順03)

本体を2つに分けた様子です。
ここにHDDを取り付けていきます。

Synology DiskStation DS118にHDDを取り付ける方法(手順04)

まず、SATA端子の位置を確認して、HDDをそれに合わせて接続してください。
その後、ネジ止めしていきます。

こちら側はネジ止め穴が3つありますが、全てのHDDが対応する訳ではありません。

HDDのモデルによっては、側面に2つしかネジ穴が無いこともあります。

Synology DiskStation DS118にHDDを取り付ける方法(手順05)

逆側のネジ止め穴は2つです。
今回使用したHDD(Seagate IronWolf 8TB ST8000VN0022)は側面のネジ穴が2つですが、合わさる場所は1つだけしかありません。

Synology DiskStation DS118にHDDを取り付ける方法(手順06)

HDDの取り付けが終わったら、フタをスライドさせて閉め、背面部をネジ止めします。

あとはLANケーブルと電源端子を接続して、セットアップするだけです。

セットアップ方法はASK解説ページが分かりやすいです。

短所

価格帯が微妙
2019/04/05時点でDS118は15,000円強ですが、価格帯としては微妙です。

1ベイで価格優先ならDS119j/JPが安い(13,100円~)ですし、2ベイが欲しいならDS218j/JP(約21,000円~)やDS218play(約24,000円~)が選択肢に入ってくるので、どれを選ぶか迷うかもしれません。

長所

わりと静か
本体側面のメッシュや底面の開口部がある割に動作音は静かで、ほとんど気にならないレベルです。
ただ、起動時とハイバネーションからの復帰時は大きめな音がするので、対処が必要かもしれません。

対処方法としては、コントロールパネルからHDDハイバネーションを切るのが有効です。
そうすると、ずっと起動しっぱなしになるので、大きな音がしなくなります。
※消費電力は上がります
十分な速度が出る
CrystalDiskMark読みでシーケンシャルリードが115MB/s、ライトが116MB/s程度でます。
これは1Gbpsの最大値に近い速度です。
Seagate IronWolf 8TB ST8000VN0022のベンチマーク結果(CrystalDiskMark 1GiB,NAS)

これ以上の速度を出したいのであれば、より高速なネットワークと対応NASが必要になります。
ユーザー数が多い
Synology製のNASは人気があり、ユーザー数も多いので、トラブル時の情報が集めやすいです。
NAS初心者にとって、これは大きなメリットになります。

思ったこととか

DS118とDS119j/JPで迷いましたが、結果的に前者を選んで正解だったと感じています。

その理由はメモリ使用量が意外と多いから。

DS118はあまり使っていない状態でも40%程度メモリが使われています。(1GB搭載なので約400MB)

DS119j/JPはメモリが256MBしか搭載されていないので、そちらを選んでいたらカツカツだったかもしれません。

まぁ、スペックが違うので一概には言えませんが、迷ったら高スペックな方を選ぶみたいな方法はありかと思います。

数千円をケチって、体感が遅かったりすると、絶対後悔するでしょうし。

Dropbox Plus 3年版がセール中

通常価格36,000円のDropbox Plus 3年版が、現在24,800円でセール中です。(11,200円お得)

本数+期間限定なのでお早めにどうぞ。

Dropbox Plusのセールページを見る

Youtubeを始めました

メモトラPCチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCqOiuPy6lccc5JO_FQb_3gQ

レビュー動画をコツコツ上げて行くので、ぜひチャンネル登録をお願いします。

スポンサーリンク